主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年09月26日

笠松で傷心プレイ

 今年のアイルランドのGr3Tetrarch S.の勝ち馬Capt Chaosが香港移籍へ。その他南アフリカからはZoroasterなんて拝火な名前の馬もやってくる。

 既に移籍済みの今年のAustralian Derby(Gr1)6着のPrince de Gallesは喜威寶(Vigor Delight/ヴィゴーデライト)、Australian Guineas(Gr1)6着のViatorianは確[ロカ]迅(Fleet Command/フリートコマンド)にそれぞれ改名。



 Webハロンのスーパージョッキートライアルの取材で笠松へ。以前のエントリでも書いたかもしれないが、実はこれが初笠松。オグリキャップ直撃世代ということもあって南関東の次に知った地方競馬場なのに、何故かここまで足を運ぶことがなかった。つか、今回も仕事があって初めて来たわけなので、大きなことは言えないのだけれども。
 で、笠松といえば前述のオグリキャップ他のサラブレッドを差し置いて、わしはなぜかスズノキャスターを真っ先に思い出してしまう。トチノミネフジと2年連続でアラブ大賞典でやりあってた時は、今以上に大井に通っていたかもしれん。
 なーんて思っていたら、ギャー!スズノキャスターの産駒が出てるぢゃないか!!無駄にアガるわし。しかし仕事優先で写真も撮れず。ああああああ…、なんか学生時代に気になってた女子に会えたのに、一言もしゃべれんかったような敗北感を味わった(でも馬券は好調)初笠松であった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック