主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年07月11日

ニコリック、シンガポールダービー騎乗

 元ジョッキーであり、シーズン終了を持ってジョッキーを廃業した余健誠(K S Yu/アレックス・ユー)の姉であり、現在は薛順強(S K Sit/ヴィンセント・シッ)騎手の夫人でもある余詠詩(W S Yu/キャロル・ユー)が、この8月に2人目の出産を控えていると成報。そんなわけで、例年なら夏休みを利用して夫婦揃ってバカンスに出る薛順強も、来シーズンに向けてバカンス返上で気合が入りまくってるとかいないとか。

 列高力(D.Nikolic/ダニエル・ニコリック)が7/14に行われるシンガポールダービー騎乗のため遠征。シンガポールダービーではWind Chaserに騎乗する。その他にも騎乗予定あり。 


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 13:46| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ヴェンジャンスオブレインはヴァーズへ

 現在ニュージーランドのケンブリッジスタッドで休養中の06/07シーズンの香港馬王、爪皇凌雨(Vengeance Of Rain/ヴェンジャンスオブレイン)は9月に帰厩し、香港瓶(HK Vase/香港ヴァーズ T2400m 3yo+ Gr1)を年内の目標として調整されるとのこと。香港瓶は過去に香港調教馬では原居民(Indigenous/インディジェナス)が制しているが、国際Gr1になって以降香港から制した馬は出ていない。

 リーディングジョッキーの韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)が今年も8月に行われるシャーガーカップに選出。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

HKJCキングカメハメハ産駒を購入

 セレクトセールの1歳馬取引で、香港賽馬會がLot63の牡駒を購入。父:キングカメハメハ、母:ナイサー、母父:Pennine Walkで3200万円。
 セールにMark Player氏が来場するというのは聞いていたのだが、まさか購入するとは思わなかった。いよいよ賽馬會も日本馬導入に本腰を入れるのであろうか。これまでの日本産馬と価格も血統もブランドも違っているので、この馬の成績によって日本馬の評価が左右される面は大きいだろう。
 
 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

日本産馬サザンエンペラー転厩

 日本産馬の南方霸主(Southern Emperor/サザンエンペラー)が蘇保羅(P O'Sullivan/ポール・オサリバン)厩舎から姚本輝(P F Yiu/リッキー・イゥ)厩舎に転厩。これで早くも2回目の転厩。姚本輝調教師は、4月に厩舎開業300勝を達成。

 香港で調教を開始してちょうど1年になる薛達志(A Schutz/アンドレアス・シュッツ)調教師。その薛達志厩舎に最初にやってきた冠[馬華](Sydney Owner/シドニーオーナー)が退役。薬物禍に巻き込まれたりして結局香港ではパフォーマンスを発揮できず。牝馬なので繁殖としてオーストラリアで余生を送る見込み。

 突き抜けそうで重賞クラスでは突き抜けなかった[ロ力]蝦王(Special King Prawn/スペシャルキングプローン)も退役。香港で34戦4勝、移籍前のイギリスで2戦1勝だった。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

コーツィー、ダーバンジュライ2着

 澳門[乙水]仔夜賽。
 第6Rにメインの里斯本挑戰盃(Lisboa Challenge T1400m 3yo L)は嫦微笑(Always Smile/オルウェイズスマイル)。3戦連続2着を経て5戦目の初勝利が大きいところになった。

 岡部誠騎手は8鞍2着1回、4着1回。

 南アフリカGreyvilleで行われたDurban July(T2200m 3yo+ 南非Gr1)にBuy And Sellに騎乗して参戦した高雅志(F Coetzee/フェリックス・コーツィー)は2着。勝ったのは馬安東(A Marcus/アントン・マーカス)騎乗のHunting Tower。杜鵬志(A Delpech/アンソニー・デルペッシュ)騎乗のRoyal Air Forceは11着だった。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

ダーバンジュライ

 澳門[乙水]仔夜賽。7月に入ったので、シーズン終了まで夜賽が続く。
 岡部誠騎手は8鞍騎乗して1勝、4着1回。

 シーズンオフを利用して南アフリカに帰国の杜鵬志(A Delpech/アンソニー・デルペッシュ)と高雅志(F Coetzee/フェリックス・コーツィー)が、7/7に行われる当地大レースDurban Julyに騎乗することに。杜鵬志はRoyal Air Force、高雅志はBuy and Sellにそれぞれ騎乗する。
 このレースには馬偉昌(W C Marwing/ウェイチョン・マーウィン)、馬安東(A Marcus/アントン・マーカス)、史科菲(G Schofield/グリン・ショフィールド)といった香港でもお馴染みのジョッキーのほか、来シーズン騎乗する薛凱文(K Shea/ケビン・シア)も騎乗する。


 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

南アフリカ人騎手2名母国で滞在

 サイマルキャスト発売の売り上げも伸びを見せたと評価。06/07シーズンで最も多く売れたのは安田記念で、以下ジャパンカップ、ドバイワールドカップの順。下手な日本人よりも海外競馬に詳しい人が多いのも頷ける。
 このサイマルキャスト発売について、現在1シーズン10レースまでと政府に規制されているが、この枠の拡大を今年も要求する。06/07シーズンと同じままだと、爆冷(Viva Pataca/ビバパタカ)が出走予定のコックスプレートを売ることができないのだ。

 南アフリカ出身の杜鵬志(A Delpech/アンソニー・デルペッシュ)と高雅志(F Coetzee/フェリックス・コーツィー)は、シーズンオフを利用して母国で騎乗することに。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

Gr2重賞新設

 シーズン総括のプレスブリーフィング。

 05/06シーズンに見直された香港出身の自由騎師及び見習騎師への負担重量の恩恵について、騎乗数並びに勝利数が大幅に伸びたことを指し「大成功」であったとコメント。見習騎師を起用した場合、馬主が支払う騎乗料が半額だということも大きいようだとしている。

 06/07シーズンは31鞍あった重賞は全て07/08シーズンも存続。これに加え、5月1日に芝1200メートルのローカルGr2の重賞が新設されることに。スプリント路線一線級の馬がシーズン後半に使うレースが少ないことが懸念されていた対策でしょう。
 これに伴うように、短途錦標系列(Champion Sprint Series/スプリント三冠)の3レースがそれぞれ半月からひと月前倒しに。女皇銀禧紀念盃(Queen's Silver Jubilee Cup/クイーンズシルバージュビリーカップ T1400m 3yo+ 香Gr1)は3月16日に香港打[ロ比]大賽(HK Derby/ホンコンダービー T2000m 4yo 香Gr1)と同日開催。1月は1000mの重賞が2つになるのか。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

人ごみと降着とスコールと

 7/2沙田日賽の続き。

 とにかく来場者の多かった開催。普段は空席だらけのクラブメンバーエリアのカフェテリアも終日席があくことがなく、ようやっと空いたと思ったら食うものが根こそぎなくなってた。一般席はどうなっていたことやら。モーベンピックのアイスまで売り切れて、5R前から合流した坂田さんとガックリ肩を落とす。なんとこの日の入場人員は7万人以上だった。

 第6Rの3班芝1600m戦で審議と抗議。1着か2着のどちらかが4着以下に沈めば3Tリーチでかなりアツくなる。実際4着馬も被害被ってるし。1着で入線した王志偉(S W Wong/テリー・ウォン)騎乗の天威(Secret Of Kings/シークレットオブキングス)が最後の直線で大外から内に豪快に斜行。これが審議の対象かと思いきや、2着に入線の線路精英(Circuit Hero/サーキットヒーロー)が3着入線の聚寶駒(Elfhelm/エルフヘルム)に対する進路妨害だった。
 で、抗議成立。2着と3着が入れ替わり、わしの確変昇格は幻に終わった。

 この日は騎乗停止処分はないものの、ちょっとした決算大処分制裁祭り。上述の第6Rで降着の巫斯義(G Mosse/ジェラール・モッセ)が12万HKD、やっぱり処分対象となった王志偉が4万HKD、第5Rで韋達(D Whyte/ダグラス・ホワイト)が12万HKD、列高力(D Nikolic/ダニエル・ニコリック)が2000HKDの罰金処分を受けた。

 王志偉は第11R以降を、薛順強(S K Sit/ヴィンセント・シッ)は第8R以降をそれぞれ体調不良で乗り替わり。なのに最後のセレモニーには元気な姿を見せていた。どーなんだそれ。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

年度代表馬はヴェンジャンスオブレイン

070429VODFace.JPG

 沙田日賽。今シーズンの最後の開催。

 メインは第9Rに組まれた1班芝1600mの香港特區十周年紀念盃(HKSAR 10th Anniversary Cup)。1番人気は前走の[シ匯]豐卓越理財盃(HSBC Premire Cup/HSBCプレミアカップ T1400m R95+ 香Gr3)で2着の開心(Survey Survey/サーベイサーベイ)。
 その[シ匯]豐卓越理財盃を制した再領風騷(Egyptian Ra/エジプシャンラ)がジワっと先手を取ると、道中絡まれつつも最後まで脚色衰えずに押し切り勝ち。04年に香港に転入して以来ずっと勝ち星に恵まれなかったのが嘘のように今年だけで4勝。鞍上の[ン先]毅力(E Saint-Martin/エリック・サンマルタン)はこのレースを含めて7〜9レースを3連勝。

 その他のレースについては明日付けで。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

返還10周年

070701HKSAR10.1.JPG

 朝から、というか前夜から返還10周年祝賀ムード。各所で夜通しでのコンサートなども。
 午前中、快活谷の賽馬博物館に行こうと考えていたら、どうやら快活谷馬場では解放軍のパラシュート降下部隊などの演習公開があるということを知り断念。これもテレビで中継を見ていたんすけど、とにかくすごい。ちょっと中国人になってもいいかも、と思わせられてしまう。

 ただ、やっぱり香港の人が人民国旗を振っているのは違和感がある。1日中流れる義勇軍行進曲を聴きながらそう思った。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。