主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年04月09日

ジョイフルウィナー1年ぶりのVで連覇

 沙田日賽。

 メインは第8Rの女皇銀禧紀念盃(Queen's Silver Jubilee Cup/クイーンズシルバージュビリーカップ T1400m 3yo+ 香Gr1)。
 1番人気が予想されていた騏綵(Absolute Champion/アブソリュートチャンピオン)は、出否を当日まで引き伸ばして結局取り消し。
 替わって1番人気に推されたのは前走の主席錦標(Chairman's Trophy/チェアマンズトロフィー T1600m 3yo+ 香Gr2)を3着とようやく調子の上がってきた昨年のこのレースの勝ち馬である勝利飛駒(Jotful Winner/ジョイフルウィナー)。
 レースは2番人気の紙醉金迷(Down Town/ダウンタウン)が楽に先手を取り、歩歩勇(Able Prince/エイブルプリンス)がこれに外から絡む流れ。勝利飛駒と星運爵士(The Duke/ザデューク)は並んで後方から。
 4コーナーでコーナーワークによって紙醉金迷が後続を引き離す。勝利飛駒は最内へ、星運爵士は外を選択。勝利飛駒がスルスルと内から忍び寄ると、残り100mで紙醉金迷を捕らえて先頭に。大外から「らしくない」脚で豪快に伸びた星運爵士に迫られるも、1馬身1/4振り切って勝利。直線のコース取りで明暗を分けた印象。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする