主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2010年01月31日

ダブルG1は人気馬明暗

 沙田日賽。

Sacred100131.jpg

 ダブルG1は、まず第7Rの香港速度系列(Hong Kong Speed Series/香港短距離三冠シリーズ)の初戦、KENT & CURWEN百週年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup/センテナリースプリンtカップ T1000m 3yo+ 香Gr1)。断然人気は香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)で完全復活を遂げた蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)
 大外枠からの発走だった蓮華生輝は外ラチ沿いには行かず、ゲートから出たまま真っ直ぐのポジション。おそらく外ラチに寄せることで囲まれるのを嫌っての作戦で、結局最短距離を走っているので、難なく3番手を確保。ハナを切った極奇妙(Ultra Fantasy/ウルトラファンタジー)を、「いつでも交わせるよー」とじっくり可愛がった蓮華生輝。残り200mを切ったところで、「さて、そろそろ行きますか」とばかりに軽く仕掛けると、あっさりと前を捕らえてG1連勝。極奇妙が粘って2着、2番人気の同一世界(One World/ワンワールド)が3着。
 さて気になるのは勝った蓮華生輝の今後。ドバイに行くのか高松宮記念に行くのかその動向に注目が集まったが、5月のシンガポール遠征を最終目標に入れつつ、まずは2月21日の主席短途獎(Chairman's Sprint Prize/チェアマンズスプリントプライズ)を使って、その後に結論とのこと。とりあえず、わしはどっちでも着いて行くでござる。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

まさかのホールドアップ

 1班戦3勝の実績がある開心多多(Full Of Joy/フルオブジョイ)が退役。香港移籍前の05/06シーズンのNZ 2000 Guineasで5着、07/08シーズンの港澳盃(HK Macau Trophy/ホンコンマカオトロフィー)で3着の実績。移籍前11戦1勝、移籍後30戦3勝。

 香港でサイマルキャスト発売されたCoolmore Lightning Stakes(古摩亞閃電錦標/クールモアライトニングステークス)は4歳馬のNicconi(利確來/ニッコーニ)が勝利。Nicconiってニッコーリって聴こえる。管理するのは香港でも開業していたD Hayes(大衛希斯/デビッド・ヘイズ)師。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

ジェベルアリ

 澳門[乙水]仔夜賽。

 第4Rに1班サンド1050mの賓達華(Bundarra)。
 5連勝中で単勝では断然の人気を集めた黃金之星(Golden Star/ゴールデンスター)と、喜ス豪情(Joy And Pride/ジョイアンドプライド)が並んで先行。4コーナーで黃金之星が先頭に立ちそのまま逃げ込み態勢に入るも、ここからの伸びを欠き失速。替わって4コーナーでインコースから進出してきた宮殿福將(Palace General/パレスジェネラル)が涼しい顔でこれをかわし去りそのまま1着。2着には先行勢の直後でレースを進めた濠江之仁(Chimemaster/チャイムマスター)

 尿検査で陽性反応が出た徐君禮(K L Chui/マルコ・ツョイ)は、自身のFacebookに、「My career is finished!!!!!(no more update)」と書き記した後、アカウントも削除したとか。

 土瓜湾で半世紀を越える築年数の唐楼が突然崩壊という大事故。内装工事中にどうも触ってはいけなところを触ってしまったというのが有力らしい。犠牲者の中にはここで開業していた141の女性いたとか。ドバイでもワールドニュース内で報道されていた。ブレア首氏の証人喚問の次に大きなニュースであった。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

ドバイです(追記あり)

 無事に…、というわけではありませんが、ドバイに着きました。隣の席のお兄ちゃんが明らかに風邪(しかもタチ悪そうなの)で、長い道中げんなりでした。

 あと、うちのブログ、相変わらずイスラムブロックの対象になっとります。とりあえず、地全協のサイトは見られるので、差し当たってはセーフ。

 こちらは現在早朝7時になろうかというところ。ああ、競馬までの時間どう過ごそう。とりあえずホテルに向かって超早いチェックインができるか打診してみまする。

 ところで、ここからデイラってどう行けば安いんだ?(汗)


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 11:59| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

やらかした

 成田発イスタンブール行きは16時20分発だと思っていたら、その2時間前の14時20分発でした。


 ええ、やらかしました。


 まだ成田です。


 なんとか香港までのANAと、香港からのキャセイを確保。馬券で負けたと思えば許せる(?)金額内でリカバーできました。これから香港に向かいます。



 …イスタンブール行きたかったよう。。。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 18:22| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

れっつらめいだん

 ニュージーランドの女性騎手であるKatie Hercock(郭瓊/ケイティ・ハーコック)に澳門賽馬會が短期のライセンスを発行。2月1日から有効。また、すでにライセンスは発行されている余健雄(K H Yu/ロジャー・ユー)にもレースでの騎乗について許可が下りた。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

マルコ・ツョイ また薬物違反?

 董事盃(Stewards' Cup/スチュワーズカップ)に出走を予定していた鳥語花香(Happy Zero/ハッピーゼロ)は正式にこれを回避することに。1月19日にバリアトライアルに出走した際に、気管内に大量の出血が認められたため。2月2日か9日のバリアトライアルを経て、2月21日に行われる主席短途獎(Chairman's Sprint Prize/チェアマンズスプリントプライズ)で復帰予定。

 1月20日の[足包]馬地夜賽の後に行われたランダム尿検査で、徐君禮(K L Chui/マルコ・ツョイ)の尿サンプルから陽性反応が検出。Bサンプルの再検査が完了するまで、直ちに騎乗停止が確定。徐君禮は昨年の5月にも禁止薬物のケタミンを服用したとして、半年間の騎乗停止処分を受けており、今回はその処分が開けてからわずか2ヵ月後。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ビューティフラッシュが1冠目勝利

 沙田日賽。

 第8Rに4歳三冠の1冠目、Mercedes-Benz香港經典一哩賽(HK Classic Mile/ホンコンクラシックマイル T1600m 4yo 香Gr1)。1班戦を連勝中の締造美麗(Beauty Flash/ビューティフラッシュ)が断然の1番人気。
 大外からその締造美麗がスピードの違いで先行し、白玉駿駒(White Jade/ホワイトジェイド)が2番手。4連勝中で2番人気の喜勁飛(Algarve/アルガルヴェ)は中団のやや後方。ガッチリ抑えたままでも速い締造美麗の勢いは全く衰えず、直線に向いてスパートすると後続を突き放してそのまま逃げ切り。強い。中団でレースを進めた金獅威將(Chater Way/チャターウェイ)が直線馬場の真ん中を伸びて2着。
 鞍上の蘇銘倫(C Soumillon/クリストフ・スミヨン)は昨年の自由行(Thumbs Up/サムズアップ)での勝利に続いてこのレース連覇。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

グッドコントロールがメイダン初日出走へ

 澳門で昨シーズンにデビュー7連勝で3歳限定Gr3の里斯本短途錦標(Lisboa Prelude/リスボアプレリュード)を制した百事盈(Good Control/グッドコントロール)が、メイダン競馬場のこけら落とし当日のAWT1200m戦に出走の見込み。すでに昨年のうちにドバイに渡っており、現地で順調に調教をこなしているとのこと。


 
 午後から中山。えー、そりゃないぜよー的なお知らせを受けて軽く落胆。
 中山といえば、去年の12月の開催から継続中のラーメンフェア?ってかなりの行列という話を聞く割に、わしが覗きに行くと全然空いているのよね。競馬場の一般席で900円というだけでそりゃ高いだろうと思うし、わざわざ競馬場で食わんでもとも思ってるので、逆に行列ができている状況の方がなんだかなぁという気分である。馬券に使う金をラーメンごときに持っていかれていると思うと腹立たしいし。別にラーメンはキライじゃないのよ。ラーメンが一番だと思ってないだけで。

 中山からの戻りで、地元飲み仲間を召還し、学芸大学のわしの高校時代からの友人の店で晩飯。そのまま、近所の飲み屋に転戦したら、気がついたら明け方近くであった。眠い。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

マカオも唾吐き罰金に

 澳門[乙水]仔夜賽。

 第5Rに1班沙地1600mの奧爾伯里(The Albury)。爆燈(Viva Hong Kong/ビバホンコン)が単勝1.88倍の断然人気。
 襌山客(Simshan Native/シムシャンネイティブ)がダッシュ一番で先手を取ってそのまま先行。続く英銘神駒(Montalba/モンタルバ)の外から爆燈が行きたがるのを抑えまくって2番手。3コーナーに入って、もはや我慢の限界と爆燈が先頭に立つと、直後に迫った聯一永勝(Luen Yat Forever/リュンヤットフォーエバー)と直線いっぱいに使った叩き合いをどうにか制して勝利。とはいえ、馬の力でどうにか勝った印象。3着の太陽無敵(Sunshine Sure Win/サンシャインシュアウィン)とは11馬身3/4差。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

パチンコ玉切れ

 京樂飛翔(Pachinko/パチンコ)が1月1日のレースを最後に退役。香港のみで走り26戦2勝。単発当たりが2回のみで、確変なし。それが書きたかっただけなんだけど。

 昨年のToorak Handicap(澳Gr1)を勝ったAllez Wonderの半兄にあたる財子佳人(Perfect Match/パーフェクトマッチ)も退役。香港のみで走り25戦1勝。


 すっかり忘れていたけどお知らせ。
 ただいま発売中のサラブレ2月号に掲載の、「女性騎手たちの今」という記事を執筆させていただいています。是非、ご高覧ください。そういえば、Toorak Handicapを勝ったときのAllez Wonderの鞍上も女性騎手のM Payne(ミシェル・ペイン)であった。実際の記事では文字数の都合上、そこまで載せ切れてないのが痛恨。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

スタミナ丼つき卵かけゴハン

 [足包]馬地夜賽。

 第7Rに3班芝1800mカップ戦の警察盃(Police Cup)。[青見]到爆(Holiday Sun/ホリデーサン)が前日に取消し、スタンバイの天下寶(Able Dragon/エイブルドラゴン)が繰り上がり出走。
 軽快に逃げる輕越直前(Easy Ahead/イージーアヘッド)の番手を追走した士多[ロ卑]梨(Strawberry/ストロベリー)が、直線で輕越直前が売り切れると同時に抜け出し、ス[王路]ヲ寶(Yue Lu Treasure/ユールートレジャー)、同心同コ(New Chapter/ニューチャプター)らの追撃を振り切って勝利。これで2連勝。

 第8Rに1班芝1200m戦。
 逃げた新力高(Sunny Golf/サニーゴルフ)が直線で自滅し、並んで先行した威利多多(Norman Invader/ノーマンインベーダー)がそのまま逃げ込むかに見えたが、後方2番手を追走した開心風采(Perfect Style/パーフェクトスタイル)が馬群をこじ開けながら直線で伸び、ゴール直前で差し切り勝ち。

 第5Rで危険騎乗があったとして、杜利莱(O Doleuze/オリビエ・ドルューズ)は2開催日の騎乗停止。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

初の新生スカイピア

 この日のバリアトライアル3組目は10頭全馬が重賞勝ち馬の豪華メンバー。董事盃(Stewards' Cup/スチュワーズカップ)に出走予定の友誼至上(Fellowship/フェローシップ)勝眼光(Sight Winner/サイトウィナー)自由好(Thumbs Up/サムズアップ)歩歩穩(Able One/エイブルワン)好利威(Armada/アルマダ)、百周年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup/センテナリースプリントカップ)に出走予定の鳥語花香(Happy Zero/ハッピーゼロ)告F駿威(Green Birdy/グリーンバーディ)蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)點心(Dim Sum/デイムサム)に、好先生(Mr Medici/ミスターメディチ)というメンバー。
 トライアル自体は先行する點心の2番手を追走した歩歩穩が、いっぱいになった點心を交わしてそのまま先着。4番手入線の蓮華生輝は、道中は外ラチ寄りの最後方につけ、残り200mくらいで馬群側にシフトすると、ほとんど追わずに突き抜けそうな脚で前に迫った。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

セイクリッドキングダム来日も視野

 07/08シーズンの香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)を制した喜蓮福星(Helene Mascot/ヘレンマスコット)が昨年暮に退役したのと入れ替わりで香港にトレードされた、昨年のアイルランドの2歳Gr2、Futurity Stks.で2着だったMister Teeが、喜蓮智星(Helene Witty/ヘレンウィッティ)として馬名登録。

 暮れに行われた香港國際馬匹拍賣會(HK International Sale)で購買された各馬の命名も。

 Gulfstream Park Hを2勝を含むGr1を3勝したBehrensのいとこにあたる、父:Giant's Causeway × 母:In Truth(母父:Quiet American)は好精彩(Excellent Win/エクセレントウィン)に。

 母が06年のアイルランド最優秀古馬牝馬スプリンターで、祖母がOld VicSplash Of Colourの半妹の父:Rock of Gibraltar × 母:Moon Unit(父母:Intikhab)は神勇馬車(Brilliant Chariot/ブリリアントチャリオット)に。

 アグネスクリスタルの叔父にあたる、父:Mr Greeley × 母:Shawklit Delight(母父:Pine Bluff)は福建王者(Fujian Emperor/フュージャンエンペラー)に。

 
 3月に行われるドバイのAl Quoz Sprintを大目標に掲げていた蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)は、「やっぱりG3じゃちょっとなー」ということで、高松宮記念への遠征も視野に入れると東方日報。「日本遠征は諦めてないし、香港のスプリントGr1より賞金いいしー」とのことで、文字面からはやる気まんまん。果たして、3年越しの来日を果たせるか。つか、この馬が来日するなら、わしもドバイ行くのやめるんだけど。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

マカオ入厩日本馬デビューはまだ先

 澳門[乙水]仔日賽。

 第5Rに芝1200mの1-2班戦、伯利根(The Berrigan/ベリガン)。シーズンをまたいで4連勝中の黄金之星(Golden Star/ゴールデンスター)が大外枠にも関わらず断然の人気。
 その黄金之星がスタートから無人の荒野を往くが如く真正面目がけて先行。3コーナーの入り口から内に進路を向けると、その後も後続の追撃を許さず着差以上の完勝。2着に先行馬群の中で最後まで粘った拍[木當]福星(Dr Zhivago/ドクタージバゴ)
 勝った黄金之星はこれでデビュー2戦目から5連勝。デビュー戦の2着が惜しい。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

スーパーサテン4連勝

 沙田日賽。

 第2Rに2班芝1800mのカップ戦、半島金禧挑戰盃(Peninsula Golden Jubilee Challenge cup)。1班で惜しい3着が続く至勇威龍(King Dancer/キングダンサー)が1番人気。香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)に向けてここは勝っておきたい一戦。
 錢程萬里(Billion/ビリオン)至勇飛龍(Grand Dancer/グランドダンサー)が並んで先行。ペースは速くなく、ペースメーカーを送り込んだはずの至勇威龍にとってはありがたくない展開。直線に向いて、残り300mを切ったあたりで漂亮第一(Beauty Forever/ビューティフォーエバー)が抜け出すが、その外から道中後方から4番手を待機の極品絲綢(Super Satin/スーパーサテン)が差し切り、そのまま突き抜けてゴール。至勇威龍はゴール前でようやっと3着を確保。
 極品絲綢はこれで4連勝。これまでの3連勝が全て[足包]馬地のものだったが、これで沙田でもいける目処が立った。ということで、この後は香港打[ロ比]預賽(HK Derby Trial/ホンコンダービートライアル)を目指す。

 このレースで7着同着だった披星戴月(Moonwalk/ムーンウォーク)に騎乗の柏威廉(W Pike/ウィリアム・パイク)は危険騎乗があったとして、2開催日騎乗停止と罰金25000HKDのペナルティ。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

久々の深セン

 09年のDubai Golden Shaheenに出走し、前半に見せ場を作った幸運駿駒(Lcuky Quality/ラッキークオリティ)が退役。09年11月の香港短途錦標預賽(International Sprint Trial/国際スプリントトライアル)10着後、姚本輝(P F Yiu/リッキー・イゥ)厩舎から告東尼(A Cruz/アンソニー・クルーズ)厩舎に移籍したが未出走のまま抹消された。20戦5勝(うち海外1戦0勝)で、4勝が全天候の1200mという全天候巧者。レーティングが上がりすぎると、適当な番組がないのが悔やまれる。

 再三に渡る期間変更で香港賽馬會にライセンス申請を蹴られた蘇銘倫(C Soumillon/クリストフ・スミヨン)だったが、1/24に行われる香港經典一哩賽(HK Classic Mile/ホンコンクラシックマイル)での締造美麗(Beauty Flash/ビューティフラッシュ)についてはビジター騎乗が可能となり、当日は来港の見込みとのこと。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

カバンがない香港前夜

 1月6日から14日に行われたMagic Millions 2010 Gold Coast Yearling Saleで香港賽馬會は8頭を購入。

 父:General Nediym × 母:World Joy(母父:Anabaa)は、いとこにTJ Smith Stks.(TJスミスステークス)などGr1を3勝のBentley Biscuit、Stradbroke Stks.(ストラドブロークステークス)を勝ったThorn Parkらがいる。

 父:Encosta De Lago × 母:Crowned Glory(母父:Danehill)は、母がGolden Slipper Stks.(ゴールデンスリッパー)2着で、祖母の兄弟に種牡馬のZabeel、Baryshnikovがいる。

 父:Anabaa × 母:Ellista(母父:Magic Albert)は、叔父が女皇盃(Queen Elizabeth 2 Cup/クイーンエリザベス2世カップ)に出走したSuchisan(壽司先生/スシサン)。

 父:Encosta De Lago × 母:Mary Marvel(母父:Fusaichi Pegasus) は、祖母がQueensland Oaks(クイーンズランドオークス)を勝ったJoie Deniseで、叔母にGr1を4勝のTuesday JoyとAustralian Oaks(オーストラリアンオークス)の勝ち馬Sunday Joy姉妹がいる。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

新春肉祭り

 [足包]馬地夜賽。

 第6Rに1班芝1800mの一月盃(Januarty Cup)。
 先手を取った創佳績(Great Achievement/ウレートアチーブメント)を制して逃げた開心多多(Full Of Joy/フルオブジョイ)のペースはそれほど速くなかったものの、直線では後方待機組が台頭。後方から数えて2番手を終始追走していた衝鋒槍(Noble Conqueror/ノーブルコンカラー)が直線大外一気で差し切り勝ち。昨年3月以来の勝利。同じく後方待機組で、先に抜け出した真[ロ力]仔(Excellent Boy/エクセレントボーイ)が2着。前半にケンカしなかった創佳績が盛り返して3着。

 第2Rの4班(T1650m)を旅遊小子(Travel Guide/トラベルガイド)で勝った梁家俊(K C Leung/デレク・リョン)は、これで通算45勝となり、次開催より見習いアローワンスが7ポンドから5ポンドになる。

 第7Rで5着となった金紫荊(Golden Bauhinia/ゴールデンボーヒニア)に3-4コーナー間で危険騎乗があったとして、騎乗した蘇狄雄(T H So/ベン・ソー)は3開催日の騎乗停止。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

寝過ごし祭り

 余健雄(K H Yu/ロジャー・ユー)が澳門での騎乗ライセンスが下りた翌日、その兄の余健誠(K S Yu/アレックス・ユー)に対し、去年の11月に飲酒運転で検挙されたことについて5千HKDの罰金と免停3ヶ月の処分が下りた。弟が弟なら兄も兄かいな。


 孫子奇兵(Sun Trooper/サントルーパー)の半弟、馬友運(Zabeel Treasure/ザビールトレジャー)が抹消。香港プロパーで6戦0勝。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする