主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2009年05月21日

木曜ハッピーバレー

 初試験的な試みとなる木曜日の[足包]馬地夜賽。
 メインは第8Rに組まれた2班芝1200mの[足包]馬地銀瓶(Happy Valley Vase)。齊歌頌(Tchaikovsky/チャイコフスキー)が、騎乗予定だった蔡明紹(M Chadwick/マシュー・チャドウィック)が第7Rで落馬し、代替の騎手を確保できなかったことでスクラッチ。紅[衣庫]子(Confucius Classic/コンフィシウスクラシック)が体調不良の馬偉昌(W C Marwing/ウェイチョン・マーウィン)から鄭雨[シ眞](Y T Cheng/ハワード・チェン)に乗り替わり。
 鑽飾光芒(Diamond Brilliance/ダイアモンドブリリアンス)、萬里駒(Mi Reilly/ミレイリリー)、紅旗威揚(Cannonise/キャノナイズ)が並んで先行。第2グループでじっくりと構えた玉峽生輝(My Home Town/マイホームタウン)が、直線に向いて外に持ち出し、アッサリと交わして勝利。

 第7Rの3班芝1650mで、後方2番手を進んでいた萬事喜(Nilometer/ナイロメーター)が3コーナー過ぎで下がってきた金剛小子(Lhojong/リョージョン)と接触し転倒。人馬ともに命に別状はないが、鞍上の蔡明紹は大事を取って病院直行。

 第3R後に馬偉昌が体調不良を訴え、その後の騎乗をキャンセル。

Image515.jpg

 門別2日目。ホテルのチェックアウトが10時だったので、それに合わせて始動。しかし、競馬まで時間があるよねー、ということで向かった先はノーザンホースパーク。前回来たときは丁度サンデーサイレンスが大怪我をした直後くらいであった。各人思い思いに馬房を見学。みんな競馬も好きだけど、お馬も好きなのねー。特に井上オークス嬢の馬房にいる馬を見るうっとりさ加減は、心底この人にはかなわんと改めて感じさせられたのであった。
 ノーザンホースパークを後にして、いずみ食堂経由で門別へ。帰りの飛行機まで限られた時間の中で勝負してると、浅野さんや大野商店の社長と邂逅。大野さんの計らいでお店でお土産をいただくことになり、早めに競馬場を撤収。ビックリするくらいの豪華なお土産をいただいてしまった。帰郷後さっそく食してみると、酒が進みすぎてやばいぐらいにうまくて、思わずご近所さんにもおすそ分け。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。