主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年06月30日

ジェムオブインディア引退

 話題は2つ。

 蔡約翰(J.Size)厩舎の門番として、一線級で長く活躍した印度之星(Gem of India)が退役。

 GemOfIndia.JPG

 1班を3勝、精英班を1勝を挙げながら、重賞には全く縁がなく、03/04シーズンの中國會挑戦盃(Chinese Club Challange Cup)の3着が最高という、ジュネーブシンボリかツルマイナスかというくらいの「これぞ」オープン大将でした。ただ、その1400m戦に滅法強く、晩年の05年11月には沙田芝1400mのコースレコードを叩き出しました。
 
 
 今シーズンの香港盃預賽(HK Cup Trial)で爪皇凌雨(Vengeance Of Rain)を最後まで苦しめた緑色駿馬(Green Treasure)が、なんと、告達理(D Cruz)厩舎から方嘉柏(C Fownes)厩舎に転厩。
 
 GreenTreasure0605.JPG
 
 方嘉柏陣営ってば、星運爵士(The Duke)とか土星(Saturn)とか祝福(Bowman's Crossing)とか、どんどん渋好みなラインナップになってきたんですけど…。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

マカオの話題をまとめて

 今季の冠軍人馬奨(Champion Awards)のうち、今季もっとも評分が上がった馬に与えられる最大進歩馬匹(Most Improved Horse)の選出が、7/2の最終開催までもつれている。
 対象となっているのは、メインレースに出走する永利好(All's Well)と好利威(Armada)の2頭。好利威の今季の上昇評分が50、永利好は46とその差は4ポイント。実際の評分は永利好の方が若干高いだけに、逆転の目はまだまだ。
 
 入院中の戴勝(S Dye)は集中治療室から出され、高レベル治療室に移動。2,3日で個室に移れるだろうというコメントが賽馬會サイトなどに掲載。
 
 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港以外の競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

ホワイトキレキレ

 帝王賞を観戦に。去年はサボってしまったので2年ぶりの観戦である。しかも、あろうことか今年初めての大井競馬。ハタチそこそこの頃は年間ほとんどの重賞を見に行ってたとは思うと、やはり若さってば羨ましい。
 アジュディミツオーがホームコースと言える大井でどれだけのパフォーマンスを見せてくれるのかと思ったら、カネヒキリと見事なマッチレース。終わった瞬間に「すっげぇーーーー」と一人で興奮してしまった。強い馬同士が強いレースをする瞬間に立ち会えるとやはりシビれますね。
 帰りは先日川崎でお会いした皆さんと偶然合流でき、ちょっとした酒席に混ぜていただいた。


 さて、香港もナイターの日。今季最後の[足包]馬地馬場開催。
 メインは7Rの2班戦、[足包]馬地銀瓶(Happy Valley Vase)芝1200m。最佳新馬の選に漏れたが、現在3連勝中の我來也(Bulldozer)が1番人気。…が、5着に敗れ、最佳新馬に選ばれなかったリベンジを果たせず。勝ったのは2番人気の黄鑽石(Yellow Diamond)。

 第5Rでも2班戦。こちらは2200m。
 前走、皇太后盃(Queen Mother Memorial Cup)に出走した緑色天地(Greenessy)と一定好(Very Fint)は、中途半端なレース振りで4着と5着。
 勝ったのは力奇福星(Sikander)。マイルを中心に使われていたが、ここで新たな適正を示した。
 
 韋達(D Whyte)はこの日メインを含む4勝の固め撃ち。今季の勝利数は111勝に。ピンゾロです。
 
 足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

年度代表馬はブリッシュラック

 05/06シーズンの冠軍人馬奨(Champion Awards)が発表。

 ・香港馬王(Horse Of Season)年度代表馬
   牛精福星(Bullish Luck)
   P5079601.JPG

 思えば、今季も前半は脚の使いどころが難しく歯がゆいレースが続いていたけれども、柏寶(B Prebble)とのコンビが定着してからは、冠軍一哩賽(Champions Mile)→安田記念でも見せたような、今までにない強さが備わったように思えます。04/05シーズンの主席錦標(Chairman's Trophy)でも手が合うのは判っていただけに、もっと早くこのコンビが固定されていればなぁ、と思ってやみません。
 
 
続き
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

ブリッシュラック、オーストラリアへ遠征

 6/25の落馬事故で、後半の騎乗をキャンセルした杜鵬志(A Delpech)は、精密検査の結果異常がないことが判明。5/28の[足包]馬地夜賽から騎乗に復帰できる見通し。今季の半分を落馬によるケガで棒に振ってるだけに、ここはひと安心。

 今年の香港馬王(年度代表馬)の有力候補である牛精福星(Bullish Luck)の安田記念優勝祝賀会が開かれ、席上で告東尼(A Cruz)調教師が来年はオーストラリアのFuturity Stakesを目指し、ドバイは回避した上で冠軍一哩賽(Champions Mile)と安田記念を狙う、と述べたとのこと。来年は8歳。老いて尚盛んとなるか。
 
 7/2の今季最終開催を告知するバナーが、香港賽馬會のサイトに載っているのですが、これが何故か日付が大間違い。
 
 ilr_se_racemeeting_210x120e.gif
 
 なんとなく可笑しいので、画像だけ貼っておきます。
 すぐに直すかな。
 
 足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

シェーン・ダイ落馬 緊急手術へ

 今更だけど、ディープインパクト強いなぁ。バランスオブゲームの脚が上がったのもあるんだろうけど、やっぱり他の馬とは次元が違いすぎ。1頭だけズルしてませんか?と思えてしまいますね。
 前回の天皇賞はロンシャンのフォルストレートを意識したような乗り方だったのに対し、今回の宝塚記念は逆にフォルストレートを全く無視した仕掛けにも見えました。
 あとはコースの足下が合うか合わないかですね。
 
6/25沙田日賽と足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

シェーン・ダイ 一時帰国へ

 戴勝(S Dye)が6/27から7/1の予定で、「個人的なビジネス」のためにオーストラリアに帰国することに。これによって6/28について騎乗はしないとのこと。

 ところで、「個人的なビジネス」ってなんぞや?
 
 
 助調教師資格を持つDanny W T Leungについて、来季の受け入れ先がないことで紛糾中。
 香港のローカル厩舎スタッフの組合である香港本地練馬協會(Hong Kong Horse Racing (Local) Association (HRLA))は、状況が未解決であるのにも関わらず、この雇用問題が(いい方向で)解決したという旨のリリースを発表。これに対し、香港賽馬會が異例の「Serious Clarification」として、このリリースが全くのデタラメであると批判し、訂正を要求。
 ちなみに、賽馬會は最大限のサポートを行っているが、既にどの厩舎についても、空きがない状況とのこと。
 
 
足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

またかよ!

 以前、実家もろとも空き巣に入られたというエントリをしたのですが、実は実家についてはその後も空き巣との攻防が続いております。つまり、その後も入られてるのです…。
 で、これまでは侵入経路が判らないくらい巧妙に入られており、こちらも玄関や窓の鍵を交換したり増やしたりするなどして手探りで対応していたのですが、どうやらそれになりに効果はあったようで、ついに昨日は業を煮やされたのか窓を割られて侵入されてしまいました。
 ただでさえ堪らんと思っているのに、ここまでされると敵もかなり分別無しに入り込んで来ている感があり、実家の家人も相当参っています。
 問題は空き巣に入られやすい我が家も我が家なのですが、ここまで来てもパトロールを強化することもせず、通報したときのレスポンスタイムも異様に遅い上に、到着するや「どちらに逃げました!?」とトンチンカンな言動で空き巣以上にこちらの神経を逆なでしてくれる目黒警察。
 最寄の交番は2箇所あるのですが、どちらも無人なので、命の危機が迫ったときは1キロ以上突っ走らねばなりません。23区内なのに。

 こういうのって、どうしたらよいのでしょう。
 
 足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

取り急ぎニッポンvsブラジル

 本来であれば、先にやらねばあかんことが山積みですが、今夜は日本vs巴西(ブラジル)ですので、その話題(というか足智彩のオッズ)。

 日本(Home(+1))vsブラジル(Away(-1))
  HAD:H/8.5倍 A/1.22倍 D/5.7倍
    勝敗。Hがホームのチーム(今回日本)、Aはアウェー、Dは引き分け

  HDCP-HAD: H/3.6倍 A/1.75倍 D/3.65倍
    ハンデキャップ付の勝敗。今回日本側に1点。0-1なら引き分け。

  Hafu:H-H/13倍 H-D/20倍 H-A/31倍
     D-H/16倍 D-D/7.8倍 D-A/4.6倍
     A-H/40倍 A-D/25倍 A-A/1.6倍
    前半と試合終了時の勝敗状況。前半同点、結果日本の勝ちならD-H。

  ToGo:0/13倍 1/5.8倍 2/4.2倍 3/3.7倍 4/4.9倍 5/8倍 6/13倍 7+/11倍
    両チームの総ゴール数。

  Odd/Even:Od/1.85倍 Ev/1.85倍
    両チームの総ゴール数が偶数(Ev)か奇数(Od)か。

  HiLo:Hi/1.62倍 Lo/2.2倍
    両チームの総ゴール数が2点以下(Lo)か3点以上(Hi)か。

  Correct Score:
    JPBR.jpg
    両チームの得点結果が何対何か。

  First Scorer:
    JPBR2.jpg
    最初に得点を決める選手が誰か。

 うーん、3点差以上の勝利は万足券かぁ。
posted by つちやまさみつ at 23:58| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

カムシーユー引退

 02/03〜03/04シーズンの重賞を賑わせた頑皮(Come See You)が引退。
 愛倫(I W Allan)調教師のもと、ローカル重賞2着を2回のほか、03年の春にはシンガポールに遠征し、S$ 1 million Singapore Classicを制するなどの成績を収めました。エイシンプレストンが敗れた02年の香港盃(HK Cup/9着)や、同じくエイシンプレストンが連覇を達成した03年の女皇盃(QE2/12着)にも出走。
 愛倫師勇退後、04/05シーズンは沈集成(Danny Shum C S)厩舎、05/06シーズンは徐雨石(Y S Tsui)と転厩しましたが、思うような結果が出ず、退役となったようです。

 足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

グッドバーバ 100万ドルボーナス

 2004年12月に行われた香港國際馬匹拍賣會(The HK International Sale)で取引された中で、最も好成績を残した競走馬に与えられる100万HKドルのボーナスの対象に、好[父/巴][父/巴](Good Ba Ba)が選出されました。
 
 GoodBaBaDarby.JPG
 
 好[父/巴][父/巴]は2003年のKeeneland September Yearling Sale で香港賽馬會が85,000USドル(≒1,185,000HKドル)で購入し、2004年の香港國際馬匹拍賣會で1,700,000HKドルで落札された、アメリカ産のセン馬。

 GoodBaBaHKIS1.JPGGoodBaBaHKIS2.JPG

 明け3歳となった05年3月の新馬戦でデビュー。04/05シーズンは新馬短途錦標(Juvenile Sprint Trophy)の勝利を含め、4戦3勝。唯一の敗戦は古馬に混じって出走の3班戦の4着だけ(ちなみに5着は勝利飛駒(Joyful Winner))。文句無しで04/05シーズンの最佳新馬(Champion Griffin)に選出。
 05/06シーズンは12戦して勝ち星こそ1つしか挙げられなかったが、香港ダービーに駒を進めるなど、高いレベルで安定した成績を残し、今回の受賞に至ったようです。
 
 
 足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

テリー・ウォン20勝

 案の定、叩かれまくりの柳沢。川口が神っぷりを発揮しただけに、余計に風当たりが強いんでしょうね。集中力切れたときの川口も、見てられないっちゃ見てられないんですけど、いいときはすんごいっすからね。
 
 
 6/18の沙田日賽で通算20勝目を挙げた王志偉(Terry Wong C W)、これにて減量特典が7ポンドに変更。6/25の沙田日賽より適用。1ポンド≒0.45Kgなので、3Kgちょっとの特典。今季後半からかなりいい仕事するようになってきたので、今後も注目っすね。

足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

日本vsクロアチア

 あーあ、柳沢はこれは叩かれちゃうなぁ。個人的な感想では、柳沢のツブしたチャンスは1回ですが、クロアチアのツブしたチャンスはそれ以上に見えたので、差し引きで儲けた気分ですけど。あれをきちんと決められてるようなら、日本は前の試合も勝ってますってば。非国民でごめんなさい。
 
 日本(Home(+1))vsクロアチア(Away(-1))
  HAD:D/3.70倍(1.35倍) HDCP:H/1.80倍
  Hafu:D-D/5.30倍
  ToGo:0/8.00倍
  Od/Ev:Ev/1.80倍
  HiLo:Lo/2.04倍
  CoSco:0-0/8.00倍(1.36倍)
  FiSco:None/8.00倍

 
 6/17の沙田日賽の合間に、最も適切に運営された厩舎を表彰するSafest and Best Housekeeping Stable Award の表彰式が行われた。今季表彰を受けたのは告東尼(A Cruz)厩舎。
 このアワードの狙いは、スタッフの安全意識を呼び起こし、厩舎の健全運営の重要性を推し進めるというもの。賽馬會の運営委員会スタッフが数回厩舎を訪問して採点し、最も高い得点を達成した厩舎が選出されます。
 このアワードは02/03シーズンより始まったもので、これにより事故の総量と平均率は賞の開始以来連続的に減少し、その効果を数値としても表しているとしています。足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

ダグラス・ホワイト シーズン勝利記録更新

 午後よりお手伝い。前日の熱発はだいぶ治まったものの、微熱は残る状態。感染るものじゃないので、あとは本人の問題として、気合で乗り切る。フラフラだったせいか、意外に時間が経つのが早くて、気づけばうわぁ、もうこんな時間!?といった感じでした。当然帰宅してパタンキュー。

 6/17は簡慧楡(Willy Kan W Y)の誕生日。生きていれば28歳。ええ女になってたんだろうなぁ。
 
 沙田日賽と足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

耳が痛いよう

 週半ばから、やばいばやばいなと思っていたのですが、熱発を発症。三十路を迎えたあたりから、年に2回くらいのペースで、反復性の耳下腺炎を起こすようになってしまい、今回もそれ。
 もともと、疲れが溜まったりすると耳の後ろがもわんとする体質だったのだけれども、それに悪い要素が他にからむと、オタフク!?といわんばかりに腫れてしまうです。実際に、はじめてなったときにはオタフクかと思って医者に行きましたし(まだなんです、オタフク)。
 この反復性の耳下腺炎、一般的には未就学くらいの子供がなりやすい病気で、オトナになるほど勝手に治るらしいのですが・・・はて。

 土曜に備え、午後3くらいでリタイア。

続きはこちら
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

プレミア名刺

 この10日ばかり、安田記念における星運爵士(The Duke)の斜行について、様々な意見を掲示板やブログで目にしました。そして中でも香港陣営が結託してとか、ボーナスを分けたとかというのを見ると、香港のイメージって未だに理解されていないんだなぁと思ったりする。何より、中国人だから・・・と書かれているのを見るとゲンナリ。告東尼(A Cruz)が準香港ネイティブなだけで、騎手も調教師もみんな外のお国の人ですよ…。
 
 前日の関東オークスでは、多くの初めましての方とご挨拶。そのうちの一人、ある地方系の女性ライターさんよりある意味プレミア級のお名刺を頂戴する。もっと会社社会に帰属した場面であれば、間違いなく門前払い食らいそうなのであるけれども、ここは川崎のパドック脇。ユルユルは大いにウェルカムでがしょう。
 
 足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ルーズベルト引退

 たまには地方も見なくては、と思い、ちょうど川崎のナイターで関東オークスがある日だったので観に行って来ました。
 思い返してみると、川崎は実に2年ぶり。最後に来たのがエスプリシーズの勝った川崎記念の日だったと思う。何故か、佐々木竹見元騎手の自伝の販売の手伝いをやったよーな…。

 チャームアスリープの噂どおりのズブさと、そこからの伸びはたまげますね。向こう正面で絶対ムリだと思いましたもん。見事南関東初の牝馬3冠馬ですか。ヘイワンリーフとかケーエフネプチュンの時代って、この路線ってあったんでしたっけ?

 最終レース後は、駅方面にて友人と、そのまた友人@fromサッポロと。サッポロ人なのに、水曜どうでしょうを見たことがない、というのにビックリ。偏見ですかね、やっぱり。
 
 
香港競馬の話と、足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

寒いやいブルー

 負けちゃった。ありゃひどいっす。
 ちなみに足智彩(サッカーくじ)の方も、派手に逆転負けしたこともあって、ちょっとした波乱になってます。

 オーストラリア(Home(0))vs日本(Away(0))
  HAD:H/2.45倍(7.00倍) HDCP:H/1.78倍
  Hafu:A-H/25.00倍
  ToGo:4/8.00倍
  HiLo:Hi/2.40倍
  Od/Ev:Ev/1.80倍
  CoSco:3-1/25.00倍(100.00倍)
  FiSco:Shunsuke NAKAMURA/11.00倍

 Correct ScoreのIn Play Betting100倍ってのはすげぇなぁ。中村俊輔11倍ってのも美味しい気がしますよ。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

ビッグネーム 2頭引退

 国際レースで活躍した名馬2頭が、シーズン終了を前にして相次いで引退を発表した。

 まず、03/04シーズンに女皇盃(QE2)を制した駿河(River Dancer)。伯父にダルシャーンを持つ良血馬で、A O'Brien師の下でDiaghilevという名前でデビュー。移籍前にはフランスのGr3のレースPrix la Forceを勝利。
 移籍後は5戦目で精英班を勝ったものの、なかなか重賞勝ちに手が届かないでいたが、香港移籍21戦目となった04年の女皇盃を単勝人気58倍という低評価ながら優勝。続く香港冠軍[既/旦]遮打盃(HK Champions & Chater Cup)も風雲小子(Super Kid)の2着と好走し、03/04シーズンの最佳中距離馬(Champion Middle Distance/最優秀中距離ホース)に選出された。
 しかし、その後脚部不安などで1年以上レースから離れることとなり、昨年の11月に復帰するも、往年の輝きを取り戻すことはないままターフを去ることになった。

もう1頭は・・・
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

ビザ

 現地ドメスティックの雇用確保のために長く見送られていた、香港における配偶者ビザ保有者による就労が認められたようです。
 いや、自分には今のところ縁のない話なんですけどね。

 週末に香港に行こうと思っていたのですが、予定が入ってしまったので見送り。この日曜日も、府中にすら行かず、その流れの案件ですっかり引きこもり状態。韋達(D Whyte)の新記録達成と足智彩の購入を現地でしたかっただけで、特に何があるというわけでもなかったんですけれども。

足智彩の結果
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする