主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年02月18日

惜別

0802Vod1.JPG

 第4R確定後にパドックで爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)の引退セレモニー。当初は精英大師(Silent Witness/サイレントウィットネス)の時と同様に芝コースで行われる予定だったが、馬の状態を考慮してパドックでの実施となった。



 オーナーの周氏一家らがパドックの中心で待つ中、獲得したタイトルのフラッグを持ったチアガール(?)の先導で爪皇凌雨が登場。ゆっくりと、パドックに詰め掛けたファンの前を周回。レースが控えていると勘違いしてしまったのか、徐々にテンションも上がり、脚捌きも力強さを増してきている。まだまだ走り足りないと言わんばかりだが、けれども心臓がそれを許さない宿命。逆にそれだけのハンデを持ちながら、香港の競馬史に残る大活躍を果たしたのは、もう脱帽としか言い様がない。

0802Vod2.JPG

 記念撮影のタイミングになると、周回を重ねた爪皇凌雨は完全に戦闘モード。なかなか歩を止めることができず、撮影の輪には入るのは断念。問答無用の強さを誇った爪皇凌雨がらしさを久々に見せたのが引退式というのは皮肉な結末。とはいえ、この状態で走らせても爆弾は抱えているわけなので、これはこれでこの馬らしい幕引きだったかのかもしれない。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。