主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年06月10日

ダグラス・ホワイト シーズン勝利数タイ記録

 6/10は沙田日賽。

 第2Rと第6Rを勝った韋達(D Whyte)が、自身の記録したシーズン最多勝利数に並ぶ、106勝目を達成。
 その韋達。メインは10Rに組まれた1班による芝1800m戦でDanehill Expressに騎乗して1番人気に推され、記録更新が期待されたが、何故だか急にやる気を出した實業成功(Industrial Sucsess)がインの3番手から抜け出して勝利。相変わらずのムラ馬っぷりを発揮。ただ、開催はまだまだ残っているので、記録更新はほぼ確実。
 
 第7Rの3班戦に出走したSuper Win Fortune。5/24の出走を取り消して、ここが昨年1月以来の出走となったが、レース中に鼻出血を発症。これが2回目なので、強制退役。せっかく復帰したのに…。続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

さぁ、ワールドカップ

 いよいよワールドカップが開幕。前回の開催では、運良く日本vsロシアを観に行くことができたのですが、あれから4年。あれ以上の感動があるよう応援したいですね。

 さて、今日は香港のサッカーの話。

 実は、アジアで一番最初にサッカーのプロリーグが発足したのが香港。イギリスの統治下に置かれた時代があったことを考えれば、ある意味必然ともいえる流れです。黎明期には昨年亡くなったジョージ・ベストなども所属していた他、歌手のさだまさし氏のお兄さんが日本人の最初のプロプレーヤー(奥寺氏よりも早い時代に)として存在していました。
 現在もプロリーグは非常に盛んに行われており、23区と同等程度の国土でありながら、下部リーグも含めると30以上のチームがその覇を争っています。
 ちなみに、香港代表(香港リーグ選抜含む)の日本代表との対戦成績は、なんと8勝7敗5分で、わずかですが香港が勝ち越しています。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

スミヨン結婚!

 夜に斎藤さんのところにお邪魔。ちょこちょことお手伝いをさせていただくことに。地方競馬はあまり足は運ばずとも、そこそこに知ってるつもりだったのですが、あるリストを見せられ自分のレベルの低さに愕然。

 すみません、勉強します…。続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

6/7 ハッピーバレー

 大井では東京ダービーだったが細かい案件を抱え見に行けず。町田騎手ですか!去年から今年にかけては圧倒的に南関東より香港の方を見に行ってるので、実は生町田騎手って1回くらいしか見たことないんですよ…。ついでに驚いたのが、羽田盃の1番人気は石崎駿騎手だったこと。ついこないだ重賞を初めて勝ったって印象でしたが、時代は変わりましたね。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

香港でもiモード

 ちょっと出遅れた話であるが、日本のNTTドコモと香港のHutchisonがiモードに関する提携を結んだとのこと。
 iモードに関する技術提供をドコモから行って、香港・マカオでiモードのサービスを開始するのだそうだ。比較的独立路線で携帯コンテンツが豊富な香港、さてどうなるか、と生暖かい目で見守りたいと思う。が、そんなことより、國際ローミングを安くして欲しいと願う今日この頃。

 ちなみに、私のケータイは日本のがvodafone、香港のが旧Orange、現在の”3”、つまりHutchison傘下。香港ではvodafoneはSmartoneと提携してるので、完全に食い合わせが発生。ああ厄介だなぁ。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

D.ホワイト シーズン100勝到達

 安田記念で星運爵士(The Duke/ザデューク)に騎乗した[登β]迪(D Dunn)の騎乗ぶりがかなり叩かれているみたいですね。
 ジョッキーがヘボ呼ばわりされるのは致し方ないと思いますが、これを香港馬を勝たせるためのアシストと片付けられるのは、やはりいい気分がしない。こっちだってカンパニー買っちゃってるんですってば。

 さて、6/4の沙田日賽。続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

安田記念速報 恭喜奪冠!牛精福星!

 開門前に府中へ。香港ではプレス扱いだけど日本ではただの人。昨年の番組出演を元に取材証をもらおうという頭が働かなかったのもあるのですが。これが後でほんのりと悔しい状況を招くのである。
 リアルタイムで香港でのオッズを確認したかったので、ホースレースiスポットに席を確保。ただ競馬場に来るなりずっとPCを睨み付けているのも不健康と思いスタンド外に出てみると、ちょうど場内の案内を受けている香港からの応援ツアー団に遭遇。引率の香港賽馬會の人間やちょうど居合わせた記者の皆さんとご挨拶。

P6049636.JPG

 この後、上で他の日本の記者の予想を披露してもらう場があるので、それに混ざってくれないか、と言われたのだけれども、通行証を持っていないので残念ながらお断りすることに。あとから聞けば日本の記者というのは須田さんや合田さんだったようで、なんか惜しい機会を逃したぞ。
 加油旗をもらって、iスポットに戻ると、うっかりそのまま睡魔に負けてしまい午前中撃沈。
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 16:10| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

明日は6/4

 6月4日は香港でも、いや香港でこそ、空気が重くなる日である。
 六四天安門事件。今は中国国内では語ることすら許されていない忌まわしき騒乱について、中国に返還された香港では今でも再評価を求めるのと慰霊の意を込めた集会や行進がこの時期に行われています。

 今から17年前にこの事件が起きた時、市民の生活の中に中国への返還がいよいよ現実のものとして意識されていたことであっただけに、香港市民はかなりの反応を見せたと伝え聞いています。
 そして、銅鑼湾を中心に、天安門同様のハンストなどを行ったり、デモ集会、行進などを行ったのですが、実はいくつかある大きな会場のうちのひとつに、[足包]馬地(Happy Valley)馬場もあったようです。報道写真を見ると、ちょっと判りにくいのですけれども。
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 23:39| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

安田記念出走馬について

 今週はビックリするくらいアクセスがあったので、そろそろ今回の安田記念に出走する香港からの遠征馬について書いてみます。とは言っても、JRAの安田記念のページにかなり詳しく載っているので、そこにない現場レベルな話をちょこちょこと、ということで。

 …と、その前に、安田記念の香港での発売要綱。
 出走馬は18頭なので香港のフルゲート14頭をオーバー。なので、オーバーした4頭は別の馬とセットで1頭となります。枠順は下記のとおり。沙田昼賽の第5Rとして行われまして、発売は単勝・複勝・馬連のみ。第4Rからのダブルは発売されません。

1:大和主將(ダイワメジャー)
2:隨心起舞(ダンスインザムード)
3:千里通(テレグノシス)
4:牛精福星(Bullish Luck/ブリッシュラック)
5:名將球手(メイショウボーラー)
6:三連冠(ハットトリック)
7:大微兆(シンボリグラン)
8:富士寧靜(フジサイレンス)
  淺草田園(アサクサデンエン)
9:天鵝騎士(ローエングリン)
  我情可待(オレハマッテルゼ)
10:星運爵士(The Duke/ザデューク)
11:結伴行(カンパニー)
12:各有千秋(バランスオブゲーム)
13:榮進特快(エイシンドーバー)
  勝利飛駒(Joyful Winner/ジョイフルウィナー)
14:勵進駒(インセンティブガイ)
  美妙旅程(グレイトジャーニー)

 こうして中文にして並べて見ると、香港馬が3頭いるとはいえ、18頭のうち8頭が香港で出走経験があるというのに最近の香港と日本の近さを感じますね。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

バスおじさん

 安田記念に向けて盛り上げるはずのところで、敢えて別の話題。

 今、香港で一番注目されているのは、芸能人でも政治家でもなくて、巴士阿叔(バスおじさん)という人物なのである。
 きっかけは、とあるバスの中で起きた出来事を、ケータイの録画機能で撮られたものがYoutubeで流されたのであるが、これがみるみるうちに口コミで広がり、いつのまにか香港の人口の2倍を超えるアクセス数になってしまった。
 
その動画がこちら(字幕入り)。


続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。