主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2009年01月28日

金玉滿堂

 農暦新年一発目の沙田日賽。

 メインは第8Rに組まれた1班芝1400mの賀年盃(Chinese New Year Cup/チャイニーズニューイヤーカップ)。前走重賞初挑戦で人気を裏切った紅衣司令(Brilliant Chapter/ブリリアントチャプター)が1番人気。
 ポンと先手を取った帝聖龍駒(Regency Dragon/リージェンシードラゴン)が1000mを59.6秒の楽なペースで先行し、ゴール前で馬群を割って伸びた開心(Survay Survay/サーベイサーベイ)に差を詰められながら逃げ切り勝ち。紅衣司令は横一線の3着争いを制するするのが精いっぱい。9着に敗れた永不回望(Never Look Back/ネバールックバック)は鼻出血を発症。
 勝った帝聖龍駒は3/1に行われる港澳盃(HK Macau Cup/ホンコンマカオカップ)を目指す予定。

 第1Rの5班戦を太平洋(Pacific Alliance/パシフィックアライアンス)に騎乗して韋健仕(J Winks/ジェイムス・ウィンクス)が勝利し、2開催目でめでたく香港初勝利。

 第7Rの4班戦を競駿會の競駿精英(Young Elite/ヤングエリート)が勝利。ちなみにジェニュイン産駒。

 第9Rの2班芝1200m戦に、Reve De Soleilの名で出走した昨年の英Gr2のRICHMOND Sで3着の白玉駿駒(White Jade/ホワイトジェイド)が移籍初出走。中団から伸びるでもなく止まるでもなく13頭立ての10着。勝ったのはBruxaarの名で出走した一昨年のニュージーランドGr1のLEVIN CLASSICで4着の実績がある金玉滿堂(Pot Of Gold/ポットオブゴールド)。これが移籍後初勝利。こんな名前だけど、「家の中が金銀財宝で満たされる」という意味の縁起のいい言葉の馬名。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。