主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年04月24日

あれから1年

 JR福知山線の事故の報を聞いたのは、ちょうど昨年の女皇杯(QE2)の翌日の月曜の朝、日本への出発を控えたプレスの皆さんで賑わうプレスセンターでだった。
 衝撃的な現場の映像を、ニュースサイトを介して見たときの印象は今でも強烈に焼きついている。

 そして、1年経った同じタイミングで東日本で大規模な障害。確かに大きな災害には結びつかなかったのだが、こんな日にこのような障害を起こすという点では、まだまだ根っこの部分での意識の甘さを感じてしまう。
 成田エクスプレスがバカスカ運休になって帰り損ねた人もかなりいそうだったんですが、これって全然ニュースになってないのもなんだかなぁ、と。


 そういえば去年の今頃は、中国は反日運動真っ盛りで、小規模ながら香港でもデモが起きたりしていた。しかし今では、当時のような動きは見る影もないし、逆に「はぁん?そんなことあったっけ」といった感じのすっとぼけな雰囲気すら感じることさえある(もっとも、これもある種の日本への反発といえば反発ではあるが)。

 一方で香港競馬は、というと、精英大師(Silent Witness)がいよいよ17連勝というタイミングで、かつてない色の盛り上がりを見せていたんですよね。いずれ負ける日が来るとは思っていたけど、こうも早くここまで苦悩する姿を見ることになるとは思わなんだ。

 ここまで書いて、4/23のおさらいを少々。

 第6Rの2班。このクラスの安定株である上海神童(Shanghai Lad)がレース中に鼻出血。これが2度目のため強制退役。
 第10Rの1班。前走で精英班を勝った貝多芬(Beethoven)がレース直前にスクラッチ。レースを制したのは精梳王(Super Combed)で、この後は5/7の皇太后紀念盃(Queen Mother Memorial Cup)へ向かう予定。

 女皇盃で有力馬を揃えながら、自由行(Best Gift)が2着、風雲小子(Super Kid)が4着、爆冷(Viva Pataca)が6着という成績に終わった大摩(J Moore)師はガックリ。
 自由行は5/28の香港冠軍[既/旦]遮打盃(HK Champions & Chater Cup)から既報通りオーストラリア遠征へ。爆冷は今季はこの後休養。風雲小子はもう1回使うか、もしくはこのまま引退し種牡馬入りへ、とのこと。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。