主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年01月27日

やらかした

 成田発イスタンブール行きは16時20分発だと思っていたら、その2時間前の14時20分発でした。


 ええ、やらかしました。


 まだ成田です。


 なんとか香港までのANAと、香港からのキャセイを確保。馬券で負けたと思えば許せる(?)金額内でリカバーできました。これから香港に向かいます。



 …イスタンブール行きたかったよう。。。


<以下気を取り直して追記>

 [足包]馬地夜賽。
 第6Rに3班芝1650mのカップ戦、香港會挑戰盃(Hong Kong Club Challenge Cup)。
 先行勢の直後でレースを進めた追月(Moon Chaser/ムーンチェイサー)と、さらにその直後に続いた發達心聲(O'reilly Magic/オライリーマジック)が、直線に向いて内外に分かれてスパート。2頭で後続を大きく引き離したが、外を選択した發達心聲が先着。

 第5Rで駿飛翔(Flying Gallop/フライングギャロップ)が故障を発症し競走中止。鞍上の梁明偉(M W Leung/ウェイ・リョン)は落馬し、以降のレースは乗り替わり。駿飛翔は残念ながら安楽死処分。

 第2Rで2着馬に騎乗していた楊明綸(M L Yeung/キース・ヤン)に危険騎乗があったとして3開催日の騎乗停止。第7Rでは3着馬に騎乗していた韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)に危険騎乗があったとして2開催日の騎乗停止。



 …で、事の顛末を改めて。

 冒頭のように、16時台の出発だと思い込んでたわし。呑気に成田エクスプレスで成田に向かっている道中、使えるようになったNEXの無線LANを試してみたついでに成田の発着情報を見ると、あら不思議。乗る予定の飛行機はすでに雲の向こうではありませんか。
 何が起こったのか頭で理解はできたものの、相当ショックだったようで、血の気が一気に失せていくのがわかるほど。しまいに吐き気までもよおおしてきた。唇は絶対に紫色してたはず。それでも、ドバイには日付的に翌日昼までには着いていないといけない。
 空港に着いたら、まずANAのチェックインカウンター近くまで移動し、リカバリすべく電話を掛けたのはANAのデスク。…と並行して、キャセイの香港→ドバイ、シンガポール航空のシンガポール→ドバイ、タイ航空のバンコク→ドバイ、エミレーツの前述3箇所→ドバイの各便の空席と金額をチェック。かくしてベストエフォートとも言える、ANAとキャセイを組み合わせた香港経由を確保できたとき、ANAの残席はゼロになっていたのであった。
 わし、運があるのかないのか判らん。
posted by つちやまさみつ at 18:22| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。