主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2013年01月24日

新説・福山とわし

 思うところあって、母方の祖母の両親の出生について調べなおしているという、母とその世代の親戚たち。その母から、愛媛だと思われていたルーツが間違っていたと、本日聞かされる。

「愛媛じゃなくて広島なんだって」

 …。
 何かムニャムニャっとしたものが、背中を下から上へと這いずり上がっていく。ふつうの人ならビビビッてあれなんだけど、もっとぬるっとした質感だった。

 まさかなー、
 んなこたーねえよなー

 と思いつつ、
「広島のどこよ?」
 と尋ねる。

「安那郡湯野ってとこなのよ。それも2人揃って。」

 それ今の福山市ですがな!
 (゜Д゜!)(;゜Д゜)

 さっき背中をむにゃむにゃ上がっていったものが、血の気と一緒にサーーッと引いていく。

 思えば、何で福山競馬に?と聞かれても、これと答えられる理由がないっちゃなかった。それは単純に、わしの表現力が足りなくて、わしの中に刺さってくる福山競馬の良さを、適切な言葉に置き換えられないからなのだと思っていた。いや、実際そうで、自分で自分に対しても何だか説明がつかないところがあって、モヤっとしていたわけなんだけど、とてもオカルトながら、この事実で妙にスッキリと納得してしまいました。キモいけど。

 しかしなー、もっと早く知っておきたかった。でも、なくなる前に知れてよかった。
 残る2ヶ月、堂々と「ふるさとのひとつです」と言うことができる。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福山競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

グッドババ復帰

 あけましておめでとうございます。
 本年もぼちぼちとやっていきますんで、よろしくお願いいたします。

 沙田日賽。

 メインは第9Rに行われた、元日おなじみの華商會挑戰盃(Chinese Club Challenge Cup/チャイニーズクラブチャレンジカップ T1400m 香Gr3)。1番人気は1班を連勝中の驌龍(Real Specialist/リアルスペシャリスト)
 雅雪(Aasiq/アーシク)が先手を取り、2番手に甜將(Captain Sweet/キャプテンスイート)が追走。驌龍は中団の内をじっくりと追走。直線に向いて甜將が先に抜け出すが、横一線の後続の中から馬群を縫って、喜蓮標緻(Helene Spirit/ヘレンスピリット)が一気に突き抜け、外から追い込んだ驌龍以下を押さえて勝利。鞍上は潘頓(Z Parton/ザック・パートン)。
 勝った喜蓮標緻Arasinの名で3歳までフランスで出走。2歳時にはPlanteurを破ったほか、Gr3のPrix des ChenesでBehkabadの2着などの実績がある。移籍前後を通じて重賞初勝利。
 
 第1Rで歡惑(Affection/アフェクション)に騎乗した郭能(N Callan/ノエル・キャラン)に不注意騎乗があったとして2開催日の騎乗停止。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする