主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年01月02日

ヘルフェンバイン騎手マカオ重賞初勝利

 澳門[乙水]仔日賽。
 第4Rに重賞の冬季錦標(Winter Trophy/ウィンタートロフィー T1800m 4yo+ 澳門Gr2)。人気は割れまくった中、濠江歡騰(Ecstatic Macau/エクスタティックマカオ)
 先に行かせた沙[保/火]兄弟(Bowl Brothers/ボウルブラザーズ)を直線で早めにとらえた聖コ禮物(St Peter's Gift/セントピータースギフト)に、スタートで安目を売りながら徐々に進出した易通財(Easy Choice/イージーチョイス)が直線で並び、残り150mから2頭の叩き合い。ゴールまで短頭差だけ易通財が先着した。
 勝った易通財の1つしたの全弟は、香港の徐雨石(Y S Tsui/ミー・ツュイ)厩舎に所属の金得意(Easy Gold/イージーゴールド)。鞍上の何豐平(A Helfenbein/アンドレアス・ハインツ・ヘルフェンバイン)は、前回(03〜05年)も含めての澳門の重賞初勝利。ちなみに08年のエリザベス女王杯にフェアブリーズに騎乗するため来日経験がある。


 香港の民主運動の象徴的存在でもあった華叔こと、支聯會主席の司徒華先生が逝去。


 新年2日目。帯広記念を売る川崎へ。トークショーの合間に新聞を配るお手伝いなどなど。なんだか知らんが今年は新聞がはけるのが早かった。新年2日は帯広記念、というのが浸透してきたのだとしたら、継続した結果というもの。それほど当事者ではないけれど、やはりうれしい。んが、馬券はコテンパン。新年早々泣きたい。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。