主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年01月20日

ヘレンマスコット衝撃の香港デビュー

 沙田日賽。
 メインはダブルG1。1班戦も2鞍組まれた。

 まず第7Rの香港経典一哩賽(HK Classic Mile/ホンコンクラシックマイル T1600m 4yo 香Gr1)。1番人気は永不回望(Never Look Back/ネバールックバック)。香港移籍前の2歳時にニュージーランドのGr1レースMANAWATU SIRES' PRODUCE Stks.で2着の実績などがある。移籍後3戦1勝も1班で2着がある。これに続く緑色駿威(Green Birdie/グリーンバーディ)までが10倍以下。
 永不回望がかかり気味に先行し、直後に永旺財(Luckyme/ラッキーミー)、喜聚寶(Jackpot Delight/ジャックポットデライト)、利好(Fearless/フィアレス)らがマークするように追走。見た目に永不回望には有難くない展開。3コーナーを回ると後続が一気に接近し、8頭ほどが一団に。
 直線に向いて逃げる永不回望を巡って、喜聚寶、喜蓮福星(Helene Mascot/ヘレンマスコット)、龍的風采(Horace's Choice/ホラスズチョイス)、高點(High Point/ハイポイント)が外から、利好が最内から襲い掛かり、5頭が横並びに。その中から抜け出してきたのは喜蓮福星と龍的風采で、一旦は龍的風采が先頭に立ったが喜蓮福星がこれを競り落として先着。大外から緑色駿威が強襲したものの4着まで。3着はインそ掬った利好。
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする