主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2007年01月31日

フランシス・ルイ師異議申し立て

 沙田夜賽。全レース全天候。さらっと。

 カップ戦は第5Rの3班1200m、樂善堂盃(Lok Sin Tong Cup)。
 1番人気の正隆(Byron)が先行集団を見る位置から、残り200mで抜け出して勝利。2着に2番人気の海之逸(Ocean Tranquil)で固い決着。 

 2班は2鞍。第7Rは1200m。
 中団やや後方でレースを進めた5番人気の世易商人(Expectations)が直線でジワジワと脚を伸ばして差し切り勝ち。1番人気の緑色顕男(Dr. Green)は最後に伸びきれず4着で波乱。

 第8Rは、1650mの2班。
 人気馬総崩れで、勝ったのは10番人気の神殿(Magic Temple)。とはいえ、この馬も全天候巧者の1頭。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 12:20| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

ダナコート転厩

 05/06シーズンの冠軍一哩賽(Champions Mile)の2着馬、活力寶蹄(Danacourt)が蔡約翰(J Size)厩舎から約翰摩亞(大摩/J S Moore)厩舎に転厩。転厩の正式な日付は1/27なので、同じく蔡約翰厩舎所属だった好利威(Armada)が董事盃(Stewards' Cup)を勝ったことと直接因果関係はない様子。

 その好利威の今後の予定について蔡約翰師はドバイ遠征(杜拜免税店盃(Dubai Duty Free/ドバイデューティフリー))にも前向きで、オーナーに打診した結果次第で参戦する様子。参戦する場合は、3/4に行われる香港金盃(HK Gold Cup)をステップにするか直行とのこと。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

2班戦からもダービー有力馬

 ガッデム!またセーブする前にリロードしちまったっ。

 そんなわけで1/28沙田日賽の続き。

 第9Rは2班の[青見]蝦王譲賽(Fairy King Prawn HDCP)。芝2000mということで、マイル戦の香港経典一哩賽(HK Classic Mile)ではなく、こちらを選んだダービー路線組が7頭エントリー。ところが、レース当日の朝に4歳勢の1頭、冠軍廊(Champion's Gallery)が外傷のため取消し。1番人気はやはり4歳馬で、香港移籍前にSouth Australia Derby(G1)2着がある工程塑料(Plastic Polymer)。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

1番人気が両G1を制す

 沙田日賽。
 メインは4歳馬限定の香港經典一哩賽(芝1600m/HK Classic Mile)と古馬による董事盃(芝1600m/Stewards' Cup)のダブルG1。

 先に行われたのは第7Rの香港經典一哩賽。
 1番人気は元旦に行われた芝1400mのG3華商會挑戰盃(Chinese Club Challenge Cup)で重賞初勝利を挙げた俊歡騰(Floral Pegasus)。2番人気が同じく告東尼(A Cruz)厩舎で香港転入後3戦2勝の開心 (Survey Survey)。以下、紙醉金迷(Down Town)、永利好(All's Well)まで10倍以下。

 陽光 (Sunny Power)が先行し、掛かり気味に喜皇寶(Royal Delight)、好輝煌(Supreme Class)といった辺りが追走。紙醉金迷もやや折り合いを欠き気味。俊歡騰は8番手の外目をゆったりと追走。
 4コーナーで馬群が凝縮すると、俊歡騰もじわっと進出。直線に向いてグイグイと伸びて残り200mで前を捕らえると、最後は手綱を抑えながら後続に1馬身3/4差で完勝。2着には後方3番手から大外を追い込んだ爆炸(Viva Macau)、3着にやはり外から伸びた永利好。紙醉金迷は6着。
 俊歡騰は今年に入って、以前の決め手の甘さが嘘のよう。この後は香港打[ロ比]大賽(HK Derby)に直行の予定。爆炸はここで仕上がってきたか…。本番で怖い存在になりそうです。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

アジアマイルチャレンジ登録 香港から21頭

 アジアマイルチャレンジの登録馬が発表。香港からは以下の21頭。

歩歩穩(Able One)   約翰摩亞(大摩/J S Moore)
好利威(Armada)   蔡約翰(J Size)
詩情畫意(Art Trader)   約翰摩亞(J S Moore)
自由行(Best Gift)   蘇保羅(P O'Sullivan)
牛精福星(Bullish Luck )   告東尼(A Cruz)
冠軍廊(Champions Gallery)   薛達志(A Schutz)
活力寶蹄(Danacourt)   蔡約翰(J Size)
天仲之寶(Dave's Best)   葉楚航(Dennis C H Yip)
紙醉金迷(Down Town)   葉楚航(Dennis C H Yip)
好[父/巴][父/巴](Good Ba Ba)   薛達志(A Schutz)
自然好(Good Nature)   蘇保羅(P O'Sullivan)
緑色駿馬(Green Treasure)   方嘉柏(C Fownes)
終身美麗(Hello Pretty)   告東尼(A Cruz)
勝利飛駒 (Joyful Winner)   約翰摩亞(J S Moore)
同一夢想(Medico)   約翰摩亞(J S Moore)
新力勁(Sunny King)   約翰摩亞(J S Moore)
新力升(Sunny Sing)   約翰摩亞(J S Moore)
星運爵士(The Duke)   方嘉柏(C Fownes)
活力金剛(Vital King)   蘇保羅(P O'Sullivan)
爆炸(Viva Macau)   約翰摩亞(J S Moore)
爆冷(Viva Pataca)   約翰摩亞(J S Moore)
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

なぬ!?香港でブリーダーズカップ!?

P4238629.JPG

 昨年の女皇盃(QE2)を勝ったIrridescence(幻彩光華)が連覇を狙って今年も同レースへの出走に前向きとのこと。いつの間にかMike de Kock厩舎に戻ってた。昨年無念のスクラッチとなった杜拜免税店盃(Dubai Duty Free/ドバイデューティフリー)から向かう予定。
 また、同じ厩舎のAsiatic Boyも冠軍一哩賽(Champions Mile)に向かわせたい意向。1/18のドバイのDumaani STKSを勝っています。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 19:02| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

香港3騎、ドバイに前向き

 3/31のドバイミーティングに向けて、香港所属の3頭の関係者が出走に前向きであるとのこと。
 杜拜司馬經典賽(Dubai Seema Classic/ドバイシーマクラシック)に出走意欲を見せているのが爪皇凌雨(Vengeance Of Rain)。
 昨年も期待されながら心臓疾患により長期休養に入ってしまい痛恨の回避。今季はまだ3戦して勝ち星はありませんが、前走の國泰航空香港盃(CX HK Cup)でも3着と好走しており、上昇カーブを描いています。オーナーサイドとしては、心臓のことや精英大師(Silent Witness)の遠征後の様子から、一旦は遠征に消極的になったと伝えられていましたが、使い込みたいタイプながら適鞍がないことも手伝ってか、ここに来て前向きになったようです。一昨年、遠征ナシでワールドチャンピオンになったことで異論が沸き起こりましたが、ここで結果を出してタイトルが相応しかったことを証明して欲しいところです。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 15:21| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

最高額馬の名はディンシス

 快活谷夜賽。香港に出かけていた某局のE田君は前売りで購入して帰国。
 3班カップ戦のほかに2班戦1鞍など。

 カップ戦は第6Rに1650mで争われた義勇軍挑戰盃(The Volunteers' Challenge Cup)。
 連闘の悦目(Picture Perfect)が逃げる展開を、イン3番手でレースを進めた源活海(Esperanza)が直線でサッと抜け出して勝利。2着に最後方から伸びた人気薄の幸福得寶(Fotune Warrior)。3着に更に人気薄の世紀巨星(Super Dana)。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 | Comment(0) | TrackBack(2) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

サイレントウィットネス次走ブリンカー着用?

 2/4に行われる百週年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup)に出走する精英大師(Silent Witness)は背水の陣。1/18の調教ではこれまで使用することのなかったブリンカーを着用するなど、復活に向けて試行錯誤が続けられています。
 浅めのブリンカーを着用しての芝直線800mのゲート調教では併せ馬で23.0-22.5と実戦並みの速い内容。コースこそ違いますが、2着となった暮れの國泰航空香港短途錦標(CX HK Sprint)の自身のラップタイムとほぼ差がなく、効果をうかがわせています。その後の調教ではブリンカーを外していますが、レースでは再度着用することも検討されているようです。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 12:12| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

センテナリースプリントカップ登録馬

 2/4に行われる百週年紀念短途盃(Centenary Sprint Cup)の登録馬が発表。距離直線芝1000mに登録は10頭。

歩歩速(Able Choice) 約翰摩亞(J Moore) 97
歩歩勇(Able Prince) 約翰摩亞(J Moore) 118
騏綵(Absolute Champion) 賀賢(D J Hall) 128
金岡盃(Billet Express) 約翰摩亞(J Moore) 113
電光火力(Natural Blitz) 告達理(D Cruz) 118
快而勁(Our Jet) 沈集成(Danny C S Shum) 103
紅旗飛揚(Planet Ruler) 李易達(Almond Y T Lee) 113
帝聖名駒(Regency Horce)告東尼(A S Cruz) 110
燦惑(Scintillation) 沈集成(Danny C S Shum) 127
精英大師(Silent Witeness) 告東尼(A S Cruz) 119

 中心視されるのはやはり國泰航空香港短途錦標(CX HK Sprint)で圧倒的なパフォーマンスを見せた騏綵。赤いチークピーシーズの効果はここでも生かされそう。匯豐卓越理財洋紫荊短途錦標(HSBC Bauhinia Sprint Trophy)で復活した燦惑も、このメンバーなら上位争い。直線1000mということで電光火力も押さえたい。
 気になるのは後が無い精英大師。このレースの内容次第で即引退もありえるわけなのですが、近走ではこの条件で全くいいところがなく、状況としては非常に厳しい気がします。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

ビードマンがスポット騎乗

 1/28に行われる香港経典一哩賽(HK Classic Mile)に出走する新力勁 (Sunny King)に、オーストラリアからD Beedman(白徳民)がスポット騎乗することが決定し、ライセンスが発行されることいなりました。これに伴って、同日に行われる董事盃(Steward's Cup)について、新力勁と同じ約翰摩亞 (大摩/J Moore)厩舎所属で、昨年の安田記念(3着)でも同馬の手綱を取っている勝利飛駒 (Joyful Winner)に騎乗することが有力視されています。

 その大摩厩舎所属で03/04シーズンの沙田一哩錦標(ShaTin Mile Trophy)を勝ち、04/05シーズンの香港打[ロ比]大賽(HK Derby)にも出走(10着)した不老傳奇(Stay Young)が梁定華(Andy T W Leung)厩舎に転厩。沙田一哩錦標以来勝ち星から遠ざかっています。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

ダリューズ香港通算200勝目

 しくじった。ほぼエントリが書き上がったとこでリロードしちまって全部消しちまった…。こいつは心が折れる。

 そんなわけで沙田日賽。痛恨の全部書き直し。
 カップ戦の3班戦の他に1班1鞍、2班2鞍。

 1班戦は第10Rに行われた芝マイル戦の香港大學賽馬會舍堂村讓賽(HKU Jockey Club Student Villages HDCP)。
 逃げ粘る4番人気の小武士(Sir Ernesto)を1番人気の好[父/巴][父/巴](Good Ba Ba)が抜群の切れでゴール前捕らえて勝利。3着にエンドスイープ産駒の樂意(Clean Sweep)。出遅れて先手を取り損ねた土星(Saturn)は向正面で小武士に絡んで行ったものの、直線に向いて強烈な逆噴射でブービーから13馬身離されたドベ。このためバリアトライアルを次走の前に課せられることに。
 好[父/巴][父/巴]は昨年暮れに黄汝安(Alex Y O Wong)厩舎から薛達志(A Schutz)厩舎に転厩して初出走初勝利。鞍上の杜利莱(O Doleuze)はこれが香港通算200勝目。第6Rを勝利してリーチとして自力ツモ。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

テイクオーバーターゲット罰金20万ドル

 12/10に行われた國泰航空香港短途錦標(CX HK Sprint)を出走除外された兼併目標(Takeover Target)の禁止薬物検出問題について、全ての調査を完了させた香港賽馬會は、管理するJaniak師に対して20万HKD(≒300万円)の罰金処分を言い渡した。調教の停止・禁止などの処分は含まれていません。
 すったもんだしたこの問題は一応これにて落着となりそうです。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

さらに新賭式

 今シーズンに入って、新たな賭式として四連環(First Four)を導入した香港賽馬會ですが、春節後最初の開催である2/20の沙田日賽より更に新しい賭式を導入する模様。
 その名も「括弧獨贏」。英語呼称が見つからないのですがBracket Winとかでしょうか。日本語で表現すれば、枠番単勝?という感じ。
 東方日報や新浪網の報じるところによれば、出走馬番の1〜4番を1枠、5〜8番を2枠、9番以降を3枠として、どの枠の馬が勝つかを当てるというもの。枠順確定時点で9頭に満たない場合は1枠と2枠のどちらかを当てる、ということになるようです。

 全っ然、面白そうじゃないんですけど!!

 どうやらサッカーくじの主客和(HAD→ホームチームが勝つかアウェーチームが勝つか引き分けかを当てる)のシンプルさ参考にしたようなのですが、こうなってしまうと競馬ではなく、マークシックスに通じる数字遊びのような印象を受けます。サッカーくじからの顧客取り込みを狙っているようなんですが、どうもバクチにおける思考の放棄というのは、日本だけでなく香港でも顕在化されているようですね。

…と、ここまで書いておきながら、組み合わせによっては逆張りで意外に美味しい思いもできそうな気がしてきました。3頭立ての単勝なんてなかなかお目にかかれませんから、こすっからく勝つには手っ取り早いかも←この時点でおめーも何も考えねーんじゃんと言われそう。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

マカオやらドバイやら

 快活谷夜賽。
 メインは3つ組まれた3班戦のうち、1800メートルで争われる第7Rの香港會挑戦盃(Hong Kong Club Challenge Cup)。人気は昨年暮れに行われた國際騎師錦標(International Jockeys Championship)で武豊騎手が騎乗し、騎乗停止処分のキッカケとなった加州[山/顛]峯(Californiamountain)。
 前に行きたい加州[山/顛]峯のハナを叩いたのは勁彩寶蹄(Tactic King)。3〜4角の下り坂で後続を引き離して直線に向くと、迫る馬友寶(Victory Treasure)とのマッチレース状態に。この2頭でゴールを迎える瞬間、輕鬆出撃(Easy Punch)が強襲。わずかに勁彩寶蹄が凌ぎ切って、輕鬆出撃は2着。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

ヴェンジャンスオブレイン絶好

 バリアトライアルの1組目に出走した爪皇凌雨(Vengeance Of Rain)が絶好のパフォーマンス。全天候トラック1050mに12頭。メンバーには勝利飛駒(Joyful Winner)の姿も。
 緑色顯男(Dr Green)が、バリアトライアルのレコードに0.3秒差のタイムで駆けた中、全天候+短距離と絶対的な悪条件にも関わらず、爪皇凌雨は中団やや後方から、4コーナー手前で徐々に進出。直線も伸びを見せて2着と差のない4着入線と動きのいいところを見せました。距離を考えればちょっとの目のなさそうな董事盃(Stewards' Cup)ですが、案外にやるかもしれません。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ダブルマイルG1登録馬

 1/28に行われる2鞍のマイルG1の登録馬が発表。

 まず3歳以上、というより古馬による董事盃(Stewards' Cup)。登録頭数は15頭。

好利多 (AIN'T HERE)  賀賢 (D J Hall)
好利威 (ARMADA)  蔡約翰 (J Size)
詩情畫意 (ART TRADER)  約翰摩亞 (J Moore)
自由行 (BEST GIFT)  蘇保羅 (P O'Sullivan)
祝福 (BOWMAN'S CROSSING)  方嘉柏 (C Fownes)
牛精福星 (BULLISH LUCK)  告東尼 (A S Cruz)
天仲之寶 (DAVE'S BEST)  葉楚航 (C H Yip)
喜利多 (HAPPEE OWNER)  告東尼 (A S Cruz)
喜蓮戰略 (HELENE PILLAGING)  告東尼 (A S Cruz)
終身美麗 (HELLO PRETTY)  告東尼 (A S Cruz)
高智慧 (HIGH INTELLIGENT) 蔡約翰 (J Size)
勝利飛駒 (JOYFUL WINNER)  約翰摩亞 (J Moore)
星運爵士 (THE DUKE)  方嘉柏 (C Fownes)
爪皇凌雨 (VENGEANCE OF RAIN)  霍利時 (D E Ferraris)
爆冷 (VIVA PATACA)  約翰摩亞 (J Moore)
 勢いを買うならやはり香港一哩賽の1、2着馬の星運爵士と好利威。好利威はローカルメンバーになって流れが向きそう。あとは告東尼勢から喜利多と終身美麗。これに過去の実績馬がどこまで、という印象。まともならマイル適性も高い爆冷が抜けてると思うんですけど良化がスローなようです。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

カンパイじゃないのかい

 沙田日賽。水曜日の快活谷で1班をやって、こちらでは2班がこの日の最上条件。
 その2班戦は芝1800mで第10R。1番人気は方嘉柏(C Fownes)師が蘇銘倫(C Soumillon)を配してきたクラシック路線を狙う神州六號(Tom's Six)。ちなみに「神州六號」というのは、中国が2005年に有人宇宙飛行に成功した時に打ち上げられたロケットの名前。豆知識ということで。
 レースは後方待機の活力金剛(Vital King)が、めまぐるしく入れ替わる直線の攻防をまとめて大外から一気に差し切り。2着に内からスルスルと伸びた工程塑料(Plastic Polymer)で、ともに移籍前にビッグレース好走実績のあるクラシック路線馬のワンツーフィニッシュ。3着の卓越歡騰(Infinite Delight)も4歳馬。神州六號も外に出しましたが、伸びを欠いて7着。
 工程塑料に騎乗した胡恩達(M Odendaal)はこれで今回のビジター騎乗は終了。有終の、とまではいかなかったですが、最後に見せ場を作りました。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

ムーア師ラッキーオーナーズ産駒購入

 オーストラリアのゴールドコーストで行われているConrad Jupiters Magic Millions Yearing Sale で、約翰摩亞(John Moore/大摩)師がGeorge Moore Blood Stock名義で幸運馬主(Lucky Owners)の牡駒を36万AUDで購入。
 幸運馬主は03/04シーズンの香港一哩錦標(HK Mile)と香港打[ロ比]大賽(HK Derby)を制し、4歳いっぱいで引退、香港調教馬としては珍しく種牡馬となった馬で、南半球換算の1歳馬が初年度の産駒になります。
 落札された牡駒の生産はCambridge Studで、こちらも香港に縁深い牧場。

 幸運馬主産駒はこのセールに16頭上場の予定(うち1頭は既に取り消し済み)。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

サラ系時代?

 福山の女王ラピッドリーランが引退する。引退後は相手は未定だがサラブレッドをつけるようだ。
 アラブ競馬がどんどん先細りになり、牡馬の場合ちょっと前なら種馬になれたであろう活躍を収めたスイグンやマルチジャガーも乗馬馬となってしまい、一層アラブの血脈は絶たれ始めている。一時代を築いた馬たちの子供を見ることができない。
 一方で牝馬については冒頭のラピッドリーランをはじめ、競走成績や繁殖実績があれば繁殖として生き残れている。最近はそういった繁殖牝馬にサラブレッドを交配させる傾向があるようで、そこで産まれたサラ系の話題をいつになく目にする。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする