主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年10月23日

ムーニーバレーの邂逅

 澳門[乙水]仔日賽。
 第6Rにサンド1500mのオープン、諾福克(The Norfolk)。
 襌山客(Simashan Native/シムシャンネイティブ)が大逃げを打つも、直線に入ってあっさり白旗。直線は4頭の叩き合いになり、中段追走から大外に持ち出した天下財星(World Fortune/ワールドフォーチューン)が最後まで伸びが衰えず勝利。

 PA232559.jpg

 PA232882.jpg

 澳門からオーストラリアに遠征中の聯一永勝(Luen Yat Forever/リュンヤットフォーエバー)がCox Plate(覺士盾/コックスプレート)に出走。しかし距離も長く相手も悪くしんがり負け。勝ったのは圧倒的人気のSo You Think(信可成真/ソーユーシンク)


 朝はWerribeeにて調教を取材。見る見る良くなっているのが判る。

 一旦ホテルに戻ってMoony Valley競馬場へ。聞きしに勝るへんてこコースレイアウト。直線短いし、コーナー直角だし。
 プレスルームに入ってしばらく作業していると、各地に現れる日本大好きおばちゃんガイルさんと邂逅。さらにちょっとした後に田島さんがいるではないか。聞けば、オーストラリアから戦前に持ち込まれた馬の血統を調べにきたついでだそうで。あらゆる意味で敵わない。

 場内を散策していてテンションが上がったのは、Living Legendsでけい養されている功労馬の展示。特にベタールースンアップはとてもこの間天に召されたオグリキャップと同い年とは思えない体の張り。他にもNortherly(ノーザリー)、Might And Power(マイトアンドパワー)もおりました。滞在中に行く約束を早速とりつけてもらった。よっしゃ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする