主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年04月15日

ウルトラファンタジー引退

 澳門[乙水]仔夜賽。…は、G1祭りの翌週で、これというレースはなし。

 冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル)に出走を予定していたRed Jazz(紅色爵士/レッドジャズ)が回避。代わって香港の飛銀動力(Sparkling Power/スパークリングパワー)が繰り上がり出走。どんどんメンバーが軽くなってきた。

 さらに女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)に出走を予定していた目玉の一頭、Cap Blanco(布蘭高角/ケープブランコ)が回避。香港の[上/下]達聖(Destined For Glory/デスティネドフォーグローリー)が繰り上がり選出。展望原稿を書いた優駿の校了、終わっちゃった後だよよよよ。

 昨年の秋に日本に遠征して、スプリンターズS(短途錦標)を勝った極奇妙(Ultra Fantasy/ウルトラファンタジー)が引退。凱旋帰国後、4戦していずれもシンガリ負けだったため、もうこれ以上はないと判断されたよう。オーストラリアでQuay Lagoの名前でデビューして10戦1勝の成績を残して香港に移籍し、香港では41戦7勝、さらに日本に遠征して1戦1勝の合計52戦9勝。スプリンターズSの他に、09/10シーズンの短途錦標(Sprint Cup/スプリントカップ)を勝っている。とはいえ、この馬に勝たれた日本の短距離陣は相当恥ずかしいと思わないといかんと思う。


  午後からクラウンカップの川崎へ。再開後、最初の南関東重賞。浦和桜花賞が中止になって牝馬がどっと増えたことで荒れるんじゃないかと思ってたら、牝馬のナターレが勝って12番人気のヴェガスが2着。マニエリスムが人気になってこりゃしめしめと思って買ったドラゴンウィスカー=ゴールドスガは3着4着。
 新年度を迎えて、経費削減の南関東。勝利騎手+調教師インタビューのカメラを回していたのは組合の人であった。せちがらい。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック