主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年04月11日

アパパネで20万馬券

 澳門[乙水]仔夜賽。

 第7Rに1,2班サンド1050mの力邦(The Ripon)。
 ゴリゴリと押してハナを切った勇士(Warrior/ウォリアー)が、ゴールまで脚色衰えずにそのまま逃げ切り勝ち。鞍上のM Wheeler(韋樂/モーリス・ホイーラー)はこれが澳門初勝利。

 セランゴールの第5Rとしてサイマル発売していた桜花賞はアパパネ(夏威夷鳥)が勝ったのに、単勝5.4倍の好配当。3連単は20万馬券ぜよ。結果はこちら


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

強力牝馬に連勝馬

 沙田日賽。

 第7Rに1班芝1000mカップ戦の維多利亞賽馬會錦標(The Victoria Racing Club Trophy)。
 先手を取って外ラチ沿いを奪った牝馬の金徳寶(Sweet Sanette/スイートサネット)がじわじわと差を広げ、最後は2着に3馬身半差をつけて勝利。勝ちタイムの56.16秒は好至黏地(Good to Yielding)では最速。さらに金徳寶は、牝馬としては02/03シーズンの香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)を勝った勝威旺(Elegant Fashion/エレガントファッション)以来の高レーティング。この日の勝ちっぷりから、まだまだ上を狙えそう。
 一方、高松宮記念遠征を直前に取り止め、仕切りなおしの出走となった極奇妙(Ultra Fantasy/ウルトラファンタジー)は、道中前をカットされてやる気が激減したのか、全く走らず離れたしんがり負け。

 白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)がレース当日の朝から体調不良を訴え、この日の騎乗馬は全て乗り替わり。

 第3Rの3班全天候1200mを盈彩繽紛(Entrapment/エントラップメント)が楽勝し、これでデビュー4戦4勝。

 第4Rで蘇狄雄(L H So/ベン・ソー)が危険騎乗を行い、累積で4開催日の騎乗停止。第9Rで潘頓(Z Parton/ザック・パートン)もやらかして、こちらは2開催日。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

ヒットポイント回復遅し

 女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)に選出されていたフランスのStarlish(星光[王崔][王祭]/スターリッシュ)とニュージーランドのRed Ruler(紅霸王/レッドルーラー)が招待を辞退。


 香港賽馬會からお便り。女皇盃取材のエアが取れたよん、という連絡なのだが、お願いしてあったのと全然違う内容。ちょうど日程も変更したかったので、その辺も踏まえてお返事すると、すぐさま了解了解と返ってきた。優秀なんだかそうでないんだか。

 ところで、もう帰国して5日目になるのだが、全然ヒットポイントが回復しない。すげえだるい。だるいというよりかったるい。これは年なの?あと、腰が泣くほど痛い。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

キウイ

 4月17日に澳門の[乙水]仔馬場で行われる、澳港盃(Macau HK Trophy/マカオホンコントロフィー)の選出馬が発表

 4月4日の沙田日賽第3Rで、大有運(Super Fortune/スーパーフォーチューン)に騎乗した蘇狄(T H So/ベン・ソー)が、十分な騎乗を怠ったとして、8開催日の騎乗停止処分に。

 頭痛により薛寶力(A Suborics/アンドレアス・スボリッチ)は週末の騎乗をキャンセル。


 入厩したとあるNZ産の馬を取材に船橋へ。着くまで2歳(南半球換算で1歳)だと思っていたら、実はもうひとつ上なのが発覚。あら、もうデビュー時期じゃない。
 写真をバシバシ撮ったのち、デビューに向けてのスケジュールを確認。意外とせわしなく動かねばならんが、まずは無事にデビューする日が楽しみ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

春の国際競走出走馬選出

 女皇盃(QE2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)と冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル)の選出馬が発表(それぞれリンクあり)。日本からネヴァブションが予定通り参戦。


 [足包]馬地夜賽。

 第7Rに3班1200mのカップ戦、香港足球會百週年紀念挑戰盃(THE HK Football Club Centenary Challenge Cup)。
 3番手追走の祥勝愛駒(Mr Vigorous/ミスターヴィゴラス)がゴール前で抜け出し、後方から追い込んだ駿蹄飛(Turf Magic/ターフマジック)をクビ差しのいで勝利。

 第2Rで薛寶力(A Suborics/アンドレアス・スボリッチ)が危険騎乗を行い3開催日の騎乗停止。第6Rでは楊明綸(M L Yeung/キース・ヤン)が危険騎乗を行い4開催日の騎乗停止。第8Rでは韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)がやらかして、4万HKDと2開催日騎乗停止のペナルティ。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

再燃

 前夜は相当怒りにエネルギーを費やしたようで、旅疲れもあって昼過ぎまで爆睡。それでも起床してからは、お手伝い的業務などを遂行。と同時に、我が家から出て行った各種アイテムの再収集手配など。1日通して、全くお金に縁遠い作業をやりこみ、日付も変わろうかという頃に受け取ったメールをきっかけに、怒り再燃。冷静に振り返るほどに、限りなく意味のない1日だったような気がする。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

土屋家国交断絶

 4月4日の沙田日賽後に、馬偉昌(W Marwing/ウェイチョン・マーウィン)が左肩に痛みを訴え、ドクターの診断で4月7日の[足包]馬地夜賽での騎乗を見送ることに。


 成田に早朝到着。そのまま到着ラウンジに向かい、シャワーを浴びた後、原稿作業に突入。10時までに入れる原稿をやっつけてから、マッサージチェアで脱力していたら、あっという間に夕方近くになってしまって、どびっくり。
 JR快速を使ってのんびり帰宅してみると、我が家が大変なことになっていた。実家の母が留守中に気を利かせたつもりらしいが、わしとしては怒り心頭に発することに。詳しい内容は、あまりにも恥ずかしくてここには書けないが、勝手に持ち込まれたモノを実家の玄関に放り込んだ(これがちょっとした引越し並の作業で、それだけで怒りの度合いが判る)上で、とりあえず国交は断絶することにした。改めて、おひげさんごめんなさい。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

エイブルワン約2年ぶりの勝利

 沙田日賽。

 メインは第8Rに組まれた冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル)の前哨戦、主席錦標(Chairmans Trophy/チェアマンズトロフィー T1600 3yo+ 香Gr2)。人気は4歳馬3頭と陂b一句(Collection/コレクション)
 人気の一角の締造美麗(Beauty Flash/ビューティフラッシュ)が先手を取り、勝眼光(Sight Winner/サイトウィナー)がぴったりと2番手を追走。離れた3番手を追走していた歩歩穏(Able One/エイブルワン)が、好先生(Mr Medici/ミスターメディチ)とともに4コーナーで徐々に進出すると、直線に入って早々に先頭に。好先生がこれを懸命に追いかけるも、歩歩穏がクビ差振り切って先着。5頭が横一線になった3着争いは、爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)が久々にこの馬らしい馬群を割るド根性を見せて3着に。君子一言(Fair Trade/フェアトレード)が大外から飛び込んだが4着まで。
 勝った歩歩穏は07/08シーズンの精英盃(Premiar Cup/プレミアカップ)以来、1年10ヶ月ぶりの勝利。この間も故障で戦列を離れた時期もあったが、1200〜1600なら大きく負けていないので、安定感なりに順番が回ってきたという印象。

 このレースで勇敢小子(Brave Kid/ブレイブキッド)に騎乗した韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)に危険騎乗があったとして4万HKDの罰金と2開催日の騎乗停止。適用は女皇盃(QE2C/クイーンエリザベス2世カップ)開催後から。
 第1Rでは都爾(B Doyle/ブレット・ドイル)が危険騎乗を行い1万5千HKDの罰金と2開催日の騎乗停止。

 薛順強(S K Sit/ビンセント・シッ)がジョッキールームで喫煙し、2000HKDのペナルティ。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

タンバラン競馬場

 澳門[乙水]仔日賽。

 第5Rに董事盃(Directors' Cup/ディレクターズカップ T1500m 3yo+ 澳門Gr2)。断然人気は爆燈(Viva Hong Kong/ビバホンコン)
 溢勝皇寶(Nittan's Crown/ニッタンズクラウン)が先手を取り、金手槍(Golden Pistols/ゴールデンピストルズ)濠江歡騰(Ecstatic Macau/エクスタティックマカオ)と続く展開。馬群はそれほど縦長にならず、隊列もほぼ変わらないまま直線へ。粘り込みを図る溢勝皇寶を、残り100mを切ったところで濠江歡騰が捕らえて先頭に。そこへ外から同じ勝負服の爆燈爆發(Viva Amour/ビバアムール)が差を詰めて来たが、濠江歡騰が振り切って勝利。2着は最後に溢勝皇寶を交わした爆發濠江歡騰はこれが重賞初勝利。
 

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

タンジュンアル競馬場跡地

 午前中、プールにドボンしたり、近所のショッピングモールで朝兼昼メシ。わしは東南アジアでお馴染みの「おかずチョイス+ゴハン」、タケシ君はクレイポットチキンライス。香港風に言えば、鶏肉[保/火]仔飯。普通にうめー。
 その後、ホテルに迎えに来てくれたロイヤルサバターフクラブのレンさんと合流。南国時間でどうせ遅れてくるんだろうと思っていたら、逆に30分早く現れて驚いた。ちなみに、メシを食ったフードコートは建物の3階(日本的には4階)の海側。すごいオーシャンビューでテラス席もあったりするんだけど、地元の人はそもそもオーシャンビューなんて当たり前なので、テラス席は外人ばっかりであった。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

いざボルネオ

 クアラルンプールからコタキナバルへと移動の日。昼まで、近所のモールを冷やかしたりして過ごした後、KLセントラル経由までタクシーで向かい、KLIAクスプレスで空港へ。マレーシアのタクシーは基本はメーター制なのだが、実情は交渉性。なので、ホテル〜KLセントラルなどの交通の要所の間は、後々のトラブルにならないように、事前にホテルなりタクシーカウンターなりでクーポンを買うのが一般的だ。郷に入ってはなんとやらだけど、正直なんだかなぁ、という気分。

 コタキナバルまでは、マレーシア航空で。金額的には断然エアアジアなのだけど、帰りの乗り継ぎを考えるとこちらの方が間違いがない。スルーで日本まで荷物を預けられるし。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マカオジョッキークラブ複合施設化へ

 澳門賽馬會(Macau Jockey Club)は[乙水]仔(Taipa/タイパ)にある競馬場を複合施設化することを発表。従来の競馬開催は行いながら現存する一般スタンドの4コーナー側に隣接する形で中規模の娯楽コンプレックスを建造する。
 中でも目玉は駿景水療坊(Race View Spa)と呼ばれるスパ施設で、入場者は周辺のスパ/サウナ施設同様に飲食・マッサージなどのサービスなどのリラクゼーションサービスを受けながら、馬券・犬券・他競技(サッカーやバスケットボールなどの他国のスポーツ)くじを購入することが可能に。入場時に一律の金額をデポジットし、ロッカーキーを使用して専用端末及び有人窓口で購入する。的中すれば確定と同時に残高にプールされ、その残高を上限に購入することができる。この辺りのシステムは中央競馬のiシートや競艇などで導入されているものと同じようなものでないかと。睡眠区があるかどうかは今のところ不明。
 
 

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。