主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年01月10日

チャドウィック最速見習い卒業

 周大福がスポンサーの沙田日賽。

 第7Rに重賞の洋紫荊短途錦標(Bauhinia Sprint Trophy/ボウヒニアスプリントトロフィー T1000m 3yo+ 香Gr3)。昨年11月に同じ距離の1班戦を勝って以来の風火神駒(Blaze King/ブレイズキング)が1番人気。
 スタートと同時に全馬外ラチに大集合。風火神駒が先手を取り、酒勝(Wine Win/ワインウィン)が2番手から。残り500mを切って予想に反して風火神駒の手応えが微妙になると、酒勝とじわじわと馬群を割って出た2番人気の紀利威龍(Craig's Dragon/クレイグズドラゴン)が先頭に。この2頭の叩き合いを紀利威龍が制して先着。後方から最後の200mを一瞬で伸びた開心歡笑(Nightlign/ナイトライン)が強襲し2着。風火神駒は結局4馬身差の6着。レース後気管に炎症が見つかった。
 勝った紀利威龍は重賞初挑戦でいきなり初制覇。鞍上の柏威廉(W Pike/ウィリアム・パイク)も香港重賞初勝利となった。

  第9Rの2班芝1400mに一昨年のBreeders' Futurity Stks.(ブリーダーズフューチュリティステークス)で4着だった奪寶(Deposer/ディポーザー)と、昨年のSouth African Classic(サウスアフリカンクラシック)ほか南アフリカのG1で2着が3回ある愛[足包]得(Cerise Cherry/セリーズチェリー)、そして昨年のドイツのGr2競走MEHL-MULHENS-RENNEN-German 2000 Guineas(メールミュルヘンスレンネンドイツ2000ギニー)で魔法幻影(Irian/イリアン)の4着だったMantoro改め非常好(Jolly Good/ジョリーグッド)が初出走。3頭とも香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)は登録済み。
 どっこい勝ったのは中団のやや後方で待機から直線で一気に伸びた1番人気の魄力寶(Presto/プレスト)。先に抜け出した好コ煌(Legend/レジェンド)が2着。インからしぶとく伸びた愛[足包]得が3着。先行した奪寶は失速し13着、非常好は9着だった。

 蔡明紹(M Chadwick/マシュー・チャドウィック)に1勝差に迫った韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)が3勝に対し、蔡明紹も2勝。勝ち数では同数になったが2着の数で韋達が逆転しリーディング2位に。一方、蔡明紹は第2Rを勝って香港70勝を達成し、香港競馬史上最速の13ヶ月で見習い卒業。だが、その第2Rと第10Rで危険騎乗を行い、痛恨の合計4開催日騎乗停止とミソをつけてしまった。


 午後から中山へ。この日も前日に引き続き朝イチからの予想をつけているのだけど、前半はこれでもかとばかりにハズれの嵐。後半は半ば悲しい気分になり、わしの本命で穴人気は全部複勝で買うことに。結果→ニシノコンサフォス1着、セレスロンディー3着、ビンテージチャート3着。ああ、これもうわしにやっぱり複勝コロガシで生きて行けという啓示かもしれん。フォーミュラ3×7ブームを日本に巻き起こしてやろうじゃないか。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック