主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年08月31日

ムーア勢オーストラリア遠征断念

 澳門[乙水]仔夜賽。本来なら最終日のところ、荒天で日程変更となったいろいろな日がスライドしての開催。
 岡部誠騎手は10鞍騎乗予定が取消しで8鞍に減り、しかも未勝利。最終日はビッと締めて欲しい。
 

 オーストラリア遠征に向けて出国を中断していた爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)と爆炸(Viva Macau/ビバマカオ)について、管理する約翰摩亞 (大摩/J Moore/ジョン・ムーア)師は「常識的に考えて」と遠征を断念するコメント。今後は香港内で調整され、12月の香港國際賽(HKIR)や来年のドバイ遠征を目標としていくとのこと。


 競馬中継その他について、亞洲電視(ATV)が契約を6年間延長。個人的には無綫電視(TVB)よりこちらのチャンネルの方が好きである。
 

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

香港版ジョッキーマスターズ出走馬決定

 9/9のシーズン開幕日に行われる香港版ジョッキーマスターズ練馬師慈善賽(Trainers racing for charity)に参加する各調教師と騎乗馬が決定。

鄭俊偉 (C W Chang/マイケル・チェン)
  威霸龍 (Shining Dragon/シャイニングドラゴン)  セン7  評分: 58
告達理 (D Cruz/デレック・クルーズ)
  金百利 (Ganbaria/ガンバリア)  セン5  評分: 48
呂健威 (K W Lui/フランシス・ルイ)
  洋洋自得 (Arrogance/アロガンス)  セン9  評分: 57
約翰摩亞 (大摩/J Moore/ジョン・ムーア)
  新力高 (Sunny Golf/サニーゴルフ)  セン3  評分: 51
徐雨石 (Y S Tsui/ミー・ツュイ)
  上浦福將 (General Kingy/ジェネラルキンギー)  セン9  評分: 52
葉楚航 (C H Yip/デニス・イプ)
  葵扇煙 (Wild Ace/ワイルドエース)  セン4  評分: 57
姚本輝 (P F Yiu/リッキー・イゥ)
  金津寶 (Sir Octavius/サーオクタビアス)  セン8  評分: 38

 年齢も3歳から9歳、評分も38から58とうまくバラついたメンバーとなった。年齢と成績からも葉楚航師の葵扇煙が有力そう。次いで、鄭俊偉師の威霸龍と大摩の新力高あたりか。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

サイモン・イム休養へ

 賽馬會がシーズン開幕を前にプレスブリーフィング。
 レースにおいて、本来の脚質と異なる戦法を取ることによって十分なパフォーマンスを発揮できなかった出走馬(特に人気馬)について、従来以上チェックしますよん、とのこと。やり玉に上がったのは、5/1の新馬(Griffin)に出走の同一世界(One World/ワンワールド)。ほぼ同メンバーの前走を先行抜け出しで勝ったのに、このときは断然人気でチンタラ後方から走って惨敗したことについて。馬群の後ろに入れないと御しづらい、ということでの後方策だったが、なら先に言えよ、という話。

 嚴顯強(H K Yim/サイモン・イム)が背中の痛みによりドクターストップ。再度、ドクターの許可が下りるまで調教を含めて騎乗が不可となった。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

セイクリッドキングダムにモッセ

 新シーズン開幕日に行われる香港版ジョッキーマスターズ練馬師慈善賽(Trainers racing for charity)に出場予定だった蔡約翰(J Size/ジョン・サイズ)師は、自厩舎より出場に適した馬が手配できなかったため出場を断念するとのこと。これによって7人の調教師でエキジビションレースは行われることとなる。

 その新シーズン開幕日のメインレースの特首盃(香港特區行政長官盃/HKSAR Chief Executive's Cup)に、デビューからの連勝が5でストップした蓮華生輝(Sacrid Kingdom/セイクリッドキングダム)が出走予定。鞍上は列高力(D Nikolic/ダニー・ニコリック)から巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)に乗り替わり。
 また、同レースには紙醉金迷(Down Town/ダウンタウン)も出走の予定。
 

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

マカオ、開催消化できるのかい?

 荒天のため、途中中止となった8/25の澳門[乙水]仔夜賽は、残りのレースを8/31の開催に追加して行われる。この8/31の開催は、8/10の開催が同じく荒天のために中止になったため振り返られたものだったで、数珠繋ぎというか玉突きというかトコロテンというか。


 9/9の新シーズン開幕に向けて、香港賽馬會がプロモーションページを展開。3問正解で開幕当日の飲食バウチャーがもらえる「競馬物知りクイズ」などが展開中。

 日本だけでなく、オーストラリアでの馬インフルエンザ流行を受けて気になるのが香港の輸入馬への検疫であるが、香港では輸入馬匹に対し、ほとんどの感染病が発症するのに十分な期間の検疫に加え、入念な検査を行っているので大丈夫だと思われます。国際競走の場合でも、当然海外馬の厩舎は在厩馬とは別で、調教時間も別。また、すぐ脇に生化学研究所があるアドバンテージは大きいと思います(と言いつつも、今年のヘルペスなどもあるわけですがっ)。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

ビバパタカら出国見送り

 今週、オーストラリア遠征に出発を予定していた爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)と爆炸(Viva Macau/ビバマカオ)は、現地での馬インフルエンザ流行を考慮して、出発を1週間見送ることに。その間に、沈静化に向かわない場合は、遠征の取り止めも検討されるとのこと。

 アイルランドから昨年のNational Stksの3着馬Eyshalと、イギリスから今年の英国Derby Trial3着、The Derby7着のKid Mamboがそれぞれ香港に到着。Kid Mamboは予定通り爆冷と同じく、オーナーは何鴻[火/榮](H S Ho/スタンレー・ホー)親分、調教師は大摩(J Moore/ジョン・ムーア)師。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

エレガントファッション第2仔も牝馬

 澳門[乙水]仔夜賽。んが、またしても荒天のために第9R終了後に中止。振り替えるとすれば最終週のどちらか。
 岡部誠騎手は3鞍騎乗予定が2鞍。5着と10着だった。

 02/03シーズンの香港打[ロ比]大賽(HK Derby)を牝馬ながら制し、04/05シーズンの女皇盃(QE2)を最後に引退、繁殖入りした勝威旺(Elagant Fashion)が、父Encosta de Lagoの牝駒を8/20に出産。昨年の父Zabeel産駒に続いて牝馬である。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

ラスベガスで発売に正式同意

 澳門[乙水]仔夜賽。荒天で順延された8/18の番組も追加して13Rで実施。
 岡部誠騎手は7鞍騎乗で2着2回が最高。うーん、本人も困っていたけど勝てないなぁ。


 交渉が大詰めに入っていたラスベガスでの香港賽馬の馬券発売であるが、このたびめでたくネバダ州の賭博管理委員会と正式に同意。これによって、通年でのラスベガスでの馬券発売が可能に。

 新シーズン最初のバリアトライアル実施。告東尼(A Cruz/アンソニー・クルーズ)厩舎と告達理(D Cruz/デレク・クルーズ)厩舎の所属馬が出走。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

実はやばくないか馬インフルエンザ

 日本の馬インフルエンザがオーストラリアに種牡馬としてシャトル輸出された馬から感染したという報せが飛び交う。ほんまかいな。拡大してないことを祈るしかない。遠征の爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)にとってもいい迷惑。

 6月にキーンランド警察当局に捜査を受けた賓康(P L Biancone/パトリック・ビアンコーヌ)師であったが、この件に関連して専属獣医が文書提出を拒んだため職務停止処分に。どうやら毒蛇の毒が厩舎に転がっていたとかいなかったとか。

 香港賽馬會のWebサイトがちょいとマイナーバージョンアップ。馬個別の成績欄がシーズン別になったり、レース成績表のレース番号がアイコンになったり、少しずつ改良されている。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

ビレットエクスプレス引退

0603CentenaryBiEx1.JPG

 05/06シーズンの主席短途奨(Chairman's Sprint Prize/チェアマンズスプリントプライズ)で燦惑(Scintilation/シンチレーション)や精英大師(Silent Witness/サイレントウィットネス)を破る大金星を挙げた金岡盃(Billet Express/ビレットエクスプレス)が退役。香港では32戦7勝、移籍前のオーストラリアでは4戦2勝。結局、大金星が最後の勝利となった。

 オーストラリア遠征予定の爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)と爆炸(Viva Macau/ビバマカオ)の現地でのローテーションについて、爆冷は9/22のUnderwood Stakes(1800m)か10/6のTurnbull Stakes(2000m)を叩いて本番のCox Plateに向かい、爆炸は9/22の1400m以上のレースからCaulfield Cupと Melbourne Cupに向かうプランと約翰摩亞(大摩/J Moore/ジョン・ムーア)師。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

ムーア師も出場前向き

 新シーズン開幕日に行われる予定の香港版ジョッキーマスターズに、約翰摩亞(大摩/J Moore/ジョン・ムーア)師も57歳ながらどうやら乗り気で、出走馬もオーナーの協力を得られそうとのこと。その他では、徐雨石(Y S Tsui/ミー・ツュイ)師、告達理(D Cruz/デレック・クルーズ)師、葉楚航(C H Yip/デニス・イプ)師、呂健威(K W Lui/フランシス・ルイ)師、姚本輝(P F Yiu/リッキー・イウ)師らが出場のためにトレーニングを積んでいる。やべぇ、やっぱり行きてぇー。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

密談

 途中中止となってしまった8/18の澳門[乙水]仔の夜賽は、開催されなかった分を8/24の夜賽に組み込まれて行われることが決定。当日は13レース制となる。


 前夜から作業に没頭したため、起きたらかなりいい時間。まず、起床して目に飛び込んできたのが中華航空炎上のニュース。あれで最悪の事態が起きなかったのはすごい。事故が起きてしまったのは残念なことであるが、それでも今回の中華航空のスタッフの対応は褒められるものである。でも、やはり中華航空には怖くて乗れん、というのはまた別の話。
 実は香港-沖縄の経路としては台湾乗り継ぎの中華航空がスタンダード。今回も香港からの旅行者が結構乗っていたようだ。
 

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

オリエンタルマジック引退

P2267398.JPG

 香港移籍前にKalamanの名前で走り、セントジェームズパレスS2着や、エクリプスS3着などの成績を残した魔術師(Oriental Magic/オリエンタルマジック)が引退。
 香港移籍初戦は04年の香港一哩錦標(HK Mile/香港マイル)。直前のハンデキャッパーカンファレンスでこの馬の評価が低いことに対し、かの合田さんが、「どこかで見た成績だと思ったらKalamanなのに、なんでこんなに評価が低いんだ。」と質問したのを現場で目撃したのだが、どうやらこの逸話は一部で有名らしいっすね。
 移籍前はGI好走を含む11戦4勝に対し、香港では22戦1勝とかなり期待はずれに終わった。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

エリック・ツァンまた愛馬が重賞勝利

 朝からドシャ降りの澳門[乙水]仔夜賽。
 メインは第6Rに組まれた今シーズン最後の重賞、澳門盃(Macau Cup/マカオカップ T1500m 3yo+ 澳Gr2)。当日まで回避馬はなく、リザーブの岡部誠騎手は騎乗なし。前走の董事盃(Directer's Cup/ディレクターズカップ)を2着と調子を取り戻してきた搖滾小子(Rock 'n' roll Kid/ロックンロールキッド)が1番人気。
 皇冠禮物(Crown's Fift/クラウンズギフト)が先手を取り、宮殿福將(Palece General/パレスジェネラル)が続く展開。2頭が3コーナーで後続を大きく引き離すが、直線手前で一気に失速。先に抜け出した穩中求勝(Safety Investments/セーフティインベストメンツ)に、3コーナーからインコースをスルスルと進出した放下(Let Go/レットゴー)が残り100mで迫ると、叩き合いの末に放下がわずかに先着。1番人気の搖滾小子はいいところなく11着。
 放下は7歳ながらこれが重賞初制覇。オーナーは現在の澳門最強馬である獎門人(Crown's Master/クラウンズマスター)と同じく俳優の曾志偉(C W Tsang/エリック・ツァン)。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

香港でも大騒ぎ

 澳門[乙水]仔夜賽。
 岡部誠騎手は6鞍騎乗で2着と3着を1回づつ。前日も電話で本人と話をしたのであるが、勝ち星から遠のいているのが相当悔しい様子。名古屋から角田調教師らが応援に行ってるのに残念。

 中央競馬は馬インフルエンザの影響で今週末の開催を取り止め。前日の開催決定の報は、競馬会的には「開催に向けて努力する方針」という表現を、決定、とされてしまったようだ。
 香港でもこの件についてはちょっとした騒ぎに。スプリンターズステークスへの香港馬の登録は今年はないものの、他の国からの遠征馬はどうするんかいな、とか、メイショウサムソンはどうなのよ、とか。

 で、92年に香港で発生した馬インフルエンザのことを日本では大きく取り上げるところもあるようだが、一部は参考になるであろうが、根本では全く参考にならない気がする。何しろ、香港の競走馬資源は沙田にしかいないんで。出入りの多い日本のトレセンとはちょっと状況が違うというか、日本の方が深刻であろう。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

ジョッキーマスターズ香港版実施へ

 8/14のエントリでチラリと書いた香港版ジョッキーマスターズレースがどうやら実現しそう。
 新シーズン開幕日の9/9の第1レース前に芝直線800mを使って行われるのであるが、日本との大きな違いは、現役の競走馬(評分60以下)を使用するという点と、出走馬の調教師自身が騎手として手綱を取るという点。賽馬會から20万HKDがこのレースに寄付金として供出されるのだが、優勝した調教師と馬主はこの寄付金の寄付先を指名する権利を得られる。これはこれで理にかなっていると思う反面、相変わらず香港の無茶っぷりに感心させられる。

 出場する調教師はまだ発表になっていないが、葉楚航(S K Yip/デニス・イプ)師あたりもやる気マンマンとか。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

おめでたでござる

 昨シーズンの騎手リーディング2位の柏寶(B Prebble/ブレット・プレブル)一家がバカンスで帰国していたオーストラリアから帰国。柏寶は早朝5時に香港国際空港に到着したその足で調教スタンドにも顔を出したそう。

 薛順強(S K Sit/ヴィンセント・シッ)騎手の夫人で元騎手の余詠詩(W S Yu/キャロル・ユー)が男児を出産。母子ともに健康とのこと。

 帝聖名駒(Regency Horse/リージェンシーホース)が告東尼(A Cruz/アンソニー・クルーズ)厩舎から霍利時(D Ferraris/デビッド・フェラーリ)厩舎に厩転。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

香港でもジョッキーマスターズ!?

 現在、特設Webサイトで「經典20華將系列」と称して、既に騎手としては一線を退いた香港出身騎手たちの雄姿の動画を集めたプロモーションが展開されているが、そのゴールとして、9/9の新シーズン開幕日に元騎手たちによる、模擬レースが行われる案があると東方日報。おお、これって日本のジョッキーマスターズとか、オーストラリアのレジェンドレースじゃん!先日、香港のとある広報担当に何気なく日本のレジェンドレースを紹介したのであるが、本気で働きかけてくれたのであれば、ちょっとすごすぎ。
 そして、どうも調教師の中でも告尼東(A Cruz/アンソニー・クルーズ)師が相当乗り気らしい。そういえばレジェンドレースでも優勝もしてるので、案外この手の企画は大好きなのかもしれない。もっとも、騎乗からは遠ざかっているOBも少なくないので、安全には万全の配慮をした形で行われるであろう、とのこと。
 うおー、見てぇー。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

ややこしいけど上位に4頭

 06/07シーズン終了時点での現役サラブレッドワールドランキングが発表。香港勢は122ポンドの4位に爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)と爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)が、121ポンドの第7位に騏綵(Absolute Champion/アブソリュートチャンピオン)が、120ポンドの第8位に好利威(Armada/アルマダ)がランクイン。日本馬のトップは125ポンドのアドマイヤムーン(賞月)、次いで120ポンドでデルタブルース(密州怨曲)。

 澳門で騎乗中の李格力(E Legrix/エリック・ルグリ)がライセンスを返上。今後はシンガポールに移籍の予定。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

ドラゴン遭遇

 新シーズン開幕日の9/9に行われる首長盃(香港特區行政長官盃/HKSAR Chief Executive's Cup)からの始動を目指していた無敵神駒(Medic Power/メディックパワー)だったが、これを見送って10月からの始動となることに。最大目標を年末の香港短途錦標(HK Sprint/香港スプリント)としており、酷暑の中で9月始動のための無理を避けるため。
 仕切り直しの初戦は、10/1の沙田短途錦標(Sha Tin Sprint Trophy/サティンスプリントトロフィー)か、10/21の精英碗(Premier Bowl/プレミアボウル)の見込み。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする