主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2011年01月16日

セイクリッドキングダムが香港最多タイ17勝目

 沙田日賽。
 メインは第7Rに組まれた香港速度系列(HK Speed Series/香港短距離三冠)の第1戦目、百週年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup/センテナリースプリントカップ T1000m 3yo+ 香Gr1)。連覇を狙う蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)が断然の人気。
 一昨年のこのレースを勝った點心(Dim Sum/ディムサム)が外ラチに寄せながら先手を取るも、400m過ぎで極奇妙(Ultra Fantasy/ウルトラファンタジー)が前へ。蓮華生輝はスタート直後こそ後方も徐々に進出。残り200m手前で3番手を追走していた金コ寶(Sweet Sanette/スイートサネット)が先頭に立つも、その内から蓮華生輝がアッサリと交わしてそのまま先着。一旦は下がりかけた點心がファイトバックして2着。金コ寶は3着。點心は少しズブさが出てるので、1200m〜1400mの方が良さそう。極奇妙はしんがり負け。
 蓮華生輝はこれでGr1は7勝目、通算17勝で、精英大師(Silent Witness/サイレントウィットネス)の持つ香港の最多勝記録タイに。今後はこの記録更新を狙うと同時に意外にまだ達成してない香港速度系列全勝を目指す。海外遠征についてはその後考える、と。ちなみに香港は短距離馬に手厚い、とよく言われるけれでも、番組こそ多いけど賞金はそれほどでもない。このレースも1着賞金は256.5万HKD(最近のレートでも3000万未満)だし。鞍上の柏寶(B Prebble/ブレット・プレブル)は、昨年12月の國際騎師錦標賽(International Jockeys Championship)のレース中に内田博幸騎手にチョップを食らわせたことで食らった8開催日騎乗停止から復帰初日。この日の騎師王も獲得。

 第2Rで何澤堯(C Y Ho/ヴィンセント・ホー)が危険騎乗で3開催日の騎乗停止、第4Rでは頼維銘(W M Lai/エディ・ライ)が危険騎乗を行い1万5千HKDと2開催日騎乗停止のペナルティ、第10Rでは王志偉(C W Wong/テリー・ワン)が危険騎乗を行い2開催日の騎乗停止。

 
 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

本年初福山

 澳門[乙水]仔日賽。
 第4Rに1班サンド1600mの阿根廷(Argentine)。ちなみにこの日のレース名は南米の国名。花臣(Farson/ファーサン)がスクラッチ。品自高(Clown Master/クラウンマスター)、福林(Fortune Mine/フォーチュンマイン)、聯一穩勝(Luenyat Confidence/リュニャッコンフィデンス)が人気を分け合った。
 どっこい、後方待機から外外を回って進出した潛鋒臻智(Speedy Gonzalez/スピーディゴンザレス)が直線も最後まで伸びて勝利。福林2着、品自高3着、聯一穩勝7着。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福山競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

レコーダー

 先日、テレビを買い換えたという話を書いたのだけど、手持ちのアナログHDDレコーダー(すでにこれもかなりの高齢)で取り溜めた映像を新しいテレビで見ると、いやー荒いのが拡大されるんで、見づらいったらありゃしない。とくにアナログ地上波を録画したものは酷いのレベル。とはいっても、レコーダーも買い増すほど裕福ではないので、しばらくはこれで我慢の方向。幸いにして、我が家はケーブルTVを引いている(+スカパーもなんだけど)ので、ケーブルチューナー経由の外部入力で地デジ放送も録画できる。
 今後の課題はコピーワンス対策。アーカイブしたレース映像とかをDVDなりに編集して焼けないのよね。スタビライザーを買うかのう。そして次に買うとしたら、やっぱしブルーレイなのかしら。ブルーレイ対応のレコーダーって、RAMに対応してないんだよねえ。うちには結構RAMがあるので、そこも悩みどころ。

 2日続けて他愛もない内容になってもうた。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

ひろしま

 思い立ったので福山に行くことにした。そもそもは小倉のミッドナイト競輪の取材もくっつけようかと思っていたのであるが、企画が通らなかったので福山を主目的に。と同時に広島市郷土資料館で開催されている競馬の企画展も見ておくため。お財布次第では高知にも転戦しようかと画策。
 ところで福山はそれこそ年に数回行くようになったけど、広島市はもう10年以上行ってない。というか人生で広島に行ったのもそれとあとう1回くらいだ。前回行ったときは、広島なのにひどいお好み焼きを食ってしまったような記憶がある。ような、というのはもはや定かでないため。たぶん記憶からも抹消したいようなものだったのだろう。
 広島といえば「せんじがら」、或いはホルモンから揚げ。あれはうまい。やばいくらいにうまい。あっという間に一袋平らげてしまう。ただ、アゴはめちゃくちゃ筋肉痛になる。いいのか。東京でも買えんかのう。今度新宿のアンテナショップに行ってみよう。新宿にまだ広島県ショップはあるのかな、と思って調べたら、去年の6月でクローズしてしまっておる。ノー!
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

新年恒例佐賀牛

 [足包]馬地夜賽。
 第6Rに3班芝1200mのカップ戦、維多利亞賽馬會錦標(THE VICTORIA RACING CLUB TROPHY)。1番人気は心中有勁(My Memory/マイメモリー)
 ハイペースで飛ばして逃げ込みを図る横掃千軍(Impeccable/インペカブル)を、先行馬群から追いかけた六六精英(Elite Sixty-Six/エリートシックスティシックス)がゴールでわずかに差し切り勝ち。


 中央開催は行かないけど、浦和には赴くの巻。この日はニューイヤーカップ。ドラゴンウィスカーが勝って山本学調教師は重賞初勝利。
 開催後は浦和の新年開催恒例の佐賀牛。開店前から待つわしら。17時開店だと思ったら18時だった。この時期の浦和の最終からでは微妙にタイミングがよろしくない。そして、店はなんだか知らんが寒かった。たぶん風邪をひいた気がする。

 
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

ダイナミックブリッツがドバイ遠征へ

 電光能源(Dynamic Blitz/ダイナミックブリッツ)がドバイへの遠征を敢行するとのこと。オールウェザーの短距離がベストのこの馬にとっては、このまま香港に滞在してもちょうどいいレースがないため。2月3日に香港を出発し、まずはスーパーサースデーの育馬場錦標(AL SHINDAGHA SPRINT/アルシンダガスプリント)を目指すそう。

 今シーズン、ここまでまだ2勝の黄汝安(Y O Wong/アレックス・ウォン)調教師に4月いっぱいでの勇退勧告が出される見込み。目安であるシーズン内13勝が難しそうなため。そもそも出走自体が82戦しかない。


 NTTの工事がやってきた。遅ればせながらADSLから光に切り替え。このADSLも当時の職場の付き合いもあって契約したもので、まだINS全盛の当時としては画期的かつ超高速であった。いまやモバイルの方が早いかもしれん。…で、TVが割引になるってんで、こちらに切り替えた次第。これで快適にアップルデイリーの動画が見られる。進化したねえ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

ピエル・ストライダムにライセンス

 4月1日以降の騎手ライセンスを発表。新たにニュージーランドの普萊西(M Du Pressis/マーク・デュプレシス)と南アフリカの史卓棟(P Strydom/ピエル・ストライダム)にシーズンいっぱいのライセンスが公布。また、安國倫(T Angland/タイ・アングランド)と卓利(G Cheyne/グレッグ・チェイン)も2月いっぱいまでから今シーズンいっぱいまで期間を延長。
 史卓棟は昨年の香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)を[上/下]通飛機(J J The Jet Plane/ジェイジェイザジェットプレーン)で勝利。スポット騎乗以外では95年から香港で2シーズン騎乗して以来になる。


 世の中は3連休。んだけれども、わしに実感はなし。でもってこの日も中山には赴かず、中央開催の欠席を継続中。特にイヤだというわけではないけど、なんかこう、ちょいちょいと作業が入ってくる感じ。
 で、夕方、何やらヘリの飛行音がバリバリとうるさいと思ったら、うちの近所で殺傷事件。実はうちの近所は閑静な住宅街と言われつつも、確か人口比での犯罪発生件数は都内でもワースト5に入る土地。しかも検挙率はかなり悪い。といっても、ほとんどが空き巣なんだけど。どちらにしろ、早く解決して欲しい。でないとテレビのインタビューで「宅配便と言われても怖くてドアを開けられない」とおっしゃるマダムもいるので。おまいは狙われる心当たりでもあるんか。とは言わないでおく。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

着順もオッズも同着

 沙田日賽。
 メインは第8Rに組まれた1班AW1200mの國美盃(GOME Cup)。大智慧(True Intelligence/トゥルーインテリジェンス)が1番人気。
 紅衣司令(Brilliant Chapter/ブリリアントチャプター)を先に行かせてインの2番手待機の飛闖(Final Answer/ファイナルアンサー)が、直線に向いて先頭に立って逃げ込みを図るところに、その直後を進んだ旅英駿駒(London China Town/ロンドンチャイナタウン)がジリジリと差を詰め、最後は同体でゴール。結果、デッドヒート。しかも単勝オッズも同額。3着争いもも大接戦、後方からかっ飛んで来たこの路線の重鎮である奇異福星(Watch What Happens/ワッチワットハップンズ)が先着。4着に大智慧、5着だった陽明好好(Tuscan Spirit/タスカンスピリット)はレース後に鼻血が判明。

 第10Rの芝1400mの2班戦に昨シーズンのNew Zealand Derbyを勝った軍事行動(Military Move/ミリタリームーヴ)が出走。移籍2戦目で初勝利に期待がかかったが、マイペースに持ち込んだ1番人気の陽明深心(Paganini's Soul/パガニニズソウル)をクビ差とらえきれず2着。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

オーシャンダイアモンドまた勝てず

 澳門[乙水]仔日賽。

 第4Rに1班芝1200mの車里雅賓斯克(Chelyabinsk/チェリャビンスク)。何故ロシア。1番人気はハンデ軽くなった創新福星(Tron Kingdom/トロンキングダム)精彩遊戲(Wonderful Game/ワンダフルゲーム)が当日スクラッチ。
 外枠からノシつけていった合浦勇將(Happy Gladiator/ハッピーグラディエイター)黄金之星(Golden Star/ゴールデンスター)は、4コーナー手前であっさり沈没。インから続いた白玉福星(Sure Desire/シュアデザイア)が直線に向いて先頭に立って後続を突き放すも、中5日の濠江歡騰(Ecstatic Macau/エクスタティックマカオ)が内から、創新福星が外から猛然と追い込んだ結果、創新福星がゴール前でアタマ差かわして勝利。2着は濠江歡騰
 
 第3R(芝1500m Rt30-50)に日本産馬の海洋鑽石(Ocean Diamond/オーシャンダイアモンド)が出走。前走3着だったのと同じ距離。んが、後方をちんたら走っただけで11着に惨敗。個人的にはサンドコースを試して欲しい。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

マカオで日本地名レース祭り

 澳門[乙/水]仔夜賽。
 重賞もカップ戦も1班戦もないのだけど、ちょっとおもろい開催。何故なら、レース名が全部日本の地名。全7レースこんな感じ。

  第1R 長崎
  第2R 北九州
  第3R 廣島
  第4R 福岡
  第5R 川崎
  第6R 神戸
  第7R 名古屋

 …何故、この地名が選ばれた?と思うほど統一感なし。思いつくのは大きい港湾施設のある都市?くらい。わざわざ主催者に聞くのもなんか情けないというか、あほらしいので聞けないよなー。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

反マグロ運動

 初競りマグロの続報。アップルデイリーにはこんな動画も。
 在港の他メディアによると、「今年もマグロを競り落としてくれたぜ!ヒーハー!」という論調だけではなく、「絶滅危惧種クロマグロ食うなんて!どうかしてるぜ!」というヒステリック環境保護団体の声に呼応して、若い衆がボイコットを呼びかけてもいるとか。もっとも、香港でこの手の動きをするのはマイノリティ中のマイノリティ。パーセンテージで言えば、東京に住みながら福山競馬が好きじゃー、と言うのと大差ないかと。しかも、ただで振舞うとなれば絶対に食うだろうし。

 澳門のグランドリスボアに爆弾を仕掛けた、とのネット上に書き込まれ一時大騒ぎに。幸いにして虚偽だったため怪我人等もなく。昨年10月にも同様の騒ぎがあり、このときはフィリピン人が捕まった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

1日2回アングランド

 [足包]馬地夜賽。
 んが、1班もカップ戦もなし。

 第8Rにキューティリサの仔、心中有程(My Goal/マイゴール)が出走。前走同級を勝ってハンデが増えて厳しいかなと思いきや、ゲートでひと暴れした挙句ドンケツ負け。で、ゲート再試験。

 安國倫(T Angland/タイ・アングランド)が第6R、第7Rと立て続けに不注意騎乗を行い、2万5千HKDの罰金と4開催日の騎乗停止。1日に2回って○ちゃんか!(一応伏字)。


 年始の挨拶もあるので金杯の中山へ、と思いきや、別件バウアーがあったので今年の中央開きはお預け。大した用ではないけど、この日でないといかんものであった。にしても、金杯に行かなかったのはいつ以来じゃろうか。

 今年もマグロは香港マネー。しかも3249万円と最高記録。すぐに空輸するそうな。香港は概ね好きだけど、この話はあまり好きではない。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

マカオのLRTは日式

 澳門の軽鉄道になんとびっくり三菱重工。ゴムタイヤを使い無人運転するゆりかもめと同様のタイプで、2015年の開通・運用開始を目指すそうな。路線は拱北のボーダーから西湾大橋を渡り、[乙水]仔、路環、と回って空港までで21駅。道中に2駅、広州〜珠海を結ぶLRT「広珠城際軌道交通」と接続できるようにするとのことで、おそらく拱北と蓮花大橋になるのではないかと推測。これが全線開通すると広州まで1時間で移動できるようになり、将来的には港珠澳大橋とも接続されるようになるとのこと。すげー。
 全然話はすっ飛ぶけど、ドバイのMTRも確か関西拠点の日系企業だったような。すごい日本らしくないデザインで、日系企業だと知ってびっくりしたのを覚えておる。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

スボリッチが香港復帰へ

 シーズン下半期は自国に戻る紀仁安(M Guyon/マキシム・ギュイヨン)と巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)の抜ける穴に頭を抱える香港賽馬會だが、ニュージーランドの普萊西(M Du Pressis/マーク・ドゥ・プレシス)のほか、ドイツの薛寶力(A Suborics/アンドレアス・スボリッチ)も来港に前向きとのこと。薛寶力といえば、昨年3月の調教中の落馬が原因で、2回の開頭手術を受けた後引退を勧告され8月に引退を表明したが、昨年12月に医師からの許可が下りたことで現役復帰を果たしている。因縁の地でもある香港に再び戻ろうという意思が嬉しいではないか。

 澳門ではオーストラリア人騎手、史必達(A Spiteri/アーロン・スピテリ)がライセンスを取得。近年はシンガポールやインド、モーリシャスで騎乗していたとのこと。



 さて、川崎競馬場に出かけようか、と思ったところで地○協のS口氏から電話。開口一番「今日は福山ですか?」と聞かれ、期待に応えられず恐縮していると、川崎でもオッケーなので、ということでお仕事を頂く。ウェブハロンの「地元記者オススメの逸品」。地元か?と問われると微妙なトコロではあるけれども。
 で、川崎の鉄火場グルメではスパイシー焼きそばとコロッケ、たんめんが3巨頭ではあるけど、実は焼きそばは船橋で同じものが食えるし、船橋のコロッケも出来合いではないので、個人的には人に薦めたいものではない。で、思案した結果、煮込みライスに決定。そもそもモツものの扱いが低いのに兼ねてより不満があったというのが大きい。ということで、あとは本文で。
 余談であるが、大楠庵はテナントを畳んだけど、同じ経営で製麺も同じ築山亭は1号スタンド4階に依然健在。

 …で、この日は福山大賞典の全国発売デー。昨年は川崎で拡販イベントができたのであるが、今年は根回しに起因する非常に情けない事情により出来ずじまい。福山本場で重賞でもなんでもない佐賀を売る理由が判らん。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

ヘルフェンバイン騎手マカオ重賞初勝利

 澳門[乙水]仔日賽。
 第4Rに重賞の冬季錦標(Winter Trophy/ウィンタートロフィー T1800m 4yo+ 澳門Gr2)。人気は割れまくった中、濠江歡騰(Ecstatic Macau/エクスタティックマカオ)
 先に行かせた沙[保/火]兄弟(Bowl Brothers/ボウルブラザーズ)を直線で早めにとらえた聖コ禮物(St Peter's Gift/セントピータースギフト)に、スタートで安目を売りながら徐々に進出した易通財(Easy Choice/イージーチョイス)が直線で並び、残り150mから2頭の叩き合い。ゴールまで短頭差だけ易通財が先着した。
 勝った易通財の1つしたの全弟は、香港の徐雨石(Y S Tsui/ミー・ツュイ)厩舎に所属の金得意(Easy Gold/イージーゴールド)。鞍上の何豐平(A Helfenbein/アンドレアス・ハインツ・ヘルフェンバイン)は、前回(03〜05年)も含めての澳門の重賞初勝利。ちなみに08年のエリザベス女王杯にフェアブリーズに騎乗するため来日経験がある。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

リトルブリッジ初重賞

 新年快楽。あけましておめでとうございます。と書いてるのはいつなんだよってツッコまれちゃいますよね、やっぱし。

 沙田日賽。
 メインは第10Rに組まれた元旦お馴染み華商會挑戰盃(Chinese Club Challenge Cup/チャイニーズクラブチャレンジカップ T1400m Rt95+ 香Gr3)。1番人気は香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)4着の共創未來(Let Me Fight/レットミーファイト)。発走前に白玉駿駒(White Jade/ホワイトジェイド)がスクラッチ。
 先手を取った萬事佳(Multiglory/マルチグローリー)が直線半ばまで粘るも、先行勢を見る位置でレースを進めた共創未來高點(High Point/ハイポイント)が抜け出して叩き合いに。んが、その攻防を見ていた小橋流水(Little Bridge/リトルブリッジ)がゴール手前で計ったかのようにまとめて差し切って重賞初制覇。2着に共創未來、3着に高點。ジェニュイン産駒の競駿精英(Young Elite/ヤングエリート)は6着。
 勝った小橋流水香港経典一哩賽(HK Classic Mile/ホンコンクラシックマイル)に向かうとのこと。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする