主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2008年01月15日

ロイヤルデライト安楽死

 昨年の香港短途錦標(HK Sprint/ホンコンスプリント)3着で、1/27に行われる百週年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup/センテナリースプリントカップ)出走予定だった喜皇寶(Royal Delight/ロイヤルデライト)が、15日の調教中に左前脚を故障し、そのまま安楽死処分となった。
 喜皇寶はオーストラリアでデビューし、2歳時にリステッドを含む3戦3勝の成績を残して香港に移籍。香港デビュー戦となった2班芝1200m戦で、[青見]蝦王(Fairy King Prawn/フェアリーキングプローン)が記録したクラスレコードをいきなり破る衝撃的なパフォーマンスを見せた。
 その後、安定味を欠いていたが、昨年3月に沈集成(C S Sham/ダニー・シャム)厩舎から方嘉柏(C Fownes/キャスパー・フォウンズ)厩舎に転厩すると再び復活。シーズンが変わって昨年10月の精英碗(Premiere Bowl/ブレミアボウル)を今度はトラックレコードで重賞初制覇。そして3着となる前述の香港短途錦標に歩を進めた。
 香港12戦3勝、通算15戦6勝。最高評分は115。香港の3勝のうち残る1勝は、開頭手術を受けた戴勝(S Dye/シェーン・ダイ)にとって、復帰後最初の勝利でもあった。合掌。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。