主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年09月18日

サンマルタン+レザルク正式決定

 吉野家の牛丼が復活の日。
 もちろん会社員時代から深夜作業のお供に何度もお世話になっているのも事実ですが、並んでまで食うような牛丼への思い入れにはちょっとついていけません。
 なんつーか、国産牛じゃダメなのかよ派なんで。

 ちなみに香港の吉野家もほぼ米国産牛。日本同様に危険部位を取り除いた上での輸入を認めているのですが、案の定香港でも何度かきちんと除去されてないことがありました。その際に関連した加工工場を経由しないことを条件に輸入は続けられていますが、まだ火種が燻ってるっちゃぁ燻ってる状況。

 香港の吉野家でいわゆる「汁ダク」を頼むと、汁だけ入った小鉢をくれます。これを牛丼の上から掛けて食う人もいれば、付けダレとして使う人もいて、これはこれで違う発展をしてて日本人的には面白いです。
 頼み方は「要汁(iu zhap)」でいいのかな。この辺は記憶がかなり怪しいです。
 

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 23:17| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港ゴハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする