主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年02月29日

うるおわない、うるう日

 澳門[乙水]仔夜賽。トピックは特になし。
 いや、あった。内田利雄騎手のライセンスが全然おりない。就労ビザの取得が初めてで手間取っているのが問題であるようだが、じゃあ今までは取ってなかったのかよ、と。エージェントのポカに500パタカ。


 円安加速で体内の水分が全部けつから流れ出ちゃったような気分。満期になった米ドルの定期預金があるのだが、有無を言わさず塩漬け確定。おいしく食べられる日は来るのだろうか。あー、去年の秋に円に戻しておけばよかったーーー!
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

デルペッシュ、ライセンス返上受理

 香港での騎乗ライセンス返上を突然申し入れた杜鵬志(A Delpech/アンソニー・デルペッシュ)について、賽馬會はこれを正式に受理。戴勝(S Dye/シェーン・ダイ)も帰っちゃったし、韋早m女尼](E Wilson/エマ・ウィルソン)は4月になったら帰国しちゃうし(しかも、まだ未勝利)、ジョッキーが少なくなってしまいますがな。

 08/09年度の競馬開催も今シーズンと同じ78日で。但し、海外レースのサイマルキャスト発売については、現在の10から増やすよう政府に要請中とのこと。


 正規割引料金の発売期間を過ぎたのに、マイレージの席が開放されん。これはさすがにやばいと思ったので、羽田=関空=香港と成田=広州をそれぞれダブルいやトリプルスタンバイ。広州を取ったのは、深[土川]でついでのおつかいをやっつけられるのも考慮して。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

チームマカオ来港

 [足包]馬地夜賽。
 でもって、[足包]馬地百萬挑戰盃(Happy Valley Million Challenge/ハッピーバレーミリオンチャレンジ)の最終日。この日組まれた3班以上の対象レースは5鞍。んが、その結果を待たずして、3勝を挙げてブッ千切りの聚寶駒(Elfhelm/エルフヘルム)の優勝が決定。
 聚寶駒と言えば、昨シーズンに麻酔薬がこぼれた寝藁食って、薬物検査で陽性反応が出てしまったあいつ。いらん回り道であった。

 3/1の沙田日賽で行われるマカオとの交流レース港澳盃(HongKong Macau Trophy/ホンコンマカオトロフィー)に出走するマカオ所属馬6頭が香港に到着。香港入国は長沙灣のターミナルから。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

ドバイの影響

 日本からドバイへの遠征が続々と回避。わしの仕事も縮小化の気配プンプン。
 先週ドバイ遠征回避を表明したマツリダゴッホは、日経賞から女皇盃(QE2/クイーンエリザベス2世カップ)を目指すことがほぼ確定。ドバイを回避したのは好感が持てるのであるが、ここで湧き上がってきたのが検疫大丈夫なんかいなという心配。ここに来てポコポコと不穏な空気が漂っているので、検疫が長くされる懸念があるのですよ。


 ところで、3月の香港ダービー開催に合わせて現地に赴く予定なのだが、今回は木曜入りに急遽変更。なんとなく定番観光コースとか回ってみようかな、と。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

ホワイトとビードマン、ドバイ遠征へ

 3/6のドバイ、ナド・アルシバ競馬場スーパーサースデー開催に、香港から韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)騎手と白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)が遠征することに。Jebel Hatta(傑貝哈特錦標/ジェベルハッタ)に出走する爆炸(Viva Macau/ビバマカオ)に白徳民、Burj Nahaar(納哈爾塔錦標/バージナハール)に出走する奇異福星(Watch What Happens/ワッチワットハップンズ)に韋達が騎乗する。


 香港の格安エアライン、香港EXPRESS航空が、日本各地に定期便を就航させると各所リリース。沖縄を皮切りに、岡山、鹿児島、広島、名古屋と拡大させていく方針。EXPRESSといえば、香港のエアポートエクスプレスの中にこれでもか!と広告が載っておりますな。

posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

ドバイへ視界良好ビバパタカ

 沙田日賽。

 メインは第7Rの香港金盃(HK Gold Cup/ホンコンゴールドカップ T2000m 3yo+ 香Gr1)。ドバイ遠征を控える爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)の壮行レースでもあり、ここで内容が良ければ、俊歡騰(Floral Pegasus/フローラルペガサス)と牛精福星(Bullish Luck/ブリッシュラック)もドバイに向かうこととなっている。
 小武士(Sir Ernesto/サーアーネスト)が先手を取り、終身美麗(Hello Pretty/ハロープリティ)が2番手。爆冷と俊歡騰は並んでやや後方から。
 前半800メートルが51.2秒というドスローもいい加減にしやがれ、という展開。1200メートル通過は更に遅くなって77.2秒。こうなると逆に爆発力比べで前にいたからといって有利でもない展開。案の定、直線でヨーイドンとなったら、あっさりと爆冷が先頭に立ち、残り200メートルではセーフティーリードの圧勝。壮絶な2着争いはドバイ行きを目論む2頭で、わずかに俊歡騰が先着。叩き合いになると俊歡騰は強いね。
 爆冷はこのまま予定通りドバイに向かう。出発は3/18。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

デルペッシュ騎乗ライセンスを返上

 杜鵬志(A Delpech/アンソニー・デルペッシュ)が、今シーズンいっぱいまでの香港での騎乗ライセンスを突然返上したいと申し入れ。主戦を勤めていた爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)の引退がやはり大きなきっかけになったようで、家族が母国の南アフリカに帰国したいとの意向も受けての決断らしい。
 最近では、霍利時(D Ferraris/デビッド・フェラーリ)師との確執などもあって、十分なパフォーマンスが発揮できないでいた。ポッカリと大きな穴が開いたような気分だが、爪皇凌雨あっての杜鵬志、杜鵬志あっての爪皇凌雨だったのかもしれないと今頃実感してきた。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

旅立つウッチー

 マカオからドバイに遠征中の穩中求勝(Safety Investments/セーフティインベストメンツ)が、ナドアルシバ開催の第4R、ETISALAT BLACKBERRY(T2000m)に出走。勝ち馬から3馬身半差の6着だった。


 陳冠希(エディソン・チャン)が一連の写真流出事件についてようやっと会見したと思ったら引退声明。商品価値を暴落させまくったから、やっぱり黒社会に狙われまくってるんだろうなぁ。あまり好きではなかったけど、こうなるとちょいとかわいそうに思えてくる。とはいえ、裏で舌を出していそうというのも否めない。ある意味、さすがはプロの会見と言うべき?


0802OoiUchidaLast1.JPG 0802OoiUchidaLast2.JPG

 大井にて内田博幸騎手の大井所属として最後の騎乗。きっちりメインは勝つのだからさすが。壮行セレモニーでは、「そこ落ちたら危ないって!!」というところまで、内田騎手がヒョイヒョイとフェンスを渡ってファンサービス。熱い漢とは知っていたが、ここまで熱いのは初めて見たかもしれない。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

スーパーサースデーに香港から参戦

 3/6に行われるドバイ、ナド・アルシバ競馬場のスーパーサースデー開催に、香港から爆炸(Viva Macau/ビバマカオ)と奇異福星(Watch What Happens/ワッチワットハップンズ)が参戦。爆炸はJebel Hatta(傑貝哈特錦標/ジェベルハッタ)に、奇異福星はBurj Nahaar(納哈爾塔錦標/バージナハール)に出走。爆炸はDuty Free(杜拜免税店盃/ドバイデューティフリー)、奇異福星はGodolphin Mile(高多芬一哩賽/ゴドルフィンマイル)出走を目標に、好成績を残して本番出走を目論む。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

ジャングルポケット産駒マイゴールがデビュー

 [足包]馬地夜賽。

 第1R(4班T1000m)にニュージーランド産のジャングルポケット産駒、心中有程(My Goal/マイゴール)がデビュー。バリアトライアルの動きがダメダメだったので人気がないと思いきや、フタを開ければ12頭立ての4番人気。
 スタートは互角だったものの、行きっぷりは今ひとつ。しかも、勢いがついたところで前をパチンされて、3コーナーでは最後方に。絶望的な位置取りで直線に向くと、意外にジワジワ伸びて1着から5馬身差の7着まで押し上げた。受けた不利の大きさを考えれば、このクラス脱出はそう遠くなさそうな印象。

 第8R(3班T1650m)で高智慧(High Intelligent/ハイインテリジェント)が4番手から抜け出す競馬で勝利。久々の勝利は、実に3年前の元旦に華商會挑戰盃(Chinese Club Challenge Cup/チャイニーズクラブチャレンジカップ)を勝利して以来のもの。前回はGr3、今回は3班とはこれいかに。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

セリ市へ準備着々

 [ン先]毅力(E Saint-Martin/エリック・サンマルタン)が家庭の事情でフランスに一時帰国することに。騎乗予定だった水曜日の[足包]馬地の2鞍はそれぞれ乗り替わりに。

 3/15に行われる香港國際馬匹拍賣會(HKIS/香港国際セリ市)の第2部に上場される予定の競走馬13頭が、オーストラリアより到着。3/8に調教供覧が行われる予定。


 肥肥と呼ばれて親しまれた女優の沈殿霞さんが逝去。ちょうど自分が香港にいる間、ゴシップ誌は例の写真流出か、この人の闘病の様子のどちらかが表紙だった。残念。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

惜別

0802Vod1.JPG

 第4R確定後にパドックで爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)の引退セレモニー。当初は精英大師(Silent Witness/サイレントウィットネス)の時と同様に芝コースで行われる予定だったが、馬の状態を考慮してパドックでの実施となった。



 オーナーの周氏一家らがパドックの中心で待つ中、獲得したタイトルのフラッグを持ったチアガール(?)の先導で爪皇凌雨が登場。ゆっくりと、パドックに詰め掛けたファンの前を周回。レースが控えていると勘違いしてしまったのか、徐々にテンションも上がり、脚捌きも力強さを増してきている。まだまだ走り足りないと言わんばかりだが、けれども心臓がそれを許さない宿命。逆にそれだけのハンデを持ちながら、香港の競馬史に残る大活躍を果たしたのは、もう脱帽としか言い様がない。

0802Vod2.JPG

 記念撮影のタイミングになると、周回を重ねた爪皇凌雨は完全に戦闘モード。なかなか歩を止めることができず、撮影の輪には入るのは断念。問答無用の強さを誇った爪皇凌雨がらしさを久々に見せたのが引退式というのは皮肉な結末。とはいえ、この状態で走らせても爆弾は抱えているわけなので、これはこれでこの馬らしい幕引きだったかのかもしれない。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

セイクリッドキングダムきっちりリベンジ

 沙田日賽。
 メインは第7Rに組まれた主席短途奨(Chairman's Sprint Prize/チェアマンズスプリントプライズ T1200m 3yo+ 香Gr1)と、第9Rに組まれた香港打[ロ比]預賽(HK Derby Trial/ホンコンダービートライアル T1800m 4yo 香Gr2)。それと、第4Rの後に爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)の引退式。

 まず第7R、香港チャンピオンスプリントシリーズ、いわゆる香港短距離三冠の第2戦目の主席短途奨。
 人気は、前走の雪辱が期待される今シーズンの香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)の勝ち馬である蓮華生輝(Sacrid Kingdom/セイクリッドキングダム)が断然の支持。これに騏綵(Absolute Champion/アブソルートチャンピオン)が続き、離れて無敵神駒(Medic Power/メディックパワー)の順。
 紅旗飛揚(Planet Ruler/プラネットルーラー)がスタート直後に挟まれ後方から。歩歩勇(Able One/エイブルワン)が先手を取り、再領風騷(Egyptian Ra/エジプシャンラー)が追いかけて、燦惑(Scintilation/シンチレーション)が3番手。人気どころはこの直後にひと塊り。

0802ChairmansSprint.JPG

 4コーナーで馬群が凝縮すると、終始外を回った騏綵はそのまま外、蓮華生輝は鞍上の巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)お家芸のイン狙い。無敵神駒はこのあたりからブレーキ。騏綵が前にいた燦惑にやや振られたロスもあったが、伸びは完全に蓮華生輝。あっちゅう間に突き抜けると騏綵に1馬身半差をつて勝利。きっちり前走のリベンジを果たした。離れた3着に燦惑。
 蓮華生輝vs騏綵の名勝負はこれで4走連続のワンツーフィニッシュで、蓮華生輝の3勝1敗。次走は香港短距離三冠の最終戦、女皇銀禧紀念杯(The Queen's Silver Jubilee Cup/クイーンズシルバージュビリーカップ)。ともにシーズン内は香港で専念するため、ロイヤルアスコット等には遠征はせず。来シーズンに海外遠征として日本に視線を送っている。
 無敵神駒はハ行を起こしていたようだが、精密検査では異常なし。メンタルの問題かもしれん。 

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

きちゃった。

 澳門[乙水]仔日賽。

 メインは第9Rの澳門黄金集團發財盃(Macau Golden Group Fat Choi Cup/マカオゴールデングループファッチョイカップ T1200m L)。人気は1/13に行われた主席挑戰盃(Chairmans' Challenge Cup/チェアマンズチャレンジカップ)を制した紅陽光(Red Groly/レッドグローリー)。
 澳洲情懷(Bennetts Green/ベネッツグリーン)が先手を取り、紅陽光が2番手を追走。3コーナー手前で紅陽光の外を被せるように醒目開心(Warcat/ワーキャット)が進出。2番手の2頭はド突き合うように4コーナーへ。外に持ち出したい紅陽光に対し、譲らない醒目開心。その攻防をあざ笑うかのように外から交わし去ったのが真妙星(Amazing One/アメージングワン)。どうにか醒目開心が根負けし、紅陽光の前が開いたが万事休す。真妙星が紅陽光に1馬身1/4差をつけ勝利。
 真妙星はオーストラリア出身の7歳馬で、オーストラリア2戦2勝→香港5戦0勝(2着2回)→澳門18戦1勝で今回に臨んでいた苦労人というか苦労馬。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

シェーン・ダイ帰国へ

 澳門[乙水]仔夜賽。

 第11Rに1班のサンド1600mの米爾迪拉(Mildura)。4番手でレースを進めた豁達開心(Lascaux/ラスコー)が、向正面中ほどからロングスパートを開始。3コーナー手前で先頭に立つと、4コーナーでは後続に大きなリード。マカオではちょっと見られないくらいの差をつけ、豁達開心ってこんなに強かったっけ!?と思わせられるくらい。さすがに最後は脚が上がって後続に差を詰められたが、それでもお釣り十分の勝利。2着に威之盛(Vance/ヴァンス)でトップハンデに2頭の決着。差のない3着に人気の聯一活力(Luen Yat Energy/リュンヤッエナジー)。

 3/1まで長期騎乗停止中の戴勝(D Dye/シェーン・ダイ)が母国オーストラリアに帰国する。騎乗停止期間中満足にレースに乗れず、騎乗停止明けもレース勘を取り戻すためにも、毎日開催のあるオーストラリアでの騎乗を希望。また、家族と過ごすことも理由として挙げている。3/16に行われる、香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)で、喜聚寶(Jackpot Delight/ジャックポットデライト)に騎乗することを予定しており、そのタイミングでの香港復帰も希望しているとのこと。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

引退式行きてぇーーー

 マカオからドバイに遠征中の穩中求勝(Safety Investments/セーフティインベストメンツ)と英銘神駒(Montalba/モンタルバ)がナドアルシバで出走。
 穩中求勝は第1Rのダート1500mに、鞍上に[革斤]能(M Kinane/マイケル・キネーン)を迎えて出走。んが10頭立ての8着。勝ったのはM de Kock厩舎のDrift Ice。鞍上はこないだまで香港で乗っていた薛凱文(K Shea/ケビン・シア)。
 英銘神駒は第2Rのダート1600m。鞍上はD O’Donohoe(奧東豪/ダラ・オドノヒュー)。んが、こちらも14頭立てのブービー。

 ニュージーランド産のジャングルポケット産駒の心中有程(My Goal/マイゴール)が、いよいよ2/20の[足包]馬地夜賽4班芝1000m戦でデビュー。バリアトライアルの動きはすこぶる悪い。

 週末の香港打[ロ比]預賽(HK Derby Trial/ホンコンダービートライアル)に出走を予定している喜蓮福星(Helene Mascot/ヘレンマスコット)の右前脚がモヤっと。出否の判断はギリギリまで引っ張られる。

 爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)の引退式が2/17の沙田日賽、第4Rの後に行われる。うあーー、行きたい行きたい行きたいー!!

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

どう行くドバイ

 [足包]馬地夜賽。情人節開催でバレンタインムード。

 メインは第7Rの2班芝1800mのカップ戦、紀利華木球會挑戰盃(Craigengower Cricket Club Challenge Cup)。人気は昨シーズンの最佳新馬(Champion Griffin)である時尚風采(Joy And Fun)と、不老英雄(Young Hero/ヤングヒーロー)が分け合う形。
 んが、人気2頭は共倒れ。勝ったのは先手を取って、そのままスイスイとマイペースでレースを進めた加州[山/顛]峯(Californiamountain/カリフォルニアマウンテン)。ご記憶の方もいるかと思うが、一昨年12月に行われた國際騎師錦標(International Jockeys Championship/インターナショナルジョッキーズチャンピオンシップ)で武豊騎手が騎乗して、斜行によって大紛糾することになった馬である。
 
 第6Rの3班芝1650m戦に榮進寶寶(First Baby/ファーストベイビー)が出走。いつになくやる気を見せ、直線で抜け出して勝った!と思わせたところに、卓越成就(I'm No Square/アイムノースクエア)が強襲。僅かなところで勝利をかっさらわれた。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

大人が社会科見学

 2/9に出走した1班戦(芝1200m)のレース中に鼻出血を発症した五五波(Fifty Fifty/フィフティフィフティ)がそのまま引退となった。通算41戦6勝(うち海外1戦0勝)。重賞好走歴はないが、04/05シーズンの香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー)で爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)の7着がある。


 前日の予定がスライドして、この日に大人の社会科見学。って書くとなんだかアダルティな感じなので、大人が社会科見学ってことで。4人+追加参戦の社長(昨日分参照)で向かった先は北の丸の科学技術館。競輪からの財源がふんだんに投下され、無駄に大掛かりな実験おもちゃをちびっ子たちに混ざって堪能。途中、でんじろう先生の手下(?)のオチがまとまらない実験教室に参加したり、タケシ君が職員ナンパしたり、不覚にも楽しみまくった。不覚を取りすぎてヒザが笑っていた。ちびっ子にはもはや体力では勝てん。
 途中で離脱の社長以外の4人は上野に移動して鶏料理屋で食いまくり。気がつけば、某海岸君の披露宴に出席した4人であった。そうそう、ゆかりんごは食後のデザートにパンスト食ってました。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

何故か買ってない

 2/24に行われる香港金盃の登録馬が発表。
牛精財星(Bullish Cash)  告東尼(A S Cruz) 
牛精福星(Bullish Luck)  告東尼(A S Cruz) 
俊歡騰(Floral Pegasus)  告東尼(A S Cruz) 
終身美麗(Hello Pretty)  告東尼(A S Cruz) 
包裝大師(Packing Winner)  何良(L Ho) 
小武士(Sir Ernesto)  告達理(D Cruz) 
確[ロカ]寶(Syllabus)  霍利時(D E Ferraris) 
勁闖(Tiber)  約翰摩亞(J Moore) 
活力金剛(Vital King)  蘇保羅(P O'Sullivan) 
爆冷(Viva Pataca)  約翰摩亞(J Moore)

 爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)の姿が見えないのが悲しいのねん。終身美麗(Hello Pretty/ハロープリティ)は予定を切り上げてここで復帰。また、爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)と活力金剛(Vital King/バイタルキング)が出走で、期せずして今年も前2年のダービー馬の出走である。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

メディックパワーにホワイト

 2/17に行われる主席短途奨(Chairman's Sprint Prize/チェアマンズスプリントプライズ)で戦列復帰予定の無敵神駒(Medic Power/メディックパワー)に、韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)が騎乗することになった。主戦の柏寶(B Prebble/ブレット・プレブル)が騏綵(Absolute Champion/アブソルートチャンピオン)に騎乗するため。

 ありゃ。狂野之聲(Growl/グロウル)がいつの間にか帰国していた。オーストラリアからの馬匹輸送再開の第1便に紛れていたようである。


 香港で騒動となっている、陳冠希(エディソン・チャン)の流出写真騒動で、元カノ(?)の一人で、やっぱり今回流出しちゃったらしい、Twinsの阿嬌がファンミーティングでこの件について初めてコメント。若気の至りを悔いる内容であったが、気になったのは左手の薬指の指輪と、明らかに激太り。わし個人的には許容値というか、普通にバットが出るコースなのであるが、せっかくダイエットCMで痩せたのにと思えて残念。いや、それよりその指輪なんだ、こら。父さん、そんなの認めんぞ。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする