主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年01月24日

ビューティフラッシュが1冠目勝利

 沙田日賽。

 第8Rに4歳三冠の1冠目、Mercedes-Benz香港經典一哩賽(HK Classic Mile/ホンコンクラシックマイル T1600m 4yo 香Gr1)。1班戦を連勝中の締造美麗(Beauty Flash/ビューティフラッシュ)が断然の1番人気。
 大外からその締造美麗がスピードの違いで先行し、白玉駿駒(White Jade/ホワイトジェイド)が2番手。4連勝中で2番人気の喜勁飛(Algarve/アルガルヴェ)は中団のやや後方。ガッチリ抑えたままでも速い締造美麗の勢いは全く衰えず、直線に向いてスパートすると後続を突き放してそのまま逃げ切り。強い。中団でレースを進めた金獅威將(Chater Way/チャターウェイ)が直線馬場の真ん中を伸びて2着。
 鞍上の蘇銘倫(C Soumillon/クリストフ・スミヨン)は昨年の自由行(Thumbs Up/サムズアップ)での勝利に続いてこのレース連覇。

  第7Rに芝1400mの1班戦。昨年のドイツのGr2競走MEHL-MULHENS-RENNEN-German 2000 Guineas(メールミュルヘンスレンネンドイツ2000ギニー)を制した魔法幻影(Irian/イリアン)が、香港経典一哩賽をパスしてこちらで香港初出走。
 奪寶(Deposer/ディポーザー)がハナへ。魔法幻影は控えて後方2番手。直線に向いて横一杯に広がった中から、先行勢を見ながらインでレースを進めた新力勁(Sunny King/サニーキング)が抜け出し、後方から差を詰めた魄力寶(Presto/プレスト)好日子(Special Days/スペシャルデイズ)の追撃を振り切って勝利。魔法幻影も直線で伸びたが5着まで。
 新力勁を管理する約翰摩亞(大摩/J Moore/ジョン・ムーア)師は、これで香港開業後1100勝を達成。



 午後から中山。前々日にわしを置き去りにした耳目社Y中氏と、珍しく中央競馬観戦。京都最終での痛恨の1着3着4着をはじめ、全く以っての惨敗。
 一旦自宅に車を置いて、神楽坂での新年会?へ。うどんすき→パブと転戦し、終電で帰宅。ああよく食って、よく飲んだ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック