主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年08月11日

釜山から帰国

 ヨーロッパ転戦中の巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)がTiza(蹄瀟灑/ティザ)に騎乗してPrix Maurice de Gheestに出走するも8着。勝ったのはMarchand D'or(黄金商人/マルシャンドォール)でこのレース3連覇。ちなみにTizaとMarchand D'orはともに昨年の香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)に出走し、Tizaは8着、Marchand D'orは6着だった。
 ところで、Prix Maurice de GheestのGheestはいつからゲストって読むことにしたのじゃ?なら、ペリエもペスリエに戻さないと。


 前夜酔いと戦いながらひいこら原稿をやっつけ明け方就寝。いつの間にか牛山さんを見送った浅野さんと昼前にロビーで合流し、ロッテカジノへ案内。浅野さんがカードを作ってる座ったBJであっつう間に炎上。儲けを全部吐き出した。そしてジャガルチ市場は行けず。
 失意のズンドコでホテルに戻り、徒歩で船着場へ。わしはビートル、浅野さんはフェリーのチケットを購入。ビートルのチケットをカードで購入して領収書を求めたところ、カードの控えが領収書なので出せない、と。しかもフェリーターミナル利用料は現金でよこせ、と。この国のこういうとこがイヤ。日本が二度手間なら、ここは五度手間だわ。
 ゆっくり出発の浅野さんを置いて一足先に帰国。小倉に向かい旧友と久々に飲んで北九州泊。翌朝一番の便で東京へ帰るのである。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする