主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年11月30日

香港国際レースの各馬鞍上

 澳門[乙水]仔(Taipa)夜賽。
 丸野騎手は3鞍に騎乗して3着が最高。とりあえず予定のライセンス期間はこれにて終了。ところでライセンス延長と聞いているのにも関わらず、延長受理のアナウンスがないんですけど…。

 國泰航空香港短途錦標(CX HK Sprint/キャセイパシフィック航空香港スプリント T1200m 3yo+ Gr1)に選出されていた英国のGaleota(佳力達/ガレオタ)がこれを回避することに。


 さて、その他の出走予定馬の鞍上が確定。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(3) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

ヴィジョナリオ香港初出走は大一番

 國泰航空香港一哩錦標(CX HK Mile/キャセイパシフィック航空香港マイル T1600m 3yo+ Gr1)を回避したKildonan(基爾多南/キルドナン)に替わって吉祥三寶(Visionario/ヴィジョナリオ)が選出。元々フランスのA Fabre厩舎所属で、P. La Rochette(Longchamp T1400m 2yo Gr3)を勝っており、これが香港移籍初戦。香港での初出走が大一番になる。おお、この馬去年ロンシャン(Grand Criterium 6着)で見てるぞ。


 香港國際賽事節(HKIR Day/香港国際レースデー)の沙田馬場での毎年恒例の大物タレントによるのステージパフォーマンス。ずーーーーっと書こうと思って忘れていたけど、今年は李克勤(Hacken Lee/ハッケン・リー(レイ・ハッカン))がやって来る。
 さっぱり価値が伝わらない人に説明すると、1970年代の野口五郎的な存在。これだけで客呼べちゃいますがな。ちなみに香港賽馬會のイベントに呼ばれるというのはタレントとしても栄誉だったりもしちゃう。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

デットーリがグリーンバーディーに騎乗

 [足包]馬地夜賽。
 カップ戦は第6Rの芝1200m3班戦、香港中華總商會盃(Chinese General Chamber of Commerce Cup)。
 中団でレースを進めた恭喜(Conguratulations/コングラチュレーションズ)が残り150mで先頭に立つと、インコースを縫うように追い込んできた期望(Beautiful Dereamer/ビューティフルドリーマー)にクビ差迫られながらも押し切った。
 んが、前をカットされたと直ちに期望陣営がアピール。するとこれが受理され、着順は1,2着が入れ替わり。
 勝ち馬の手綱を取った柏寶(B Prebble/ブレット・プレブル)はこの日3勝、2着に降着になった韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)もこの日3勝を挙げていた。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

ディラントーマス香港到着

 慌しいので箇条書きで。

 日本入国を蹴られて矛先を香港に変えたDylan Thomas(狄倫/ディラントーマス)が未明に香港に到着。香港入国については問題ないようである。

 すでに表明済みの確[ロ力]寶(Syllabus/シラバス) 、Sculptor(雕刻家/スカルプター)に続いてSky Conqueror(天域霸主/スカイコンクラー)も香港瓶(HK Vase/ホンコンヴァーズ)を回避。替わってフランスのKocab(耀目之星
/コキャブ)と11/25に地元1班戦を勝ったばかりの厚利多(Hawkes Bay/ホークスベイ)が追加選出。

 香港盃(HK Cup/ホンコンカップ)からはPressing(求勝心切/プレッシング)が辞退。これで7頭立て。エリモハリアー、登録残しておいたほうがよかったんじゃないのかね。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

元サヤ

 地上波で鳥居みゆきを見たら、休火山状態だった十二指腸潰瘍が活発化しだしました。ヒットエンドラ〜ン♪


 無敵神駒(Medic Power/メディックパワー)の戦線離脱で、國泰航空香港短途錦標(CX HK Sprint/ホンコンスプリント)では体の空いた柏寶(B Prebble/ブレット・プレブル)は、騏綵(Absolute Champion/アブソルートチャンピオン)に再度騎乗することに。昨年このレースを勝ったコンビが復活することになる。前走、代打で騏綵の手綱を取った[ン先]毅力(E Saint-Martin/エリック・サンマルタン)も燦惑(Scintillation/シンチレーション)の手綱を取ることとなり、こちらもコンビ復活。みんな元サヤ。

 國泰航空香港盃(CX HK Cup/ホンコンカップ)に向かう爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)の鞍上は[革斤]能(M Kinane/マイケル・キネーン)が有力も、白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)が積極的に猛アプローチ中とのこと。香港國際賽事Weekより騎乗の蘇銘倫(C Soumillon/クリストフ・スミヨン)の可能性は、昨シーズンの成績からちょっと見込み薄のようだ。

 同じく何鴻[火/榮](H S Ho/スタンレー・ホー)親分の持ち馬で、今年の英国Derby Trial(ダービートライアル)3着、The Derby(エプソムダービー)7着だった元Kid Mamboの爆燈(Viva Hong Kong/ビバホンコン)が12/2の沙田日賽で香港デビュー。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

来られないリサ、帰るリサ

 沙田日賽。にJCサイマル発売。カントリー娘。に石川某(無論、某≠ワタル)みたいな書き出しだがお気になさらず。

 メインは1班芝1400mの其士盃(Chevalier Cup/シュヴァリエカップ)。人気は2班を連勝して連闘でここに臨むシンコウフォレスト産駒の細腦(Slow Waltz/スロウワルツ)。
 陽光(Sunny Power/サニーパワー)と喜蓮戦略(Helene Pillaging/ヘレンピラギング)が並んで先行。これは速い、と思ったのか、陽光は3コーナー手前0から2番手に控えるとペースはグッとダウンして直線へ。
 手応えがよかったのは2番手から抜けてきた陽光。抜け出して後続を引き離すと最後までセーフティリードのままゴールイン。2着には後方から永不回望(Never Look Back/ネヴァールックバック)が馬群を縫って追い込んだ。移籍前はThe Oneの名前で香港移籍2戦目で初連対。
 勝った陽光はこのまま登録している國泰航空香港短途中に中1週で出走の意向。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

ブリッシュラック骨折?

 澳門[乙水]仔(Taipa)日賽。
 メインは第10Rに組まれたオープン砂1000mの豐盛灣(The Bay of Plenty)。
 スタートから積極的に先手を取った澳洲情懷(Bennets Green/ベニッツグリーン)がスイスイとレースを進めそのまま逃げ切り。これを追い掛け回した魔術猫(Magic Cat/マジックキャット)を直線で内から交わした威之盛(Vance/ヴァンス)が2着。人気の中心となった獎門人(Crown's Master/クラウンズマスター)は4着入線が精一杯。

 丸野騎手は2鞍騎乗で未勝利。


 未確認情報ではあるが國泰航空香港盃(CX HK Cup/ホンコンカップ)に出走予定だった牛精福星(Bullish Luck/ブリッシュラック)が骨折とのこと。北半球産の8歳、セン馬と言えどもこれが引き際になるかも。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

日本馬2頭は28日出国

 澳門[乙水]仔(Taipa)夜賽。
 丸野騎手は2鞍の騎乗で4着と12着。

 香港に遠征する各馬のフライトスケジュールが発表。コンゴウリキシオー(金剛力王)とシャドウゲイト(關之影)は28日に関空を出国し、当日のうちに香港に到着の予定。最も早く香港に乗り込むのは26日出発のMiss Andretti(安小姐/ミスアンドレッティ)+帯同馬とSculptor(雕刻家/スカルプター)のオセアニア組。一刻も早く日本を後にしたいDylan Thomas(狄倫/ディラントーマス)は27日の出発予定。

 オリンピック施設見学の案内が届いたので速攻行きますの返事。わーい。ただスケジュール的には地獄度増加。澳門の日賽行けんぞ、こりゃ。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

テリー・ウォン落馬負傷

 1日遅れ付けで[足包]馬地夜賽。
 メインは第7Rの3班芝1650mの聖安度挑戰[石葉](St Andrew's Challenge Quaich)。
 先頭がめまぐるしく変わる直線の攻防は、馬群を縫うように追い込んだ道中最後尾追走の笑談中(Mellifluous/マリフリュアス)が勝利。

 第2Rの4班戦で王志偉(C W Wong/テリー・ウォン)騎乗の雄威(Triumph/トライアンフ)が3コーナー手前で突然つまづき、王志偉は落馬。頭部をしたたかに打ちつけそのまま病院へ。幸いにして命に別状はなかったが、大事を取って2週間休養することとなった。ちなみにコケた雄威も無事。

 第6Rで徐君禮(K L Csui/マルコ・ツュイ)が危険騎乗で2開催日の騎乗停止と1万HKDのペナルティ。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

ディラントーマス香港ヴァーズ滑り込み

 "Dylan Thomas is in the race now...."
…と、メールが飛んできたのが日本時間の午後4時前。その数時間後、[足包]馬地夜賽の後に今年の香港國際賽事(HKIR)の選出馬が発表になった。

 なんと言っても、JCに出走が叶わなかったディラントーマスの國泰航空香港瓶(CX HK Vase/香港ヴァーズ)への選出が大きい。検疫でアウトとなった時点が出走意思表明の期限。直ちに香港側からもコンタクトを取り、即座に参加意思を取り付けるという電光石火の早業は、興行の成功に賭ける思いを見せ付けられた思いである。しかも、交渉が難航していると伝え聞いていたRed Rocksまで出走に漕ぎ着けていたのには恐れ入る。

 昨日付けでも書いたが、あとは現状が日本に入国していない、とカウントされるかがポイント。ただ、その点についても、概ね問題ないだろうという見解を香港から伝え聞いているのは心強い限り。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

国際騎手招待に岩田、エマ・ウィルソンら選出

 ジョッキー関連の話題がポコポコと。

 12/5に行われる國泰航空國際騎師錦標賽(CX International Jockeys' Championship/キャセイパシフィック国際騎手チャンピオンシップ)の招待騎手が発表。
Ted Durcan(戴勤/テッド・ダーカン) UAE
Yasunari Iwata(岩田康誠) 日本
Ryan Moore(莫雅/ライアン・ムーア) イギリス
Damien Oliver(岳禮華/ダミアン・オリバー) オーストラリア
Olivier Peslier(柏兆雷/オリビエ・ペリエ) フランス
Pat Smullen(施慕齡/パトリック・スマレン) アイルランド
Christophe Soumillon(蘇銘倫/クリストフ・スミヨン) フランス
Andrasch Starke(薛達祺/アンドラッシュ・シュタルケ) ドイツ
Douglas Whyte(韋達/ダグラス・ホワイト) 香港
Emma-Jayne Wilson(韋早m女尼]/エマ・ウィルソン) カナダ

 目玉はこの日のエントリにも書いたEmma-Jayne Wilson(韋早m女尼)によるこのシリーズ初となる女性騎手参戦ですかね。
 日本からは岩田騎手が選出。10月時点での成績に加え、昨年のメルボルンカップ制覇と武豊騎手の昨年の危険騎乗がポイントになったようだ。頑張って欲しいけど、日本語ですら怪しいからインタビューが心配だよなぁ…。UAEからはL Dettori(戴圖理/ランフランコ・デットーリ)ではなくTed Durcan(戴勤)ですか。

 このほか、12/1時点での香港リーディング2位(1位は韋達なので)と、特別枠で海外から1名が選出される。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

ビードマンがライセンス延長へ

 11/17の沙田日賽で、ゲートで馬に脚を挟まれて病院直行となった白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)がめでたく退院。来週後半には調教に乗れる見込みとのこと。

 その白徳民が12月までの騎乗ライセンスをシーズンいっぱいまで延長する意向とのこと。さらに12月から薛達祺(A Starke/アンドラッシュ・シュタルケ)も参戦。こちらはワールドスーパージョッキーシリーズ終了後にそのまま香港に移動して騎乗を開始する予定とのこと。

 昨シーズンで一旦廃止となった三寶(Treble)が11/25の沙田日賽より復活。方式は今までと同じく、後半3レースの勝ち馬を当てるもの。これは個人的に好きな馬券なので、復活して非常にうれしい。前にも書いたかもしれないけど、念のため。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

メディックパワーは心房細動

 11/17の沙田日賽の続き。

 徐君禮(K L Chui/マルコ・ツュイ)が第1第2レースを連勝。さらに第6Rも勝って初の1日3勝。

 白徳民が第2Rでゲート入りの際に騎乗していた驍騎無敵(Gallant Hussar/ギャラントハザー)が暴れてゲートと馬の間に左脚を挟まれ悶絶。そのままタンカで運ばれ、検査の結果、太ももにヒビが入り2週間の加療との診断。第3R以降は全て乗り代わりとなった。驍騎無敵は競走から除外。

 第7Rの國泰航空香港短途錦標預賽(CX HK International Sprint/キャセイパシフィックインターナショナルスプリント T1200m 3yo+ 香Gr2)で2着となった騏綵 (Absolute Champion/アブソルートチャンピオン)の手綱を取った[ン先]毅力(E Saint-Martin/エリックサンマルタン)は直線で急に斜行する危険騎乗を行ったため、3開催日と罰金5万HKDの処分。
 また、8着に終わった無敵神駒(Medic Power/メディックパワー)はレース後の診断で心房細動を発症していたことが判明。國際賽事は回避することとなった。

0711SlowWaltz.JPG

 第9Rの2班戦はシンコウフォレスト産駒の細脳(Slow Waltz/スロウワルツ)が人気に応えて連勝。いよいよ香港の水が合って来たようだ。

 第10Rの3班戦に榮進寶寶(First Baby/ファーストベイビー)が出走も、いいところなく終了。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

ダブルトライアル

0711Sacred2.JPG

 沙田日賽。
 メインはダブル重賞で、第7Rの國泰航空香港國際短途錦標預賽(CX HK International Sprint Trial/キャセイパシフィック航空ホンコンインターナショナルスプリントトライアル T1200m 3yo+ 香Gr2)と第8Rの國泰航空香港國際一哩錦標(CX HK International Mile Trial/キャセイパシフィック航空ホンコンインターナショナルマイルトライアル T1600m 3yo+ 香Gr2)。

 まず、第7Rの國泰航空香港國際短途錦標預賽。人気は蓮華生輝(Sacred Kingdom/セイクリッドキングダム)が筆頭で、無敵神駒(Medic Power/メディックパワー)と騏綵(Abusorute Champion/アブソルートチャンピオン)までが4倍以内と3頭に人気が集中。
 好スタートを決めたのは電光火力(Natural Blitz/ナチュラルブリッツ)。2番手以下も内から帝聖名駒(Regency Horse/リージェンシーホース)、外から歩歩勇 (Able Prince/エイブルプリンス)、燦惑(Scintillation/シンチレーション)と先行。直後に騏綵と蓮華生輝が内外で併走し、無敵神駒が蓮華生輝をマークすると、人気3頭の前に壁が出来るような流れになった。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

おおリサ・クロップが見られる

 澳門[乙水]仔(Taipa)夜賽。
 丸野騎手は2鞍に騎乗して、2着1回。おお、リズムがよくなってきた。
 
 その澳門で12/8に開催される予定だった澳門國際見習騎師邀請賽(Macau Apprentice Jockeys Invitation Races/マカオ国際見習い騎手招待レース)が、1/13に変更に。なんだよー、國際賽事の週に見に行こうと思っていたのにーーーー。


 今年のMelbourne Cupにも出走(9着)したSculptorが國泰航空香港瓶(CX HK Vase/キャセイパシフィックホンコンヴァーズ)に参戦が決定。鞍上は日本でもお馴染みというかご無沙汰のLisa Cropp(高麗沙/リサ・クロップ)の予定。

 蘇銘倫(C Soumillon/クリストフ・スミヨン)の香港での短期騎乗が決定。ライセンスは12/3から2/24。昨シーズンがグダグダ過ぎたので挽回に期待。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

ヴァイタルキングも香港ヴァーズへ

 11/17の國泰航空香港一哩錦標預賽(CX International Mile Trial/キャセイパシフィックインターナショナルマイルトライアル T1600m 3yo+ 香Gr2)で勝利飛駒(Joyful Winner/ジョイフルウィナー)の鞍上が、予定されていた[ン先]毅力(E Saint-Martin/エリック・サンマルタン)から白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)に直前でスイッチ。ここしばらく、勝利飛駒の調教は[ン先]毅力が手綱を取っており、そのままレースでも騎乗するものと思われていたが、大摩(J Moore/ジョン・ムーア)師は「今のうちの主戦はダレン。エリックにはこうなる可能性は言い含めてある。」とコメント。いいのかそれで。

 昨シーズンの香港ダービー馬で、先日の國泰航空香港盃預賽(CX HK International Cup Trial/キャセイパシフィック国際カップトライアル T2000m 3yo+ 香Gr2)で4着だった活力金剛(Vital King/ヴァイタルキング)は本番は國泰航空香港瓶(CX HK Vase/キャセイパシフィックホンコンヴァーズ)に向かうことに。距離が長いほうに適性があると判断。今年は香港瓶の方が層が厚くなるかもしれない。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

宿無しホーイチ

 沙田夜賽。全レース全天候馬場で開催。
 カップ戦は第3Rに行われた2班AWT1800mの花旗盃(Fakei Cup)。
 現役では上位の全天候巧者である卓爾不凡(Top Honor/トップオナー)が4番手追走から直線で楽々と抜け出して快勝。

 11/11の開催で”やっちまった”ばかりの楊啓棠(K T Yeung/トマス・ヤン)が第2Rで危険騎乗。1万HKDの罰金と2開催日の騎乗停止。

 翌日11/15に誕生日を控える韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)が2勝で自分で前祝い。ちなみに今年で36歳になる。おお、年男だったのか。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

プレイバック蟹

 ネタがないので11/11の蟹の宴プレイバック。どうも今年はこれが蟹収めになりそうな気配なので、味を思い出しながら。と思ったらハラが減ってきた。ハラが減ったのでコメントは端折らせてもらっちゃいます。

 ちなみに先日の荳腐宴と幹事さんは同じで、わしにとって中華料理の恩人。何度か書いたこともあるけど、香港でたまたま入った店で偶然出くわすという不思議な縁もある人なのです。

(写真がいっぱいなので注意)

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

マイタケはバター焼きでも食いたい

 まずは告知。今月も馬券ブレイクでコラム書かせていただいてます。今回は香港國際賽事(HKIR)のことはほとんど触れずに、現地所属の日本関連馬の総ざらえです。香港國際賽事はほとんど触れずと書きましたが、検疫問題についてはちょいとだけ触れています。「誰も1ヶ月で決定なんて言ってねーぞ」と書きたかったのを堪えてるのが伝わると嬉しい限りです。


 11/11の開催で1万HKDの罰金と3日間の騎乗停止処分を受けた楊啓棠(K T Yeung/トマス・ヤン)がこれに不服申し立て。

 榮進寶寶(First Baby/ファーストベイビー)が11/17の3班T1600m戦に登録。メンバー下がってハンデが5ポンド増量。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

今年は違うぜビバパタカ

 沙田日賽。
 メインは第8Rの國泰航空香港盃預賽(CX HK International Cup Trial/キャセイパシフィック国際カップトライアル T2000m 3yo+ 香Gr2)。昨年は第3Rに組むという暴挙に出たが今年は一応後半に。
 断然の支持はやはり爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)で1.7倍、包裝大師(Packing Winner/パッキングウィナ-)が4倍台で続いて、昨年の終身美麗(Hello Pretty/ハロープリティ)が勝った時を彷彿させる雰囲気。
 んが、今年は爆冷がきっちりと勝利。小武士(Sir Ernesto/サーアーネスト)が逃げる流れを中団で折り合って追走、直線に向いて先に抜け出した包裝大師を残り150メートルで捕らえて押し切った。今年はオーナーの何鴻[火/榮](H S Ho/スタンレー・ホー)親分も来場していたのも効果があったか。詩情畫意(Art Trader/アートトレーダー)がゴール前で突っ込んだが、包装大師が2着を死守。思えば詩情畫意も一昨年のこのレースで上位人気だったが今回は人気薄。
 4着争いは後方から伸びた活力金剛(Vital King/バイタルキング)と牛精福星(Bullish Luck/ブリッシュラック)のG1馬2頭で、わずかに活力金剛が先着。2〜5着は位置取りの差かもしれないが、早めに抜け出して粘った包装大師には次も注視したい。
 爆冷の手綱を取った白徳民(D Beedman/ダレン・ビードマン)と管理する約翰摩亞(大摩/J Moore/ジョン・ムーア)調教師のコンビはこの日3勝。
 勝った爆冷の次走は國泰航空香港盃(CX HK Cup/キャセイパシフィック航空香港カップ)になるか國泰航空香港瓶(CX HK Vase/キャセイパシフィック航空香港カヴァーズ)になるかは未だ決定していない。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする