主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年10月10日

ノーラーメンでフィニッシュ

 澳門[乙水]仔夜賽。
 めぼしいレースはなかったのであるが、[ン先]文諾(M Nunes/マヌエウ・ニュヌス)が6戦連続連対で大暴れ。


 午後から大井でスーパージョッキートライアル(SJT)。福山から来訪のシゲちゃんと歓談したりしながらちゃんと取材。んが、どっかでカメラのバッテリーを落としてもうた。あわてて近隣の店舗を回るも全く見つからず。もっともわしはカメラマンじゃないので、いらないっちゃいらないので、余計なことした罰という感じで軽く凹む。
 SJTは結果が二転三転も、結局くじ運の良さをきっちり結果に結びつけた菅原勲騎手が優勝。一方残念だったのは最終戦を残して一度はトップに立った岡部誠騎手。佐々木竹見カップでも見せ場作りつつも総合優勝を菅原勲騎手に持っていかれたような。
 そんなわけで、こちらにレポート書かせていただいてます。

 開催後はへんてこりんなメンバーで。ファイナルラーメンナイトは達成できず。皆様お疲れ様でした。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

ラーメンナイト第2夜

 昨シーズンの香港馬王である好[父/巴][父/巴](Good Ba Ba/グッドババ)は10/26に行われる沙田錦標(Sha Tin Trophy/シャティントロフィー)で復帰予定。たぶん133ポンドを背負わされる。

 2009年のアジアマイルチャレンジの要綱が発表。2/28にFuturity Stakes、3/28にDubai Duty Free、4/26に冠軍一哩賽、6/7に安田記念というスケジュール。必然的に日本ダービーは5/31である。たぶん。



 夕方から大井で東京記念。ルースリンドがどうにも本調子に見えないので、マズルブラストが勝つなら今日だ、と勝手に決め付けて見事に撃沈。終了後はラーメンナイト第2夜の予定が、ステップクローザー1着とマズルブラスト2着でお祝いモードの山野さんのお招きで大崎でカニとか。シメにラーメンも食えて、第2夜のノルマも完遂。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

ラーメンナイト第1夜

 [足包]馬地夜賽。
 第7Rに3班芝1650mのカップ戦の香港郷村倶樂部挑戰盃(HK Country Club Challenge Cup)。飛天快馬(Super Pegasus/スーパーペガサス)が装鞍中に暴れてスクラッチ。もちろんばん馬じゃない。
 呈祥(Happy Crusader/ハッピークルセダー)、一定好(Very Fit/ベリーフィット)といった(過去の)実績馬が先行する流れを、3番手で追走した美妙選擇(Amazing Choisir/アメージングショワジール)が直線でインからするすると抜け出し、人気に応えた。


 第3Rの2班芝1650mに出走した元Kid Mamboの爆橙(Viva Hong Kong/ビバホンコン)が心房細動を発症。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

ジョッキークラブがGoffsセールで4頭購入

 アイルランドで行われたGoffs Premier Saleで香港賽馬會は4頭をお買い上げ。
 Cape Crossの産駒は母:Elegant Ridgeがドイツ1000ギニー2着馬。
 父:Giant's Terlingua、母:In Truthの牡駒は、近親にGulfstream Park Hを2勝などしたBahrensがいる。
 父:Rock of Razyana、母:Moon Unitの牡駒は祖母の兄弟にオールドヴィック、スプラッシュオブカラーがいて、日本にうっすら縁がある。


 翌日よりまたちょいとしたレクチャー作業がありその準備に終始。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

インスーズド3連勝で重賞ゲット

 日付的には1日遅れで沙田日賽。
 メインは第8Rの沙田短途錦標(Sha Tin Sprint Trophy/シャティンスプリントトロフィー T1000m 3yo+ 香Gr3)。
 好スタートからニュージーランドGr1勝ち馬の開心歡笑(Nightlign/ナイトライン)が先行。そのまま押し切るかにみえたが、馬場の真ん中を伸びた1番人気の安畋(Enthused/インスーズド)がゴール前で交わして勝利。シーズンまたいで3連勝目が初重賞タイトルとなった。2着に安畋と伸びた友利多(Superior Unit/スペリオルユニット)。


 第1Rの後、体調不良で王志偉(C W Wong/テリー・ワン)が4鞍乗り替わり。

 第10Rに出走し最下位で入線の首瞻一線(Magic Touch/マジックタッチ)は心房細動と鼻出血を発症。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

凱旋門賞直前なのだ

 サイマル発売の香港の直前オッズ。人気は香港でも實[多句]威(Zarkava/ザルカヴァ)。メイショウサムソン(名將森遜)は直前になって急激に人気が上がってきておりやす。
 その他もろもろは、停滞している分も含めて追って。

Arch08HKodds.jpg 
posted by つちやまさみつ at 23:49| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

パートン、オーストラリアG1勝利

 澳門[乙水]仔日賽。ということで新シーズン開幕〜。ドンドンパフパフ。
 カップ戦が3鞍組まれたが、その他にオープンが第10レースに1鞍。芝1400mの巴連路比(BALLINROBE)。
 スタートから先行した太陽計惑(Test Of Time/テストオブタイム)がスイスイと流れに乗って逃げきり。終わってみれば4馬身半差。2着に人気の一角だった白玉駒(Best Jade Horse/ベストジェイドホース)が食い込んだ。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

ローカルジョッキーあれこれ

 9/28の沙田日賽で落馬負傷した梁明偉(M W Leung/ウェイ・リョン)は、今週末の競馬から復帰できることに。今年3月に結婚して新婚ホヤホヤ。腰は大事ぞよ。

 韓国ソウルで行われる国際騎手招待競走に香港代表として出場する頼維銘(W M Lai/エディー・ライ)が、レース騎乗を予定している馬の調教にまたがり、「抽選でいい馬引いたね」(意訳)と。ちなみに日本からは村田一誠騎手が参戦。

 凱旋門賞の枠順が確定。でもって海外の評論家はZarkava(實[多句]威/ザルカワ)を筆頭に、Duke Of Marmalade(果醤大王/デュークオブマーマレード)、Soldier Of Fortune(幸運奇兵/ソルジャーオブフォーチュン)など。誰ひとりとしてメイショウサムソン(名將森遜)には触れず。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

凱旋門賞モード

 10/5に行われる凱旋門賞が香港でもサイマルキャスト発売されるため、香港賽馬會のニュースリリースは、これでもかというほどの凱旋門賞モード。返す返す蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドクングダム)の戦線離脱が悔やまれる。

 なーんて言っちゃって、おととしは精英大師(Silent Witness/サイレントウィットネス)が日本に来るってのに、勝算ナシと見て凱旋門賞を観に行っちゃったあたし。ディープインパクト軽視で馬券も当てて、なんつーかダブルで非国民になったような気分であったのを思い出した。

 ところでZarkava(實[多句]威)はザルカヴァなのか、ザルカワなのか、どっちらほい?
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

マルコ・ツョイ見習卒業

 国慶節で沙田日賽。

 メインは第8R、3級賽から1班となった芝1400m、国慶節盃(National Day Cup/ナショナルデイカップ)。飛馬王子(Royal Prince/ロイヤルプリンス)が前日に取り消し、勝眼光(Sight Winner/サイトウィナー)が繰り上がり出走。人気は割れまくって友誼至上(Fellowship/フェローシップ)が4.6倍で1番人気。
 加州[山/顛]峯(Californiamountain/カリフォルニアマウンテン)と勁闖(Tiber/タイバー)が先行も、馬群はほぼ一団。直線に向いて大外に持ち出した友誼至上が残り200mで先頭に立ち、差を詰めた厚利多(Hawks Vay/ホークスベイ)、新力勁(Sunny King/サニーキング)の追撃を振り切って勝利。国慶節盃3連覇中の鄭雨[シ眞](Y T Cheng/ハワード・チェン)騎乗の勁闖は5着。

 第3Rの3班芝1800mで廣友名駒(Fantastic Dancer/ファンタスティックダンサー)に騎乗した都爾(B Doyle/ブレッド・ドイル)は残り200m地点で危険騎乗があったため2開催日の騎乗停止処分。

 第4Rで徐君禮(K L Chui/マルコ・ツョイ)が勝利し、見習卒業の条件である通算70勝を達成。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする