主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年10月24日

母はジンバブエ産

 沙田日賽。ダブル重賞デー。

 第8Rは沙田錦標(Sha Tin Trophy/シャティントロフィー T1600m 3yo+ 香Gr3)。実績馬がこぞってここから使い出し。人気は今年に入って成績安定の歩歩穏(Able One/エイブルワン)
 包装大師(Packing Winner/パッキングウィナー)が先手を取り、締造美麗(Beauty Flash/ビューティーフラッシュ)勝眼光(Sight Winner/サイトウィナー)が直後から追いかける展開。直線に入って締造美麗が抜け出すも、離れた4番手集団にいた歩歩穏が直線半ばで先頭に。どっこい、中団にいた自由好(Thumbs Up/サムズアップ)が残り100mから一気の切れ味を見せ、ゴールでは3/4馬身突き抜けて勝利。2着争いは混戦になるも歩歩穏が最後まで踏ん張り、ほぼ同体で金獅威將(Chater Way/チャターウェイ)が3着、友誼至上(Fellowship/フェローシップ)が4着。
 勝った自由行は09年1月の香港經典一哩賽(HK Classic Mile/ホンコンクラシックマイル)以来の重賞2勝目。方嘉柏(C Fownes/キャスパー・フォウンズ)厩舎に移って2戦目で結果を出した。この後は、香港盃(HK Cup/ホンコンカップ)も可能性に入れつつも、マイル路線をメインに歩んで行く模様。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする