主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年09月15日

08/09シーズン開幕

  ヂョワァァァァァ〜〜〜〜ン という銅鑼の音とともに08/09シーズンが開幕の沙田日賽。

 昨年に引き続き行われた練馬師慈善策騎賽(The Trainers Ride For Charity/香港版ジョッキーマスターズ)は、今年は徐雨石 (Y S Tsui/ミー・ツュイ)師、告達理 (D Cruz/デレック・クルーズ)師、蘇保羅(O O'Sullivan/ポール・オサリバン)師の3人のみ。得運寶(Bobo Win/ボボウィン)に騎乗して連覇を狙う告達理師であったが、今年は乖巧(Bodacious/ボダシャス)を駆る徐雨石師に競り合いの末敗れた。優勝賞金20万HKDは児童基金に寄付される。盛り上がるには盛り上がったのだけど、やはり3頭立てはちょっと寂しい。来年はやるんかいな。

 メインは第4Rに組まれた特首盃(香港特區行政長官盃,HKSAR Chief Executive's Cup/香港行政長官カップ T1200m Class1)。人気は昨シーズン、アイルランドから移籍初戦を勝った威利多多(Norman Invader/ノーマンインベイダー)。移籍前はCriterium De Maisons Laffitte2着などがあり、チューニーやアズマビヨンドのいとこ。
 どっこい勝ったのは、威利多多の母馬と同名の安畋(Enthused/エンスーズド)。先行勢のインでレースを進め、直線残り200mで抜け出した。2着に一旦先頭に立った燦惑(Scintillation/シンチレーション)。もう8歳でござるよ。威利多多は伸びを欠き7着。

 以下、明日付けで。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。