主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年01月12日

クラス分け

 香港競馬のクラス分けは、下から5〜1班→精英班と分級賽、これに春シーズンのみ北半球産3歳 南半球産2歳の新馬(Griffin)があります。
 このクラス分けは、勝ち上がり方式の中央競馬や、獲得賞金による地方競馬のようなものではなく、各馬の持つ評分(いわゆるレーティング)に対して出られる対象のレースのクラス分けであって、競走馬そのもののクラスではありません。各レースには、クラス分けとともに、対象となる評分が設定されていて、レースの表記として 「Class 3 - (080-060) 」となっている()の中が、出走対象となる馬の評分になります。

 また、評分に対して、クラスがカッチリと分かれているわけではなく、3班のレースでも55〜75が対象評分のものがあったり、2班で75〜95が対象となるものもありますので、ちょうど境界の評分の馬は、どちらのクラスにも出走することが可能になります。そして、各レースでは、評分が上の馬から順に、機械的に基本の負担重量が割り当てられていき、これに香港人や見習い騎手の重量恩恵が与えられる、っちゅうことになってます。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。