主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2009年01月12日

初高知競馬

 脚部不安で戦線離脱中の蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)は2/1に行われる百週年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup/センテナリースプリントカップ)で復帰の予定。鞍上は今のところ鄭雨[シ眞](Y T Cheng/ハワート・チェン)が有力。

 昨年の2月にオーストラリアに帰国した戴勝(S Dye/シェーン・ダイ)が、1/18に香港でスポット騎乗を行うことに。香港經典一哩賽(HK Classic Mile/香港クラシックマイル)に出走予定の喜威寶(Vigor Delight/ヴィゴーデライト)に騎乗するため。また、今後についても同馬が出走予定の香港打[ロ比]預賽(HK Derby Trial/香港ダービートライアル)と香港打[ロ比]大賽(HK Derby/香港ダービー)当日もスポットで騎乗する見込み。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

クラウンズマスター、久々の勝利

 澳門[乙水]仔日賽。
 第7Rに主席挑戰盃(Chairman's Challenge Cup/チェアマンズチャレンジカップ T1200 3yo+ 澳Gr1)。宮殿福將(Palace General/パレスジェネラル)が前日に出走を取り消し、替わってここまで4戦無敗の爆料(Viva Pronto/ビバプロント)が出走。その爆料と一昨年のこのレースを制した獎門人(Crown's Master/クラウンズマスター) が人気を分け合った。
 澳洲情懷(Bennetts Green/ベネッツグリーン)と爆料がガリガリとやりあいながら先行し、その直後を獎門人と醒目開心(Warcat/ワーキャット)が続いた。4コーナーで爆料は早々と売り切れ、粘る澳洲情懷もいっぱいいっぱいでコーナーでは膨れ気味。その空いたインを獎門人がスコーンと抜け、そのままゴール。2着にもインを抜けた放下(Let Go/レットゴー)が入り、同オーナーのワンツー。しかもオーナーは香港の名優である曾志偉(C W Tsang/エリック・ツァン)氏。


 どえらい寒波到来。沙田馬場では最低気温2度で、芝コースに霜がおりた。凍死者出るぞ。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

インスピレーション、やっぱりフロック?

 沙田日賽。
 第8Rに貴金属チェーン店の周大福がスポンサーとなった洋紫荊短途錦標(Bauhinia Sprint Trophy/ボーヒニアスプリントトロフィー T1000m 3yo+ 香Gr3)。中団後方より徐々に押し上げた樂意洋洋(Kildare/キルデア)が、ゴール前でひと伸びを見せ重賞初挑戦ながら1番人気の支持に応えた。これで芝直1000mでは4戦3勝4連対。2着に2番人気の安畋(Enthused/インスーズド)。香港短途錦標(HK Sprint/香港スプリント)を制した創惑(Inspiration/インスピレーション)は伸びを欠き7着。4着の寶樹友盈(Friendry Gains/フレンドリーゲインズ)に騎乗した頼維銘(W M Lai/エディー・ライ)が危険騎乗を行ったとして、2開催日の騎乗停止と2万5千HKDのペナルティ。これに先立って第4Rでも危険騎乗を行っており、こちらも2開催日の騎乗停止。

 この他、韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)が第7Rで危険騎乗を行い2開催日の騎乗停止に。
 
 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

峠は越して

 澳門[乙水]仔夜賽。

 第8Rにサンド1300mのオープン級の安培利(The Empery)。先手を取った襌山客(Simshan Native/シムサンネイティブ)がスイスイと先行。ゴール前、断然人気の潮洲大兄(Chiu Chow Brother/チウチョウブラザー)が急追も凌ぎそのままゴール。襌山客を追いかけた豁達開心(Lascaux/ラスコー)が3着、後方から追い込んだ街知巷聞(I Am Famous/アイアムフェイマス)が差なく4着。


 前日の熱発は、どうも峠は越えられたようであったが、体調は悪いのは変わらず。日中の業務をひーこら言いながらこなし、夕方から船橋のとある集いへ。参加者からエンガチョモードの歓待を受けつつ、頭がいつもの10%くらいしか稼動しないまま、いつの間にか散会。しかし、この体調で船橋はしんどいでござるな。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

腰痛のはずが

 古傷の再発で戦線離脱中の白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)が、オーストラリアで精密検査を受けた結果、右脚の大腿神経に損傷が見つかり、それに伴って関連する筋肉にも異常を起こしているとのこと。加療とリハビリには数週間を要す模様。

 昨年10月より休養中の錢健明(K M Chin/スタンレー・チン)が、1/9の澳門[乙水]仔夜賽より復帰する。


 香港の両替所を中心に人民元の偽札が流通していることが判明。見つかったのは、中国全土を席巻している記番号「HD90」で始まる高精度の偽札で、注意が呼びかけられている。ところで、本土のお札って、普通に汚くて、触りたくないと思っているのはわしだけでしょうか。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

1番人気受難の日

 [足包]馬地夜賽。

 第6Rに3班芝1200mのカップ戦の奧運友誼盃(The Olympic Friendship Cup/オリンピックフレンドシップカップ)。行き脚がつかず、最後方でレースを進めた寶利多(North Hill/ノースヒル)が直線一気の脚でまとめて差し切り勝ち。これが香港移籍後初勝利。

 第4R終了後に楊啓棠(K T Yeung/トマス・ヤン)が左足の負傷を訴え、以降のレースは乗り替わり。

 この日は計8Rが行われたが、1番人気は1頭も3着以内に入れずという大波乱な1日であった。


 船橋記念には行かず別業務。帰宅して、録画しておいたこのレースを観る前に何故か消去してしまうという大失態。新年早々疲れているのか、わし。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

初船橋

 香港賽馬會のプレスブリーフィングで、年内の開催日増加は難しい、とCEOである應家柏(Winfried Engelbrecht-Bresges/ヴィンフリード・エンゲルブレヒト・ブレスゲス)氏がコメント。積年の課題ではあるが、政府もなかなか譲れないようで。
 また、先日の騎師王の返還騒ぎについても、よりルールを見直さないとね、と言及。


 船橋初日。初めて営業中の特観席を利用。なるほど過ごしやすい空間。でも、食い物は下に降りてすいとん食ったり、あんかけ焼きそば食ったり。パドックも下まで行ったりで、結局特観席にいたのは、馬券を買うときとレースを見るときくらいであった。
 その後は、月内にクローズするというパンスト(パン屋ストリート)をたけしくん、あさのさん、Y中氏と冷やかしたあと、同敷地内の中華料理屋で某施設会社スタッフと合流して、プチ新年会。というかいつもの飲み。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

マーウィン、ライセンス切り替え

 馬偉昌(W Marwing/ウェイチョン・マーウィン)の今シーズンのライセンスが、姚本輝(P F Yiu/リッキー・イゥ)厩舎契約ライセンスから賽馬會契約ライセンスに切り替え。実はこの切り替えが宙ぶらりんになって、危うく競馬に乗れなくなるところであった。

 築地で初セリ。…で、今年も香港の回転すし屋チェーンのオーナー、鄭威濤氏が最高額でマグロをお買い上げ。


 中山には行かず、競馬以外の業務の仕事初め。夜から新年会にお邪魔させていただき、なんというか恐縮しきり。あれだけ焼肉食って、ニオイが移らなかったのは初めてかもしれん。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

4日の金杯

 沙田日賽。
 特に重賞もなく穏やかな開催。

 第1Rで梁家俊(K C Leung/デレック・リョン)が危険騎乗で2開催日の騎乗停止。

 第9Rで、その梁家俊が騎乗する元武者(Sir Galahad/サーギャラハド)が故障を発症し、梁家俊は落馬。続く第10Rに騎乗するも、大事を見て病院へ。


 日本では中山金杯。朝日杯よりも報道の車が少なかったように見えたのは気のせいだろうか。というわけで改めて挨拶に終始の1日。つか、この日に中央の開催があるのは、違和感多い。
 帰りに同じ方向(?)の女性陣お二方と中目黒でゴハン。わしについてのどビックリな評価と、年末に衝撃の展開(大げさ)があったことを知る。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

川崎三が日

 澳門[乙水]仔日賽。
 第9Rにメインの冬季錦標(Winter Trophy/ウィンタートロフィー T1800m 3yo+ 澳Gr3)。1番人気の白玉駒(Best Jade Horse/ベストジェイドホース)が、中団からじわじわと進出し、4角で前を射程権に捉えると、直線であっさりと抜け出して快勝。昨年の澳門沙地王大賽(Macau Star Of The Sand/マカオスターオブザサンド)に続き重賞2勝目。後方から追い込んだ爵士樂(Jazza Bell/ジャッザベル)が2着。
 


 3日連続川崎。この日は報知オールスターカップと、広域発売の福山大賞典。福山はベンケイが飛んで、ムサシボーが勝つという、「そっちの弁慶かよ」な結果にあんぐり。
 いつもの集いには参加せず、渋谷へ。冬休みを利用して来日している香港のTV関係のお友達と食事。去年の中ごろから暖めている計画についてあれやこれやと。先方の会社の事情もあって動けるのは早くて春になってから、と。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

早速新年会

 前日、第5R後に以降の騎乗をキャンセルした白コ民(D Beedman/ダレン・ビードマン)は、シドニーに戻って治療に専念することに。

 その白徳民のキャンセルを知らずに、第5R以降の時点で騎師王で白徳民に賭けた客が怒りの抗議。そんなもん売るな、と、そりゃごもっともな話。ということで、超特例として、第5R以降に白徳民に賭けた場合に限り、返還をすることに。決断早い。



 前日に引き続き川崎。ばんえい記念の広域発売とイベントをやっているので。もっとも到着したのはトークイベントはすっかり終わったあと。つい2、3日前によいお年を〜なんて言った皆さんと、はやくも遭遇。別にそれがイヤだというわけではないけれども、有馬記念を後ろ倒しにした影響がこんな形にも出たかと思った次第。
 開催終了後は新年会。出たり入ったりがありながらも、結構な人数(しかも濃いメンバー)で正月2日目の夜を過ごすことができた。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

ジョイアンドファン重賞初勝利

 あけましておめでとうございます。
 本年ものんびり行きますが、ひとつ生温かくお願いいたします。いろいろ後回しですが、そのうち追いつかせます。たぶん。


 ということで、毎年恒例の元日の沙田日賽。

 牛精福星(Bullish Luck/ブリッシュラック)の引退式。オーストラリア、Living Legend Farmで余生を過ごす。

 メインは第10Rに行われた華商會挑戰盃(Chinese Club Challenge Cup/チャイニーズクラブチャレンジカップ T1400m 3yo+ 香Gr3)。人気は芝1200mで4連勝中の紅衣司令(Brilliant Chapter/ブリリアントチャプター)。夢幻飛駒(Imperial Applause/インペリアルアプローズ)が前日にスクラッチ。
 帝聖龍駒(Regency Dragon/リージェンシードラゴン)と永不回望(Never Look Back/ネバールックバック)が暴走気味に先行。離れて大富之星(Skyview Bar/スカイビューバー)、新力勁(Sunny King/サニーキング)、時尚風采(Joy And Fun/ジョイアンドファン)と続き、その後方に紅衣司令。直線に向いて暴走2頭が売り切れると、新力勁と時尚風采が並んで抜け出したが、勢いに勝ったのは時尚風采で、うれしい重賞初勝利。ドンケツから牛精財星(Bullish Cash/ブリッシュキャッシュ)が直線だけで3着に追い込み、牛精福星の引退に花を添えた。紅衣司令は伸びを欠き5着。
 勝った時尚風采の次走は1/24に行われる董事盃(Steward Cup/スチュワードカップ)とのこと。
 4着の威武雄獅(Gallant Lion/ギャラントライオン)に騎乗していた杜利莱(O Doleuze/オリビエ・ドルーズ)は危険騎乗のため2開催日の騎乗停止。

 
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする