主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年01月05日

今日は何曜日じゃ?

 新春一発目のバリアトライアル。

 1組目(T1000m)に昨年のドイツのGr2競走MEHL-MULHENS-RENNEN-German 2000 Guineas(メールミュルヘンスレンネンドイツ2000ギニー)を勝ち、その後PRIX JEAN PRAT(ジャンプラ賞)3着、PRIX JACQUES LE MAROIS(ジャクルマロワ賞)4着の成績を収めた魔法幻影(Irian/イリアン)が初登場。11頭立て8着でパス。
 2組目(同)に昨年のオーストラリアGr3のRED ANCHOR Stks.(レッドアンカーステークス)を勝ったMillbank改め分秒傳奇(Time Legend/タイムレジェンド)、T J SMITH PLATE(TJスミスプレート)3着のSouthport改め歡歡樂樂(Happy Prestige/ハッピープレスティージ)が初登場。10頭立てで分秒傳奇が4着、歡歡樂樂が6着でそれぞれパス。
 6組目(T1600m)には、12/19の香港移籍初戦で11着に敗れた威利旺旺(Super Pistachio/スーパーピスタチオ)が仕切り直しで登場。あっさりと10頭立ての1着。敗因はやはり距離か。ちなみに移籍前はWestphaliaの名前で走り、イギリスGr2のCHAMPAGNE Stks.(シャンパーニュステークス)を勝ったほか、POULE D'ESSAI DES POULAINS(プール・デッセ・デ・プーラン/フランス2000ギニー)3着(繰り上がり)、PRIX DU JOCKEY CLUB(ジョッケクルブ賞/フランスダービー)3着とフランスクラシック路線で好走している。
 8組目(AWT1050m)に昨年の2000GUINEAS(2000ギニー)7着、ST. JAMES'S PALACE Stks.(セントジェームズパレスッステークス)6着があるPure Poetry改め怡喜(Cheerful Delights/チアフルデライツ)が登場するも、パスできず。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする