主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年02月20日

マカオギニー前哨戦はドクターシバゴ

 澳門日賽。
 第5Rに新設された澳門堅尼預賽(Macau Guineas Prelude/マカオギニープレリュード T1400m 4yo 澳Gr3)。定量戦なので、レーティングがほぼそのまま人気順。
 大外からスピードに乗った爆料(Viva Pronto/ビバプロント)が一気にハナを奪い、聯一永勝(Luen Yat Forever/リュンヤッフォーエバー)が直後その外、最内からコーナーワークで3番手に上がった拍[木當]福星(Dr Zhivago/ドクターシバゴ)がこれに続いた。3コーナー過ぎからレースはこの3頭の争いに絞られ始め、直線ではそのまま3頭の叩き合いに。爆料が脱落し、最後は2頭の追い比べになったが、終始インで余力を残した拍[木當]福星が競り勝った。

 第3Rに1班芝1000mの時代地産賀歳盃(Times Property Lunar New Year Cup)。
 断然人気の黃金之星(Golden Star/ゴールデンスター)が、スタートで安めを売りながらも、行き脚ついて先頭に立つと、後続を全く意に介さずにそのまま逃げ切り。2着にはインで立ち回った喜ス豪情(Joy And Pride/ジョイアンドプライド)


 香港から唯一人オリンピックに出場中の韓月雙(Y S Han/ハン・ユーシュン)選手が、ショートトラック1500mの予選第2組に出場も突破ならず。


  前夜から朝までまたまた諸々を並行作業。いくつも作業を並行させるのは体力的に確かにしんどいけど、基本的に集中力が持続しないわしにとっては、それぞれが気分転換になるので、単品作業より意外とはかどうというありがたい面も。もっとも、今回は怒り要素も少なからず混ざっており、それが作業のモチベーションに繋がっているのは疑いようがない。
 とはいえ体力はそれなりに削られてるので、府中行きはお休み。日中、電話待ちの携帯電話握り締めながら気絶していたのには我ながら驚いた。電話が鳴っているわ、バイブレーションはしてるわなのに、しばらく反応できんかったし。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。