主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年04月25日

3年ぶり×2

 沙田日賽。春の国際レースデー。

P4259494.jpg

 まず第7Rに冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル T1600m 3yo+ Gr1)。1番人気は友誼至上(Fellowship/フェローシップ)。好[父/巴][父/巴](Good Ba Ba/グッドババ)は遠征帰りと最近の不調から3番人気止まり。
 好スタートを決めた歩歩穏(Able One/エイブルワン)の外から再領風騷(Egyptian Ra/エジプシャンラー)がじわっとハナへ。隊列が決まると各馬ガッチリと押さえて、マイル戦としてはスローな流れに。案の定、直線ではヨーイドン。ただ一団ではなかったので、後方待機組は蚊帳の外。スタートのアドバンテージから余裕を持って追い出した歩歩穏が残り300m過ぎで抜け出すと、その後ろから差を詰めた友誼至上を3/4馬身押さえ込んでゴール。3着に馬群をグニグニと開きながら差を詰めた締造美麗(Beauty Flash/ビューティフラッシュ)
 勝った歩歩穏は3年前のこのレースの勝ち馬で、そのとき以来のGr1勝利。そして、これが次の布石となる。
 ちなみに2着の友誼至上は、残り200mで勇敢小子(Brave Kid/ブレイブキッド)の前をカットしたとして、鞍上の潘頓(Z Parton/ザック・パートン)が2開催日の騎乗停止と4万HKDの罰金。


 P4259588.jpg 

 第8Rは女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ T2000m 3yo+ Gr1)。陂b一句(Collection/コレクション)が断然の人気。
 宣言どおり、内からハナを叩いたのがネヴァブション(永通達/Never Bouchon)。スピードを上げすぎずに1コーナーに入り、理想どおりにペースを支配。ガッチリと抑えて前半800mを52.83という超スローに。勝負どころでじわっとペースを上げ、後続に脚を使わせて完璧な展開に持ち込んだのだが、最後の直線で爆発力勝負となり、4番手でスムーズに流れに乗った爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)が久々にこの馬らしい豪脚を披露。連れて伸びたLizard's Desire(壁虎夢/リザーズデザイア)をクビ差抑えて勝利。陂b一句はスローに泣かされて6着。Presvis(百威勝/プレスヴィス)は調教の様子から、どうも昨年の出来になさそうなのが気になったが、その通りか5着に敗れた。
 勝った爆冷は3年前のこのレースの勝ち馬で、昨シーズンの冠軍[既/且]遮打盃(Champions & Chater Cup/チャンピオンズチャターカップ)以来の勝利。ということで、この日の国際Gr1はともに3年前の勝ち馬が制覇した。爆冷爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)の持つ香港における賞金獲得額記録を更新。

P4259623.jpg 

 4着と惜しかったネヴァブションは、それでも見せ場たっぷりの完璧なレースができたことで陣営も笑顔で出迎えた。負けたこと自体は悔やまれるが、世界を掴みかけた感覚だけでも得られたことに意味はあるはずだ。

P4259443.jpg

 第5Rの2班芝1200m戦にデビュー以来4戦無敗の盈彩繽紛(Entrapment/エントラップメント)が登場。この日も断然の人気に推されたが、危なげのない勝利で5戦無敗に。まだ3歳で、今後に注目。

 第4Rで都爾(B Doyle/ブレット・ドイル)と黎海榮(H W Lai//アレックス・ライ)は危険騎乗。都爾は2万HKDの罰金と2開催日の騎乗停止、黎海榮は2開催日の騎乗停止のみの処分。


 競馬の後ホテルに戻ると、深夜便で帰る○ちゃん(伏字)とH松氏がシャワーを浴びさせてくれと来襲。人の部屋で全裸で暴れていきおった。そのせいか、その後何を食って、どこでどう過ごしたのか記憶ゼロ。いやな光景だけが目に焼きついてしまった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック