主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年01月31日

ダブルG1は人気馬明暗

 沙田日賽。

Sacred100131.jpg

 ダブルG1は、まず第7Rの香港速度系列(Hong Kong Speed Series/香港短距離三冠シリーズ)の初戦、KENT & CURWEN百週年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup/センテナリースプリンtカップ T1000m 3yo+ 香Gr1)。断然人気は香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)で完全復活を遂げた蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)
 大外枠からの発走だった蓮華生輝は外ラチ沿いには行かず、ゲートから出たまま真っ直ぐのポジション。おそらく外ラチに寄せることで囲まれるのを嫌っての作戦で、結局最短距離を走っているので、難なく3番手を確保。ハナを切った極奇妙(Ultra Fantasy/ウルトラファンタジー)を、「いつでも交わせるよー」とじっくり可愛がった蓮華生輝。残り200mを切ったところで、「さて、そろそろ行きますか」とばかりに軽く仕掛けると、あっさりと前を捕らえてG1連勝。極奇妙が粘って2着、2番人気の同一世界(One World/ワンワールド)が3着。
 さて気になるのは勝った蓮華生輝の今後。ドバイに行くのか高松宮記念に行くのかその動向に注目が集まったが、5月のシンガポール遠征を最終目標に入れつつ、まずは2月21日の主席短途獎(Chairman's Sprint Prize/チェアマンズスプリントプライズ)を使って、その後に結論とのこと。とりあえず、わしはどっちでも着いて行くでござる。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。