主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年08月11日

釜山から帰国

 ヨーロッパ転戦中の巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)がTiza(蹄瀟灑/ティザ)に騎乗してPrix Maurice de Gheestに出走するも8着。勝ったのはMarchand D'or(黄金商人/マルシャンドォール)でこのレース3連覇。ちなみにTizaとMarchand D'orはともに昨年の香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)に出走し、Tizaは8着、Marchand D'orは6着だった。
 ところで、Prix Maurice de GheestのGheestはいつからゲストって読むことにしたのじゃ?なら、ペリエもペスリエに戻さないと。


 前夜酔いと戦いながらひいこら原稿をやっつけ明け方就寝。いつの間にか牛山さんを見送った浅野さんと昼前にロビーで合流し、ロッテカジノへ案内。浅野さんがカードを作ってる座ったBJであっつう間に炎上。儲けを全部吐き出した。そしてジャガルチ市場は行けず。
 失意のズンドコでホテルに戻り、徒歩で船着場へ。わしはビートル、浅野さんはフェリーのチケットを購入。ビートルのチケットをカードで購入して領収書を求めたところ、カードの控えが領収書なので出せない、と。しかもフェリーターミナル利用料は現金でよこせ、と。この国のこういうとこがイヤ。日本が二度手間なら、ここは五度手間だわ。
 ゆっくり出発の浅野さんを置いて一足先に帰国。小倉に向かい旧友と久々に飲んで北九州泊。翌朝一番の便で東京へ帰るのである。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

モッセ シャーガーカップで活躍

 巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)がイギリスAscot競馬場で開催されたShergar Cup(識價盃/シャーガーカップ)に出場。第3RのShergar Cup SprintをShifting Starで、第6RのShergar Cup MileをPerfect Starで勝利。その他2鞍で2着で50ポイントを獲得し、同じく2勝を上げながら37ポイントの武豊騎手を押さえ、最多ポイント獲得で表彰。

 函館で短期騎乗中の韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)は8戦1勝2着1回。函館2歳Sは4番人気のコパノマユチャンに騎乗も7着に終わった。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

良血シフー マカオ重賞2連勝

 澳門[乙水]仔(Taipa/タイパ)夜賽。
 メインは第4Rの夏季錦標(Summer Trophy/サマートロフィー T1200m 3yo+ 澳Gr3)。
 澳洲情懷(Bennetts Green/ベネッツグリーン)が好スタートから先行すると、1番人気の宮殿福將(Palace General/パレスジェネラル)以下5、6頭が一団。直線に向いて粘る澳洲情懷の外から宮殿福將が交わしにかかるが、道中先行集団の直後インコースで息を潜めていた師父(Si Foo/シフー)がその間を割って先頭に。じっくり脚を貯めた師父の伸びは自力で動いた宮殿福將に勝り1着でゴール。後方から追い込んだ放(Let Go/レットゴー)が3着。
 師父は6月に行われた澳門沙地短途錦標(Macau Galaxy/マカオギャラクシー)に続いて重賞2勝目。米国産で英国で7戦3勝の後、澳門へ移籍。父はFusaichi Pegasus、母のAscensionは00年のPrix de Calvados(法Gr3)、01年のPrix de Astarte(法Gr2)を勝利したという良血。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

北京オリンピック開幕

 08年8月8日晩8時、オメデタ数字を並べて北京奥運が開幕。開幕式はあれやこれや演出のオンパレード。気がつけば日付も変わっていた。な、なげぇ!あまりにも長すぎて、香港明星たちのライブパフォーマンスはその他演出、退場のBGM的な扱い。それ、本来すごいプレミアものなんですけどー!!
 一方で後日大騒ぎになったCGや口パク。それひと目で見て判ったんだけど、何か大きな問題でも?という印象。わしもそれほど大陸には好印象は持っていないんだが、目ざとく叩く要素を見つけて糾弾する姿勢には賛同できない。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

台風一過の香港

 台風一過の沙田の馬場では、調教中の落馬が続出。幸いにしていずれの人馬にも大きなケガはなかった模様。

 星島日報の馬経網がリニューアル(?)に向けてしばらく閉鎖。って、たまたま星島の記者に聞いて判ったもので、一般に向けてはノーアナウンスですがな。


 台風は西の方に逸れてくれた。よかったよかった。

 競馬とは関係ない業務の方で、シリアスなセキュリティインシデントが発生。単純に意識の問題。便利になるほどITリテラシーは不要になるのだが、もろにその弊害が出てしまった。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

また台風

 台風直撃でシグナル8発令。早朝だったので調教にもろぶつかり。シグナル8発令ギリギリまで蔡約翰(J Size/ジョン・サイズ)師は馬に乗っていたらしい。


 釜山は往復のビートルも確保。この台風がうっかり向かってくるようだと、全部おじゃんになってしまうので、とにかくとっとと消えてくれるのを祈るのみ。


 映画Attitudeを観に行った。といっても、ワクワクして観に行ったというのではなく、なんとなく観に行かなくては、という半ば義務感のようなものから。やっぱり直撃世代なもので。もっとも観始めてしまえば、懐かしい顔ぶれの今にちょっとずつテンションは上がってしまったのだが。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

モッセ、シャーガーカップ参戦

 巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)が8/9にイギリスのアスコット競馬場で行われるシャーガーカップに選出。ヨーロッパ選抜チームのキャプテンとして参加する。このレースには、日本の武豊も世界選抜の一員として参加予定。

 新シーズンの重賞日程が発表。香港國際賽事(HKIR/ホンコン国際レースデー)は12/14、香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)は3/22、女皇盃(QE2C/クイーンエリザベス2世カップ)と冠軍一哩賽(Champions Mile/チャンピオンズマイル)は4/26に行われる。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

オサリバン兄弟船

 夏休みでニュージーランドに帰国していた蘇保羅(P O'Sullivan/ポール・オサリバン)師。この春、調教師免許を返上し、自家所有牧場での生産・育成に力を入れることとなった弟のLance O'Sullivan(蘇利雲/ランス・オサリバン)氏との連携を強めていくとのこと。早ければ9月にも同牧場から6〜7頭の2歳馬が送り込まれてくる予定。
 …と、ランス・オサリバンの育成牧場と言えば、山本茜騎手がこの6月より身を寄せているところ。香港に送られてくる2歳馬の中にも、彼女によって鍛錬を積まれたのがいるかもしれない。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

シャイニンレーサーのトランシーバー

 函館で短期騎乗中の韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)は7鞍に騎乗して2勝3着2回。うち1勝はわしのココロの桜花賞馬シャイニンレーサーの仔ピサノシンボル。
 シャイニンレーサーについては、今でも抽選さえ抜ければ阪神3歳牝馬Sはヒシアマゾンといい勝負をしていたと思うほど。その入れ込みっぷりは、当時の彼女が「シャイニンレーサーのトランシーバー!!」と訳の判らない寝言を口走るほど。どんだけシャイニンレーサーの話をしてたんじゃ。


 釜山への旅程を確保するのに当たって、もろもろ調べたのであるが、どうにもうまく安く済む手段が見つからない。お盆なのよね。それもこれもスタアラに拘っているのがいけない。今のところ福岡までダイレクトに飛ばず、伊丹を経由して行くつもり。これでちょいと節約できるのだが、その分朝が早くなるのがネックである。続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

釜山&香港リスケ

 澳門[乙水]仔夜賽。
 メインは第6Rの芝1800mオープンの柏林(Berlin)。
 好位の経済コースを回った偉寶之星(Sapphire Stone/サファイアストーン)が、直線入り口でこじ開けるように馬場の真ん中に持ち出すと、残り100mで先頭に立ってそのままゴール。後方から追い込んだ嘉林之寶(Ka Lam Fortune/カーラムフォーチュン)が2着。


 函館で短期騎乗中の韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)は7鞍に乗り、1勝2着2回。サトノコクオー強すぎ。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

グッドババに行ってほし〜の

 澳門[乙水]仔夜賽。
 メインは第6Rのサンド1300mオープンの卡加拉(Calgary)。
 澳洲情懷 (Bennetts Green/ベネッツグリーン)がギョンギョンと逃げ、これを大名マークした襌山客(Simshan Native/シムサンネイティブ)がアッサリ交わしてそのまま押し切り。さらに直後でこれを見てレースを進めた豁達開心(Lascaux/ラスコー)が3着。

 澳門所属の地元騎手である馮振文(C M Fong)がライセンスを返上。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする