主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年01月27日

チャンピオンの意地

 沙田日賽。どえらい寒さで、入場は2万人足らず。

 メインは第7Rの百週年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup/センテナリースプリントカップ T1000m 3yo+ 香Gr1)。蓮華生輝(Sacrid Kingdom/セイクリッドキングダム)と騏綵(Absolute Champion/アブソルートチャンピオン)による第3ラウンドの様相だったが、オッズ面では蓮華生輝が1.1倍に対し、騏綵は9倍と評価は一極化。
 電光火力(Natural Blitz/ナチュラルブリッツ)が好スタートを決めるが、歩歩勇(Able Prince/エイブルプリンス)がダッシュ速く先頭に。紙醉金迷(Down Town/ダウンタウン)が蓮華生輝と紅旗飛揚(Planet Ruler/プラネットルーラー)にパチン食らう不利。騏綵はもっさりと後方から。
 残り200mで満を持して歩歩勇を捕らえて先頭に立った蓮華生輝に、じっくりこれをマークしてレースを進めた騏綵が一歩ずつ接近。ゴール直前では短頭差ねじ伏せるように逆転。前シーズン短距離チャンピオンとしての意地でもぎ取ったような勝利だった。3着に逃げた歩歩勇だったが、前2頭とは完全に勝負あり。
 ビッシリと強力2頭が叩き合うレースというのは、燃えるもんですな。
 
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする