主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年02月28日

コレクション荒っぽい勝利

 沙田日賽。

 第7Rに、香港三冠系列(HK Triple Crown Series)の第2戦、香港金盃(HK Gold Cup/ホンコンゴールドカップ T2000m 3yo+ 香Gr1)。
 勝眼光(Sight Winner/サイトウィナー)が好スタートからハナへ。離れて包装大師(Packing Winner/パッキングウィナー)が2番手。爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)が中団のやや前めに位置し、マークするように直後に自由好(Thumbs Up/サムズアップ)、さらにその直後に1番人気の陂b一句(Collection/コレクション)、その後ろに好[父/巴][父/巴](Good Ba Ba/グッドババ)が控える並び。先に動いたのは自由好。3コーナーで爆冷の外に並んでいくと、後方勢も進出を開始。陂b一句が持ったままでじわっと前へ行くのに対し、好[父/巴][父/巴]は鞍上の都爾(B Doyle/ブレット・ドイル)は激しいアクション。直線に向いて残り200mを切ったところで、外を回った陂b一句が外から内に切れ込みながら一気に先頭に突き抜け、昨年の香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)以来のG1勝利。ただ、抜け出すときに一つ内側にいた自由好とその直後にいた爆冷が急ブレーキ。日本ならたぶん降着のケースで、案の定、2着だった自由好陣営から抗議。結果、着順は覆らずも、白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)に2開催日の騎乗停止と4万HKDのペナルティの処分。
 勝った陂b一句は次走、Dubai World Cup(杜拜世界盃/ドバイワールドカップ)に向かうかも、と。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

ヒキコサタデー

 澳門[乙水]仔日賽。澳門黃金集團のスポンサーデー。

 第5Rに芝1800mの1・2班(70+)戦、發財盃(Fat Choy Cup)。
 禪山駿(Simshan Pegasus/シムシャンペガサス)が先手を取り、2番手に嘉林之寶(Ka Lam Fortune/カーラムフォーチュン)花臣(Farson)が続いた。3コーナーで名都(Tom Paris/トムパリス)が加わり、4コーナー手前では滿貫之星(Bingo Star/ビンゴスター)偉寶之星(Sapphire Stone/サファイアストーン)も進出。直線に向いて脚色が良かったのは、インを突いた偉寶之星。これに大外を回った白玉駒(Best Jade Horse/ベストジェイドホース)が差を詰めようとするが、伸びを見せたのは直線半ばまで。残り100mで一旦下がった滿貫之星が息を吹き返し、ゴール直前で偉寶之星を再度差し切った。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

グッドコントロールがドバイで2着

 まずはお知らせ。
 福山競馬では3月28日に行われるファイナルグランプリに出走する馬のファン投票を受付けています。ネットでの投票はこちらから。アラブも投票の対象になっとります。兵庫と高知の強い馬相手に、アラブが戦える数少ないチャンスぜよ。


 マカオからドバイに遠征中の百事盈(Good Control/グッドコントロール)が2月25日のメイダン開催第2R(AWT1200m)に出走。Star Crownedと叩き合いの末、惜しくも頭差の2着に敗れた。2着でも賞金は2万4千USD。

 マカオでは[乙水]仔夜賽。
 第4Rに1&2班サンド1050mの加力夫(The Curragh)。
 ロケットスタートを決めた濠江之仁(Chimemaster/チャイムマスター)を制して玩具勁(Toy's Power/トイズパワー)がハナへ。直線に向いて、内ラチ沿いから濠江之仁が抜き去りにかかるも、玩具勁が粘りを見せて、直線一杯を使って2頭の叩き合いに。わずかに内から濠江之仁がゴール前では前に出て接戦を制した。すごい大外をブン回していた多歡笑(Happy Forever/ハッピーフォーエバー)が3着。も少し差を詰められたんでは?と思うくらいの距離ロスだった。

 余健雄(K H Yu/ロジャー・ユー)はこの日3勝の固め撃ち。勝率が2割超えとる。
 

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

グッドババ、ドバイ遠征へ

 2月28日に行われる香港金盃(HK Gold Cup/ホンコンゴールドカップ)に出走予定の好[父/巴][父/巴](Good Ba Ba/グッドババ)は、その後の目標として3月27日にドバイ・メイダン競馬場で行われるDubai Duty Free(免税店盃/ドバイデューティフリー)への遠征を明言。それはそれで見に行きたいが、体と金が足りん。

 元香港の見習い騎手で、今年からマカオで騎乗中の余健雄(K H Yu/ロジャー・ユー)が、金手槍(Golden Pistols/ゴールデンピストルズ)の鞍上として3月6日に沙田馬場で行われるマカオとの交流競走、港澳盃(HK Macau Trophy/ホンコンマカオトロフィー)に参戦。また同じレースに出走する爆燈(Viva Pronto/ビバプロント)の鞍上も香港を追われた錢健明(K M Chin/スタンレー・チン)である他、溢勝皇寶(Nittan's Crown/ニッタンズクラウン)の鞍上が戴勝(S Dye/シェーン・ダイ)、黃金可愛(Eclair Fantastic/エクレアファンタスティック)に[ン先]文諾(M Nunes/マヌエウ・ニュネス)が騎乗し、ちょっとした元香港騎手祭り。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

ロイヤルアーミーがミリオンチャレンジ優勝

 [足包]馬地夜賽。

 カップ戦はない一方で、CSL百萬挑戰盃(CSL Million Challenge)が最終フェーズ。この日を迎える時点での首位は53ポイントの龍武軍(Loyal Army/ロイヤルアーミー)。以下、46ポイントの士多啤梨(Strawberry/ストロベリー)、44ポイントの紅封包(Nugget Warrior/ナゲットウォリアー)、42ポイントの威利多多(Norman Invader/ノーマンインベーダー)が優勝圏内。

 まず第6Rの1班芝1200m戦に威利多多が出走。優勝には1着が最低条件だったが、好位を追走するも直線で一杯になり、ブービー負け。勝ったのはマイペースで逃げた八運寶(Our Lucky Baby/アワラッキーベイビー)

 続いて第7Rの3班芝1650m戦に士多啤梨が出走。好位のイン3番手を追走をしたが、前半に折り合いを欠いたのが影響したのか直線では全く伸びずドベ敗退。

 第8Rの3班戦に龍武軍と紅封包が出走。積極的に2番手の外を追走した紅封包だったが、直線で売り切れて10着。龍武軍はドサクサに紛れて4着を確保で、3ポイントを加算し、合計56ポイントでシリーズ優勝を決めた。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

ダオダオ、フューチュリティSに出走

 元香港所属でシンコウフォレスト産駒のDao Dao(大脳/ダオダオ)が、2月27日にCaulfield競馬場で行われるFuturity Stakes(未来錦標/フューチュリティステークス)に出走。鞍上には香港から出張騎乗の柏寶(B Prebble/ブレット・プレブル)。前週に引き続き、オーストラリアとの過酷な往復である。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

グッドババの鞍上はドイルに

 世紀(?)の2並びデー。

 2月28日に行われる香港金盃(HK Gold Cup/ホンコンゴールドカップ)に出走予定の好[父/巴][父/巴](Good Ba Ba/グッドババ)の鞍上は、杜利莱(O Doleuze/オリビエ・ドルューズ)から都爾(B Doyle/ブレット・ドイル)に乗り換わり。

 今シーズンから香港で騎乗を開始した見習いの梁家偉(K W Leung/ケビン・リョン)に、3月10日からのハッピーバレー競馬場での騎乗許可が下りた。

 3月6日に沙田馬場で行われるマカオとの交流競走、港澳盃(HK Macau Trophy/ホンコンマカオトロフィー)のエントリー締め切り。マカオ側からは石橋守騎手の騎乗で秋季錦標(Autumn Trophy/オータムトロフィー)などを勝った金手槍(Golden Pistols/ゴールデンピストルズ)もエントリー。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

圧勝でどうするセイクリッドキングダム

 沙田日賽。
 第8Rに香港速度系列(HK Speed Series/香港短距離三冠)の2戦目である主席短途獎(Chairman's Sprint Prize/チェアマンズスプリントプライズ T1200m +3yo 香Gr1)。蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)鳥語花香(Happy Zero/ハッピーゼロ)に人気は集中。
 帝聖龍駒(Regency Dragon/リージェンシードラゴン)がハナを奪い極奇妙(Ultra Fantasy/ウルトラファンタジー)がやや離れて2番手。鳥語花香は5番手に続き、その直後をゆったりと蓮華生輝が追走。直線に向くところで、鳥語花香同一世界(One World/ワンワールド)を従えて外に持ち出し、蓮華生輝はインを選択。蓮華生輝の前に壁ができるが、じっくりと進路の開きそうなところを定め、極奇妙の外が開いたところでズバっと突き抜け、新力勁(Sunny King/サニーキング)以下に1馬身1/4の差をつけて勝利。鳥語花香は直線で本来の伸びを欠き3着まで。
 蓮華生輝はこれでGr1を3連勝し、通算5回目のGr1勝利。いよいよ次は高松宮記念、と行きたいところだが、香港速度系列の三冠達成にもリーチがかかって、もう少し思案する様子。4着だった同厩舎の極奇妙は高松宮記念への遠征を決めた様子。また、7着の同一世界がDubai Golden Shaheen(杜拜金莎軒錦標/ドバイゴールデンシャヒーン)に遠征するとのこと。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

マカオギニー前哨戦はドクターシバゴ

 澳門日賽。
 第5Rに新設された澳門堅尼預賽(Macau Guineas Prelude/マカオギニープレリュード T1400m 4yo 澳Gr3)。定量戦なので、レーティングがほぼそのまま人気順。
 大外からスピードに乗った爆料(Viva Pronto/ビバプロント)が一気にハナを奪い、聯一永勝(Luen Yat Forever/リュンヤッフォーエバー)が直後その外、最内からコーナーワークで3番手に上がった拍[木當]福星(Dr Zhivago/ドクターシバゴ)がこれに続いた。3コーナー過ぎからレースはこの3頭の争いに絞られ始め、直線ではそのまま3頭の叩き合いに。爆料が脱落し、最後は2頭の追い比べになったが、終始インで余力を残した拍[木當]福星が競り勝った。

 第3Rに1班芝1000mの時代地産賀歳盃(Times Property Lunar New Year Cup)。
 断然人気の黃金之星(Golden Star/ゴールデンスター)が、スタートで安めを売りながらも、行き脚ついて先頭に立つと、後続を全く意に介さずにそのまま逃げ切り。2着にはインで立ち回った喜ス豪情(Joy And Pride/ジョイアンドプライド)


 香港から唯一人オリンピックに出場中の韓月雙(Y S Han/ハン・ユーシュン)選手が、ショートトラック1500mの予選第2組に出場も突破ならず。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

ポテたま丼攻撃

 春節後一発目のバリアトライアル。といっても全天候1200mに1組のみ。萬事佳(Multiglory/マルチグローリー)が好スタートから先手を取ると、スイスイとそのまま後続に5馬身差をつけてゴールまで駆け抜けた。昨年のPrix Du Jockey Clubを4着、Prix Nielが2着の実績があり、香港移籍後にBeheshtamから改名した愜意小開(Carthage/カルタゴ)が初登場するも、全くついていけず大きく離されて入線。もちろん追試。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

マルコ・ツョイ1年間ライセンス停止

 メイダン第2R(AWT1200m)に、マカオから遠征中の百事盈(Good Control/グッドコントロール)が出走。外め4番手の追走から、直線では一旦3番手まで上がったものの、最後は脚が上がって6着に敗れた。

 1月20日の[足包]馬地夜賽の後に行われたランダム尿検査で、禁止薬物であるケタミンの陽性反応が検出され、同時に採取されたB検体についてもフランスでの検査の結果、陽性反応が検出された徐君禮(K L Chui/マルコ・ツョイ)は、1年間のライセンス停止処分となった。騎乗停止が1月25日から執行されたため、ライセンス停止も遡って1月25日から1年間となる。昨年5月にも同様の事由で半年間のライセンス停止処分を受けており、復帰後1年と経たないうちの再犯のため、1年間の処分となった。

 2月28日に行われる香港金盃(HK Golod Cup/ホンコンゴールドカップ)に出走する自由好(Thumbs Up/サムズアップ)には蘇銘倫(C Soumillon/クリストフ・スミヨン)が、このレースから香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)を狙う君子一言(FAIR Trade/フェアトレード)に戴勝(S Dye/シェーン・ダイ)が、それぞれビジター騎乗する。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

れっつケツ合わせ

 半姉に04年の南アフリカの牝馬Gr1、Cape Breeders' Cup Paddock Sを勝ったAngelinaを持つ金同コ(Tiger Prawn/タイガープローン)が退役。1月20日の[足包]馬地の1班芝1200m戦の8着を最後に、調教も行っていなかった。06/07シーズンに記録した4班〜3班での4連勝を含め通算18戦6勝。最高評分は07年11月〜08年12月の100。

 柏寶(B Prebble/ブレット・プレブル)は土曜日にコーフィールド競馬場で行われるBlue Diamond S.でEvidentiaに、Oakleigh PlateでEagle Fallsに騎乗する。翌日の香港での騎乗には間に合う予定。

 マカオからドバイに遠征中の百事盈(Good Control/グッドコントロール)が2月18日のメイダン開催第2R(AWT1200m)に出走予定。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

ダービーに向けて続々名乗り

 沙田日賽。8万5千人超が来場。すげえ。

 第9Rに4歳シリーズの2戦目、香港打[ロ比]預賽(HK Derby Trial/ホンコンダービートライアル)。1戦目の香港経典一哩賽(HK Classic Mile/ホンコンクラシックマイル)を楽勝した締造美麗(Beauty Flash/ビューティフラッシュ)が単勝1.6倍で断然の1番人気。愛[足包]得(Cerise Cherry/セリーズチェリー)が装鞍所で鼻出血を発症しスクラッチ。
 陽明好好(Tuskan Spirit/タスカンスピリット)が先手を取るも、3コーナー手前では香港初出走の加州萬里(California Memory/カリフォルニアメモリー)が前へ。前走はハナを切った締造美麗はその直後でじっくりと前を伺う。直線に向いて満を持して追い出した締造美麗だったが、思ったほどの爆発を見せられず。どうにか陽明好好を交わして先頭に立つも、道中は最後方待機の至勇威龍(King Dancer/キングダンサー)極品絲綢(Super Satin/スーパーサテン)が外から並んで強襲。一番脚色の鋭かった至勇威龍が最後にクビひとつ抜けて勝利。極品絲綢が2着に続き、締造美麗は根負けしたように3着。混戦から差を詰めた魔法幻影(Irian/イリアン)が4着に続いた。
 加州萬里に騎乗の蔡明紹(M Chadwick/マシュー・チャドウィック)はゲート内で右肩を負傷したため以降のレースを乗り代わり。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

春の遠足計画

 初ニ。

 香港的な話題はお休み。

 午前中にデスクワークをやっつけ、昼過ぎから初日の船橋。到着して、ちょうど始まろうかというばんえい併売のトークショーの会場に行ったら、呼び込み要員のお手伝い任務が待っていた。誰の行いが悪いのか知らんが、ここ最近の船橋の初日ってば、毎回毎回天気が悪い。去年の8月には台風が来たっけ。この日はさらに寒い。寒くて新聞配る手がかじかんで使い物にならなくなったが、どうにかノルマ(?)は完了。収支も限りなくトントンのチョイ浮きで終了。

 競馬終了後はいつものコース。今週も登場のO助手と、この春の遠足について調べたり。有力候補がトルコから、お財布と日程の事情でバンコク起点のアジア周遊と徐々にスケールダウンしていき、とりあえずシンガポール+マレーシアという方針に。日程次第ではコタキナバルも、ということになったのだけど、ロイヤルサバターフクラブの開催日程が見つからん。ボルネオまで行くなら赤道も越えてみたいかも。徒歩で。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

春節

 新年快樂!情人節快樂!恭喜發財!

 今年の春節はバレンタインデーと同日。盆と正月どころじゃない大騒ぎらしい。正月は一緒なので、バレンタインデー>盆つうことか(違う)。

 でもって、開幕したバンクーバー五輪。雪にも氷にも縁のなさそうな香港からも、実は1人だけ選手が参加してる。トリノに続いて参戦の女子ショートトラックの韓月雙(Y S Han/ハン・ユーシュン)選手だ。この日(現地では13日)行われたショートトラック500mの予選に、その韓月雙が登場。予選の第8組から準々決勝進出を目指したが、健闘むなしく3着で予選落ちとなった。1500m(予選2月20日)と1000m(同2月24日)にも出場を予定しているので、こちらも引き続き応援しよう。


 午後から府中。特に何があったわけでもなく、挨拶と根回しとちょっとプラス収支で終了。フォゲッタブルとディープインパクトをこじつけるのって、なんか好きになれん。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

09/10最高値馬はエリートジュエリー

 昨年12月に行われた香港國際馬匹拍賣會(HK International Sale/香港国際セール)の上場馬中、最高値の570万HKDで購入された父:Exceed And Excel × 母:Dubai Express(母父:Zabeel)が、首飾騰寶(Elite Jewellery/エリートジュエリー)の名前で登録。オーナーの董滿輝(M F Tung)氏は、昨年の香港打[ロ比]預賽(HK Derby Trial/ホンコンダービートライアル)を勝った首飾奇寶(Unique Jewellery/ユニークジュエリー)も所有している。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

ニンニク充填フライデー

 澳門[乙/水]仔夜賽。

 第4Rに1班サンド1300mの巴利納(Ballina)。
 ノシをつけて襌山客(Simshan Native/シムサンネイティブ)が先行し、そと目から濠江之仁(Chimemaster/チャイムマスター)が2番手、そのイン半馬身差に爆燈(Viva Hong Kong/ビバホンコン)が続いた。スイスイと飛ばす襌山客を直線入り口までじっくり可愛がるように追走した爆燈が、直線に向くとスッと外に持ち出して、ゴーサインに応えて先頭に。馬群を縫うように上がってきた爆發(Viva Amour/ビバアムール)が、ゴール前で差を詰め、同じ勝負服の戦いとなったが、半馬身ほど爆燈がしのいで勝利。これで2連勝。同厩舎同馬主、というか何鴻[火/榮]何(スタンレー・ホー)氏の持ち馬ワンツー。
 直線に向いたところで、後方を追走していた太陽無敵(Sunshine Sure Win/サンシャインシュアウィン)がつまづいて落馬、競走中止。

 第2Rで騎乗した輝煌駿駒(Glorious Trojan/グロリアストロヤン)が勝ち、鞍上の余健雄(K H Yu/ロジャー・ユー)は、現役復帰して以降3日連続勝利。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

祝日らしく休業

 今シーズン、ここまで4勝でリーディング最下位の薛達志(A Schutz/アンドレアス・シュッツ)厩舎。その薛達志師が、この不振の原因がアシスタントトレーナーである鍾占祺(C K Chung/リッキー・チョン)氏の責任だとして、両名の関係性がここにきて一気に悪化し、その両名から一緒に働きたくないとの申し出が香港賽馬會にあったため、鍾占祺氏については薛達志厩舎での業務から解除し、薛達志厩舎には臨時でアシスタントを振り当てることになった。
 好[父/巴][父/巴]で安田記念に遠征に来たときも、いろいろと後出しの言い訳をする調教師だなぁ、と思ったものであるが、こういう騒動になると、それも納得と思えてしまう。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

スイートサネット2連勝

 [足包]馬地夜賽。

 カップ戦はなく、第8Rに1班芝1000m戦。
 じわっと先手を取った金コ寶(Sweet Sanette/スイートサネット)威利多多(Norman Invader/ノーマンインベーダー)が道中競りかけるも、これを意に介さない金コ寶の逃げ足は全く衰えず、直線に向いて第2グループから脚を伸ばした聖法理(St Fevre/サンフェーブル)桃李滿門(Holey Dollar/ホーリーダラー)の追撃も楽々と振り切って逃げ切り勝ち。
 勝った金コ寶はこれで2連勝。南アフリカから移籍し、3戦2勝2着1回とした。移籍前にはGr3のSycamore Sprintを勝っている。

 第7Rで薛寶力(A Suborics/アンドレアス・スボリッチ)が危険騎乗を行い、2開催日の騎乗停止処分。


  続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ナナニトウガラシ手羽先

 書こうと思ってすっかり後回しになっていた話題をひとつ。
 以前、エイプリルフールのエントリで、澳門賽馬會でも日本食を展開というネタを書いたが、いつの間にか本当に導入されてやがりました。
 信徳中心にある香港側のクラブハウスには「喜駿」という名前で日本食レストランを開設。メニューを見る限り、やっぱり香港テイストが加味されている気がするけど、確かにカテゴリで言えば日本食。
 さらに、1月に訪問した際に、[乙水]仔馬場のクラブメンバースタンド側のメニューにもいくつか日式のものを発見。普段は絶対に行くことがないエリアなのだが、このときはお客さん扱いしてくれた(香港以上に歓待を受けた)ので知ることができた。
 まず、「日式[ロ加][ロ厘][火局]猪[才八]飯」。英語で書くと”Baked Rice with Pork Chop and Curry Sauce”。つまり「ポークチョップカレードリア」。全然日本食じゃねぇ!と声が聞こえてきそうですが、じゃあどこにカテゴライズされるのがしっくりくるかというと、やっぱり日本食なんでしょう。ちなみに似たようなのは、茶餐廳にも陸羽茶室にもあったりします。すごいね、カレードリア。
 もひとつあったのが、「七味炸鶏翼」。英語表記では”Deep Fried Chicken Wings with Nanani Togarashi”。


 ななに?


 ちょっと惜しい。

 これは実際に食べてみましたが、実体は世界の山ちゃん風味の手羽先。ビールが飲みたくなるこりゃまさしく日式。できれば一般席でも食えないもんかなぁと思うんですが。香港でも鶏モモって人気だし。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする