主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年02月09日

ナナニトウガラシ手羽先

 書こうと思ってすっかり後回しになっていた話題をひとつ。
 以前、エイプリルフールのエントリで、澳門賽馬會でも日本食を展開というネタを書いたが、いつの間にか本当に導入されてやがりました。
 信徳中心にある香港側のクラブハウスには「喜駿」という名前で日本食レストランを開設。メニューを見る限り、やっぱり香港テイストが加味されている気がするけど、確かにカテゴリで言えば日本食。
 さらに、1月に訪問した際に、[乙水]仔馬場のクラブメンバースタンド側のメニューにもいくつか日式のものを発見。普段は絶対に行くことがないエリアなのだが、このときはお客さん扱いしてくれた(香港以上に歓待を受けた)ので知ることができた。
 まず、「日式[ロ加][ロ厘][火局]猪[才八]飯」。英語で書くと”Baked Rice with Pork Chop and Curry Sauce”。つまり「ポークチョップカレードリア」。全然日本食じゃねぇ!と声が聞こえてきそうですが、じゃあどこにカテゴライズされるのがしっくりくるかというと、やっぱり日本食なんでしょう。ちなみに似たようなのは、茶餐廳にも陸羽茶室にもあったりします。すごいね、カレードリア。
 もひとつあったのが、「七味炸鶏翼」。英語表記では”Deep Fried Chicken Wings with Nanani Togarashi”。


 ななに?


 ちょっと惜しい。

 これは実際に食べてみましたが、実体は世界の山ちゃん風味の手羽先。ビールが飲みたくなるこりゃまさしく日式。できれば一般席でも食えないもんかなぁと思うんですが。香港でも鶏モモって人気だし。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする