主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年01月06日

スボリッチいきなり騎乗停止

 新年最初の[足包]馬地夜賽。

 第7Rに3班1200mのカップ戦、紀利華木球會挑戰盃(The Craigengower Cricket Club Challenge Cup)。
 連利福星(Glenealy Star/グレネリースター)が好スタートを決めるも、押して外から駿馬繽紛(Fly Me To The Moon/フライミートゥザムーン)がハナへ。4コーナー手前で源活海(Esperanza/エスペランザ)が一気に前に並んで直線に向くと、駿馬繽紛源活海の間からスパッと断然人気の美猴王(Tai Sing Yeh/タイシンイエー)が突き抜け、さらに間を割ってきた歡呼星(Vaugirard/ヴォージラール)以下に1馬身3/4差をつけて勝利。美猴王は[足包]馬地の1200mのみ走り3戦3勝。

 第5Rの4班戦1800m、友誼奧運(Olympicship/オリンピックシップ)が勝ち、管理する文家良(K L Man/マンフレッド・マン)師は通算200勝を達成。
 このレースの1周目のスタンド前で無理に内に切れ込んだとして再來旺財(Jolly Wongchoy/ジョリーウォンチョイ)に騎乗の薛寶力(A Suborics/アンドレアス・スボリッチ)は2開催日の騎乗停止。短期騎乗初日だっつうのに…。
 それとは別に同じ第5Rの4コーナーで、徐君禮(K L Chui/マルコ・ツョイ)騎乗の火耀雷霆(Breaking Point/ブレーキングポイント)が転倒し、それにつまづく形で馬偉昌(W Marwing/ウェイチョン・マーウィン)騎乗の常盈(Sure Gain/シュアゲイン)も転倒し2頭が落馬。徐君禮はその後の2鞍の騎乗を見送ったが、大きな怪我はない模様。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする