主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年01月10日

チャドウィック最速見習い卒業

 周大福がスポンサーの沙田日賽。

 第7Rに重賞の洋紫荊短途錦標(Bauhinia Sprint Trophy/ボウヒニアスプリントトロフィー T1000m 3yo+ 香Gr3)。昨年11月に同じ距離の1班戦を勝って以来の風火神駒(Blaze King/ブレイズキング)が1番人気。
 スタートと同時に全馬外ラチに大集合。風火神駒が先手を取り、酒勝(Wine Win/ワインウィン)が2番手から。残り500mを切って予想に反して風火神駒の手応えが微妙になると、酒勝とじわじわと馬群を割って出た2番人気の紀利威龍(Craig's Dragon/クレイグズドラゴン)が先頭に。この2頭の叩き合いを紀利威龍が制して先着。後方から最後の200mを一瞬で伸びた開心歡笑(Nightlign/ナイトライン)が強襲し2着。風火神駒は結局4馬身差の6着。レース後気管に炎症が見つかった。
 勝った紀利威龍は重賞初挑戦でいきなり初制覇。鞍上の柏威廉(W Pike/ウィリアム・パイク)も香港重賞初勝利となった。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。