主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年10月25日

ヴェンジャンスオブレイン急死

 とても悲しいお報せ。

 ニュージーランドのCambridge Studで余生を送っていた06/07シーズンの香港馬王の爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)が、今朝死亡したとのこと。馬主である周漢文(H M Chow/レイモンド・チョウ)氏によると、今朝Cambridge Studより連絡が入り、暴れることなく眠ったまま亡くなっていたそう。直接の死因は明らかになっていないものの、現役時より心臓が弱かったことから、これに起因するものではないかと推察する。

 爪皇凌雨といえば、香港調教馬として初めてDubai Sheema Classic(杜拜司馬經典賽/ドバイシーマクラシック)を制したほか、香港における2000mの重賞競走(香港打吡大賽(HK Derby/ホンコンダービー)、女皇盃(QE2C/クイーンエリザベス2世カップ)、 香港盃(HK Cup/ホンコンカップ)、香港金盃(HK Gold Cup/ホンコンゴールドカップ)、香港盃預賽(HK Cup Trial/ホンコンカップトライアル)、百週年紀念銀瓶(Centenary Vase/センテナリーヴァーズ))を全て制覇。同一シーズンにおける香港打吡大賽→女皇盃→香港冠軍暨遮打盃(HK Champions & Chater Cup/ホンコンチャンピオンズ&チャターカップ)連勝達成もこの馬のみ。間違いなく、00年代だけでなく香港競馬史を代表する名馬であった。個人的にはディープインパクトと遜色ない実力の持ち主だったと思っている。

 合掌。
posted by つちやまさみつ at 17:35| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

スプリンターズS 香港版オッズ

1 ラッキーナイン 3.7
2 ケイアイアストン 110
3 パドトロワ 50
4 エーシンリジル 62
5 ロケットマン 2.1
6 サンカルロ 16
7 フィフスペトル 41
8 ダッシャーゴーゴー 12
9 ヘッドライナー 41
10 カレンチャン 18
11 トウカイミステリー 45
12 アーバニティ 44
13 ビービーガルダン 42
14 エーシンヴァーゴウ 14
15 サンダルフォン 101
16 グリーンバーディー 25

posted by つちやまさみつ at 01:51| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

Aドラゴン圧勝&短距離界の素質馬復活

 サボってましたが、唐突に復活です。周回遅れ分は気が向いたらやります。


 国慶節開催。で、重賞2つ。

 メインは第8Rの國慶盃(National Day Cup/ナショナルデイカップ T1400m Rtg100+ 香Gr3)。国際Gr1馬4頭が出走の好メンバーで、人気は割れまくるも、昨シーズン香港馬王の雄心威龍(Ambitious Dragon/アンビシャスドラゴン)が押し出されて1番人気。



 傾力之城(Leading City/リーディングシティ)がハナを切り、締造美麗(Beauty Flash/ビューティフラッシュ)が2番手。直線に向いて逃げ脚を伸ばす傾力之城を、各馬が追撃に入るところ、中団やや後方に待機から外に持ち出した雄心威龍があっちゅうまにトップギアに入ると、内の各馬を尻目に悠々と抜け出して勝利。2着争いは4頭が横一線になる中、卡達聖(Destined For Glory/ディスティネッドフォーグローリー)がドサクサ紛れに先着、締造美麗新力勁(Sunny King/サニーキング)が3着同着で、さらに半馬身遅れて軍事攻略(Xtention/エクステンション)。3着の締造美麗に騎乗の蔡明紹(M Chadwick/マシュー・チャドウィック)と12着の萬事佳(Multiglory/マルチグローリー)に騎乗のの何澤堯(C Y Ho/ヴィンセント・ホー)は危険騎乗があったとして、それぞれ2開催日の騎乗停止。
 で、勝ち馬。この距離でトップハンデで休み明けでもこの走り。ちょっと手の付けられない次元に来てしまったのかもしれない。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする