主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年11月18日

メディックパワーは心房細動

 11/17の沙田日賽の続き。

 徐君禮(K L Chui/マルコ・ツュイ)が第1第2レースを連勝。さらに第6Rも勝って初の1日3勝。

 白徳民が第2Rでゲート入りの際に騎乗していた驍騎無敵(Gallant Hussar/ギャラントハザー)が暴れてゲートと馬の間に左脚を挟まれ悶絶。そのままタンカで運ばれ、検査の結果、太ももにヒビが入り2週間の加療との診断。第3R以降は全て乗り代わりとなった。驍騎無敵は競走から除外。

 第7Rの國泰航空香港短途錦標預賽(CX HK International Sprint/キャセイパシフィックインターナショナルスプリント T1200m 3yo+ 香Gr2)で2着となった騏綵 (Absolute Champion/アブソルートチャンピオン)の手綱を取った[ン先]毅力(E Saint-Martin/エリックサンマルタン)は直線で急に斜行する危険騎乗を行ったため、3開催日と罰金5万HKDの処分。
 また、8着に終わった無敵神駒(Medic Power/メディックパワー)はレース後の診断で心房細動を発症していたことが判明。國際賽事は回避することとなった。

0711SlowWaltz.JPG

 第9Rの2班戦はシンコウフォレスト産駒の細脳(Slow Waltz/スロウワルツ)が人気に応えて連勝。いよいよ香港の水が合って来たようだ。

 第10Rの3班戦に榮進寶寶(First Baby/ファーストベイビー)が出走も、いいところなく終了。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする