主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年09月30日

スルーザ香港

200609nrthkg.JPG

 深夜の臨時便のANAで香港へ。
 ほとんど告知されていない上に、香港発の国慶節休暇向けの臨時便のために現地に機材を運ぶ便と聞いていたので、SARSの時なみにガラガラだと思っていたら、これが意外なほどの搭乗率。6割以上は埋まっていたんではないか。しかもその9割以上が香港人。あんたらどこで聞きつけたんだよ。
 さらに、思いっきり楽観視していた深夜の香港到着が、めんどくさい結果に。まず、予想はされていたけど、機場快線が運行していない。それどころか八達通の残高確認の機械も営業終了。両替所も開いてなければ飲食店も全滅。何が驚いたかって、到着ホールにいつも黒山の人だかりでいる旅行社の出迎えが一切ないのだ。幸いにしてセブンイレブンが開いていたので、八達通はそこでチャージ。リピーターでなければ絶対に痛い目に遭ってたはず。
 油麻地に着いたのが午前3時。さらに予約していたホテルでのチェックインに微妙にすったもんだがあって、寝るころには6時くらいに。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

寝不足のまま出発

 さて、前日もまんまと近所のバーでバカ話に突入してしまい、徹夜のまま講義を行うことに。でもってそのまま夜の臨時便で香港へ向かう予定。到着は現地時間深夜1時ごろ。そこから市内に向かうわけで、冷静に考えるとさすがにこれはしんどい。いや、冷静でなくても気づけよ、という話。

 講義の合間に音速でオッズパークの原稿を作成。といっても想定段階である程度ネタは仕込んであるのでそれほど苦にならず。今週末は1日しか開催がなくてかなり助かった。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

ブレスゲス氏CEO就任

 前日の姫路からの帰りはANAを利用したのでおそらくこれが最後の機会になるであろう、ありのりタクシーサービスを利用。ぐったりしている旅の最後にドアtoドアの魅力はやはり捨てがたいものがありますし、有難いことこの上ありません。そういった意味ではこのサービスがなくなってしまうのは非常に残念なわけですが、ただその利便性の面だけを除いたオペレーションの部分になると、「こんなんなら、とっととやめちまえ!」と思わされてしまうことが多いのも実情。とにかく単純にタクシーとしての質が低いんですよ。普通に乗ったらその場で近代化センターに即効通報したくなってしまうレベル。今回も例に漏れず同様の有様。事前に住所は知らされてるはずなのに、「どの辺りですか?」って聞くのは有り得ないし、だいたいにして、カーナビに頼るタクシーってどうなのよ。気を利かせたつもりなんだろうけど、幹線が空いてるのに裏道使って余計な時間食っちゃったり、とかも。
 もしも、再開するような折には、ANAの管理の外とは言わず、まずはこの辺りの検証からしっかりやってもらいたいものである。少なくとも、今のタクシー会社はあかん。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

姫路にいってきて

himej06091.JPG

 姫路プリンセスカップを観戦に姫路へ。もちろんサニーエクスプレスの応援も兼ねて、というか結構勝負になると見込んで、歴史の証人になるために、って大げさか。でもね、正直なところ、凱旋門賞のディープインパクトと同じかそれ以上の期待はあったんですよ。

 どっこい、前夜も寝損ねて徹夜で伊丹行きの始発便に。神戸便にしなかった理由は、こっちの方が若干安く済むのと、伊丹のカードラウンジでPCを使いたかったから。神戸にはラウンジないんで…。おかげで、もろもろのやりとりもサクサク進んで伊丹ブラボーである。10時頃に空港バスで姫路へ。せっかくなので半年前に届いて以来1度も使ったことのないPitapaを使おうと思ったら、バスでの対応は2日後から。うーん、間の悪い。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福山競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

やばい展開

 早朝から本日も講義。よく寝坊しなかったと、自分でも驚いた。その後、前夜の不義理でカチンについてリカバリ。ただ、ここに辿り着く前にもカチンとくること数度。言われてることはごもっともなんだけど、言い方の問題よね、きっと。
 結局PCはこれに。ビックカメラではなくオークション系通販で結構安く購入。あとは木曜日までに届くか、という話。やっぱパリ行くときに持って行きたいし。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

サンマ余波

 大騒ぎになっていた秋刀魚騒動もSK-II騒動も、香港での独自検査ではシロということになり、店頭にも無事並んだ様子。ということで、香港では「まーた大陸が日本を叩いて何か隠そうとしてるよー。」という雰囲気に。隠したがる大陸政府と隠してためならずの香港政府。報道の面においては両極端なだけに、こういったケースでは違いが明確になりますよね。
 とはいえ、大陸政府の判断規定は別にいいとも悪いとも言えない。逆に日本も大陸からの輸入野菜についてかなり厳しいし、アメリカの牛の例だってある。それがいいことなのか、悪いことなのかというのはもうお国ごとの判断なので、それをガタガタ他国に向かっていうのは非常にナンセンス。輸入して欲しければ、文句を言わせないものを提供すればいいのではないでしょうか。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 15:20| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

シェーン・ダイ勝利で復帰を飾る

 金曜日からスタートした某企業の社内研修のディレクションの内容が、自分的にもちょっと言葉足らず面と、「それは例え話としてもやばいだろう!」という面があったので、全体的に見直し。グリーンチャンネルを見つつ、オッズパーク眺めつつ、更にバックグラウンドで香港賽馬の音声中継。当たり前というか、なんというか、やはり仕事ははかどらず、結局夜通しの作業をするはめに。そうそう。途中で気分転換で抜け出して新しいノートPCを決めに有楽町のビックカメラにも行ったんだった。結局余計な選択肢だけ増やして帰ってきてしまったわけなので、もはや呆れるばかりなのですが。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

巡るの秋刀魚

 中国に日本から輸出されたサンマに、中国国内で有害物質(ヒ素)が見つかり、日本からのサンマ輸入を取り止めることに。
 やっぱりサンマは大陸じゃダメだ。目黒に限る。とは誰か言ったとか言わないとか(言わないって)。
 にしても、SK-IIの件といい、目の敵にされてる感がしますですよ。

 昼から旅行博にお邪魔。一通り営業活動をしてみるが、手応えイマイチ。やっぱりツアー企画と抱き合わせじゃないとダメなのかなぁ、と考えてみるも、そもそもツアー企画ってのも門外漢なので…。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 23:15| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

おお、やっぱり。

 とある企業で講師。当然ながら、素材も台本も含め制作業務全般を請け負ってるわけなのですが、プレゼンテーション素材が徹夜にも関わらず満足な出来になく、勝手に反省モード。クライアントからは満足いただいたようなですけど、どうも消化不良。

 終わった後、大急ぎでプラザエクウスへ。って着いたらほぼ終わり状態。須田さんと合田さんと軽くご挨拶。
 須田さんから、メルボルンカップツアーの寄り道香港競馬ツアー向けにガイドブックの仮オファーを頂く。思わず、大口で卸しているときの単価を言っちゃった…。もっかい相談に乗ってもらえません?<誰となく
 合田さんとスプリンターズSについてちょっとお話。勝ち馬がいねえよな、という結論。今年のメンバーなら8〜9割のデキで精英大師(Silent Witness)なんじゃないかということでまとまるが、問題は8割にも満たないんじゃないか、という話で先の結論に。
 
 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

さぁ、シェーン・ダイ復帰!

 9/20は行かない予定だったのに、おつかいごともあって結局船橋に。

 プライオリティとしては、個人的な興味の確認>ベストドレッサー>日テレ盃だったのですが、強烈な出遅れで達成できたのは日テレ盃のみ。しかも取りガミ。

 現地では、「うっそ!?ここ船橋だよ?」という面々に続々遭遇。聞けばダーレーの懇親会もあって招かれたとか。よもや石川ワタル先生と船橋の最終レースを並んで見るとは思わなんだですよ。あと、合田さんに声をかけていただいたときに傍らにいた淑子さんの「あの方はどなた?」という顔が非常に印象的でした。そりゃそーですよね。
 
 
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 12:43| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

サイレントウィットネス来日

 来週末にもバンコク経由でパリだっちゅうのに、タイでクーデター発生ですよ。
 軍事政権樹立のためのクーデターでもなく、また、誰かが国外に逃亡するのを阻止しなくてはならないような状況ではないので、とりあえず空港は制圧されてなくて、離発着は問題なさそうなんですが、それでもやきもきさせられております。

 余計なネタ増やしてくれなくていいからーーーー。


 以下追記
posted by つちやまさみつ at 03:25| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

デニス・イップ師+テリー・ウォン

 さくっと出かけて、さくっとやられて、ドカッと飲んで笑った1日。伏字にしてすらここで書けない内容なのが悔やまれる限り。


 今日は話題少な目。

 05/06シーズンの百週年紀念銀瓶(Centenary Vase)で風雲小子(Super Kid)を抑えて1番人気に推された(6着)人來風(Wind Winner)が退役。ニュージーランドで1戦1勝の戦績を残して香港に移籍。ノド鳴りや脚部不安などで順調に使えず、香港では14戦4勝で退役。最高評分は101。リタイアの詳細は不明ですが、無事なら去勢されていないので本国に戻されるのではないかと。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 23:41| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

サンマルタン+レザルク正式決定

 吉野家の牛丼が復活の日。
 もちろん会社員時代から深夜作業のお供に何度もお世話になっているのも事実ですが、並んでまで食うような牛丼への思い入れにはちょっとついていけません。
 なんつーか、国産牛じゃダメなのかよ派なんで。

 ちなみに香港の吉野家もほぼ米国産牛。日本同様に危険部位を取り除いた上での輸入を認めているのですが、案の定香港でも何度かきちんと除去されてないことがありました。その際に関連した加工工場を経由しないことを条件に輸入は続けられていますが、まだ火種が燻ってるっちゃぁ燻ってる状況。

 香港の吉野家でいわゆる「汁ダク」を頼むと、汁だけ入った小鉢をくれます。これを牛丼の上から掛けて食う人もいれば、付けダレとして使う人もいて、これはこれで違う発展をしてて日本人的には面白いです。
 頼み方は「要汁(iu zhap)」でいいのかな。この辺は記憶がかなり怪しいです。
 

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 23:17| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港ゴハン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ラリー・キャシディもマカオ

 銅鑼湾の三越がテナントビルの改修に伴う移転先が見つからないことで閉店。この週末を閉店セールに当てたようです。
 そごうは既に現地資本になってしまっているので、日本資本のデパートはこれで香港から全部なくなることに。ジャスコはあるけど、あれデパートとは言い難いしなぁ。


 北京オリンピックのサッカーの予選組み合わせが発表。
 なんと香港は日本と同じ組に!その他にシリアとマレーシアが同じ組。このブロック予選を4か国中2位以内で勝ち抜くと最終予選。最終予選は12カ国を3グループに分けて、そのグループで1位を取ればオリンピック出場になります。
 …といっても、その前にバングラディシュとの予備予選に勝たねばなりません。えーと、どっちが強いんだっけ?
 んでも、もし香港がブロック予選に食い込めたら応援に行きたいなぁ。


 9/23よりスタートする澳門賽馬の新シーズンにオーストラリアから(Larry Cassidy(賈善達/ラリー・キャシディー)もビジター免許で乗ることに。って、結構前に発表されてたのを見落としてました…。
 8年くらい前かな、WSJSでクセ馬のロングシコウテイで勝ったのが記憶に残ってますです。
posted by つちやまさみつ at 23:57| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

9/16沙田日賽ほか

 どうにも週中に疲れが溜まっていたのか、はたまた風邪でもひいたのか、金曜日は飲みにも行かずに早めの就寝(と言っても1時くらい)。目が覚めたのは朝10時くらいだったので、やっぱり疲れていたのかなぁ。
 
 今日は大村でアナウンス講座の同期が実況初鳴きということでレジャーチャンネルを朝からつけてスタンバイ…と思ったら大村は中継ないでやんの。やむなくネット観戦。やむなく、とは書いたけど、ちょっと前ではできなかったこと。文明って有難いなぁ。
 その初鳴き。緊張感というか固さも伝わってくるけど、決して舞い上がってもいない。なので、固さからのミスはあるけど、グダグダになることもなくそのミスもきちんとリカバリできる。それだけじゃなくて、彼の持ち味である聞き手にぐっと力を入らせる部分もしっかり出ていて、むしろ聴いている自分の方にに余計に力が入ってしまったかも。勿論、修正すべき点が多くあるのも確か。でも、そんなのは本人も気づいていると思うし、それを一つ一つ修正して行くことこそが経験だというのも本人はよーく知ってること。その様を目にできることは自分にとっても大きな刺激でもあります。
 今回は大村だったけど、ビッグレースの大歓声が聞こえてきたような…ってのは誉めすぎかな?笑 
 
 
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 23:37| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

地震 雷 火事 大師

 地震がないと言われる香港で9/14夜に有感地震が発生。香港の南方36キロの沖合いが震源で、震源の深さは66キロ、マグニチュードは3.5で、香港天文台での震度は4。
 香港だけじゃなく深[土川]でも観測されたほどだったわけですが、幸いにして建物の倒壊もその危険性もなし。ただ、上水でビルから1名転落して亡くなったらしい。
 ちなみに香港では有感地震は年に平均2回ほどあるらしいのですがほとんどが実質誰も気づかないようなもので、ここまでの大きさの地震は人生のうちに一度あるかないか、というほどとのこと。耐震強度は全く考えてない建物が多い香港で震度4って、怖すぎなんですけど…。
 
 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 23:39| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

八百長絡み×2

 友人と渋谷で食事。広東語・香港繋がりで集まったメンバー5人のうち、2名は初めまして。一人は友人Kさんの友人でこの夏で香港大学を卒業したという日本人。もう一人は友人Mさんの友人で、なんと商業電台903のDJ。もちろん香港人。休暇が取れたので日本に遊びに来ているとのこと。
 日本人4名+香港人1名という構成にも関わらず、ほとんどの会話が広東語だったため、かなり脳みそを酷使したようで、身体イメージ的には湯気が出ていそうな気分。それでも、香港人DJの喋り方がとても聞き取りやすかったので、いつになくコミュニケーションが取れた気もします。なるほど流石は喋り手さんだよな、と妙なところで感心してしまった。
 
 ちなみに、隣のテーブルでは中央競馬の某リーディング上位ジョッキーとグリーンチャンネルの場立ちでよく見るボキャブラ系芸人他の皆さんが会食中で、これはこれでビックリ。
 
 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ハッピーバレー開催中止!

 「伊莎貝拉」に出演し、今年の金紫荊奨(香港アカデミー賞)の新人賞を獲得した梁洛施(Izabella Ryon)が、訪日外国人誘致キャンペーンの香港向け大使に任命された。是非、仲良くしてください。違うか。
 

 …で、今日(9/12)の[足包]馬地夜催は台風と熱帯低気圧の影響でシグナル3と黄色の降雨警報が発令されたため中止に。なんと幸先の悪い。
 台風の警報については、以前にも書きましたが、大雨については香港では色で警報を出します。段階として軽い方から、黄→赤→黒。
 行われる予定だったレースのうち、2〜3班のレースに関しては、来週及び再来週の[足包]馬地夜催、そして再来週日曜の沙田日賽に振り返られる予定。そのため、来週と再来週の[足包]馬地夜催は8レース制。

 来年のグローバルスプリントチャレンジについて、オーストラリア側が他の施行団体の許可を得ずに、Australia Staksの代わりにNewmarket Handicapを該当レースとして行うとしたことに、香港賽馬會が不快感を表明。従来以上に香港内の短距離3冠と日程が被ることが理由のようですが・・。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

スミヨン勝ちすぎで

 ロンシャンでのC Soumillon(蘇銘倫)の活躍は香港でも大きく報じられており、なぜか700万人「うちの息子がよくやったよ」状態。でもって、話題にあがっているのは凱旋門賞でどれに乗るのか、っちゅう話ではなく、香港盃では爆冷(Viva Pataca)に乗ってくれるんだろうな、という内容。カジノマネーはイスラムマネーに勝てるか(いや、無理)。

 ところで、Longchampはロングチャンプなんて言われずロンシャンって認知されているのに、沙田はサァテンってどの競馬媒体でも書かれない(言われない)のがどうにも歯がゆい。確かに英語の綴りはSha Tinなんだけどさ、現地でシャティンレースコースっつってもあんま通じないんですよね。競馬以外ではシャティンって表現されるの少ないんだけどなぁ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

エレガントファッション初仔は牝馬

 02/03シーズンの香港打[ロ比]大賽(HK Derby)を牝馬ながら制し、04/05シーズンの女皇盃(QE2)を最後に引退、繁殖入りした勝威旺(Elagant Fashion)が、繋養先のニュージーランドのCambridge Studで初仔となる牝馬を出産。父はZabeel。
 勝威旺は02/03シーズンの女皇盃(QE2)ではエイシンプレストン(榮進寶蹄)の2着、03/04シーズンの香港盃(HK Cup)ではファルブラヴ(飛覇/Falbrav)の3着に入るなどの成績を残しておりますので、日本でもご存知の方は多いかと。
 ちなみに、皆さんもご存知のように、現在の香港では競走馬の馬産を行っていないため、香港競馬においては牝馬そのものが珍しい存在。ですので、これだけの活躍をしたというのはとんでもない快挙だと判っていただけけますと幸い。って自分の馬じゃないんですが。(セン馬ばかりだと思われてますが、牡馬は意外にいるんですよ。)

 9/13に新シーズン最初の開催を控えた[足包]馬地馬場(Happy Valley)で拝神の儀式が行われた。クリティカルな事故は沙田よりもこっちの方が多い気がするので、拝神の効果があって欲しいと祈る今日この頃。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする