主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年04月10日

香港アカデミー賞

競馬に全然関係ない話題。

4/9は香港電影金像奨(香港アカデミー賞)の受賞式典。
日本に関連する話で言えば、「頭文字D」が最優秀作品としてノミネート、「ハウルの動く城」「いま、会いにゆきます」がアジア映画部門でノミネートされておりましたが、結局作品賞はどれも受賞できず。
しかしながら、「頭文字D」に主演した周杰倫(Jey Chou G L/ジェイ・チョウ)が新人賞(台湾と香港は当然別扱いなのです)、黄秋生(Anthony Wong T S/アンソニー・ウォン)が助演男優賞を獲得。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港明星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

ウィジャボード×フランキー

先日のドバイシーマクラシックでK Fallon(范義龍/K ファロン)のOuija Board(占卜)への騎乗ぶりに陣営からケチがついてクビ、という話が各所で報道されていますが、女皇盃(QEU)ではL Dettori(戴圖理/L デットーリ)が騎乗することが決まったを東方日報の報道。

Fallon_Dettori.JPG
皮肉な2人のショット

どこで乗っても巧いんですけど、それは香港でも変わらず。
最近だと04/05シーズンの國際賽事日にFirebreak(防火線)で香港一哩錦標(HK Mile)を勝ち、Sights On Gold(眼中金)で香港瓶(HK Vase)を2着したことが記憶に新しいでしょう。
([足包]馬地でえらい激しく落馬したこともありますが。)

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

マカオダービー

これもすっかり忘れていたけれども、4/9は澳門打[ロ比]大賽(Macau Derby/澳門Gr1 芝1800m)である。
澳門のダービーといえば、日本人的には、1994年に岡部幸雄騎手(当時)がメディパルに騎乗して勝ったこと程度、香港競馬好きの自分としても、2002年の勝ち馬である皇室寶(Royal Treasure)がその年の香港盃(HK CUp)に出たことぐらいしか馴染みがない。

我が家からヘタに浦和や船橋に行くより、香港から澳門に行くほうがうっかりすると近いくらいなので、もう少し興味を持たないとなぁ、と思っていたら、今年の澳門4歳路線(澳門も香港と同じくダービーは4歳馬の競走)に、結構な見所があることが判明(と、書きながら、すっかりネタにするのを忘れていまっていたわけなので、あまり大っぴらに書くのは恥ずかしいのですが)。続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

QEU 訪問予定短縮

女皇盃(QEU)日本馬が選出されなかったことで、ご丁寧に賽馬會が(来る来ない含めて)旅程をどうするのか聞いてきた。
ちょうど、日本での仕事の事情もあり、日程を変更しようかと思っていたところなので、渡りに船。
4/19(水)からの訪問予定を、木曜日からに繰り下げていただいた。
木曜午前の枠順抽選や、[足包]馬地(Happy Valley)に新しくできるというバータイプの施設を見られないのは残念だけれども、水曜日の[足包]馬地夜賽に行っても火だるまになるのは目に見えているので、ここは予定変更。
賽馬會の骨折りに感謝です。
帰りは予定通り4/24(月)。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

今年の清明節

引き続き清明節のお話。

今年の香港の清明節は、タイミング的なものも作用して、いつもの清明節と大きく違う面を見せた。
各家庭が先祖供養をするのはいつもと同じ。
しかし、全ての香港人が共通して少なからず供養の心を向けられるべく、この日に香港政府によって葬送を行われた人物がいました。

その人物の名は曾國恆。
職業は警察官。
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

清明節

4月5日は中華圏では清明節と呼ばれる日で、香港では春節(旧正月)以来の香港公衆暇期、つまり日本で言うところの祭日となります。
この清明節は、冬至から数えて105日目とか、旧暦の3月3日とか諸説様々なのですが、現在では新暦の4月5日で固定されています。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

QEU選出馬決定

香港賽馬會から4/23に行われる女皇盃(QEU)の選出馬が発表された。

海外からは以下の7頭

Norse Dancer(揶威舞者)  雄6 David Elsworth 英
Falstaff(機靈爵士)  雄4  Mike de Kock 南ア
Laverock(雲雀)  雄4 Carlos Laffon-Parias 法国
Vanquished(征服)  騙6 Bede Murray 澳洲
Alexander Goldrun(歴山金駒)  牝5 Jim Bolger 愛
Ouija Board(占卜)  牝5 Edward Dunlop 英
Irridescence(幻彩光華)  牝4 Mike de Kock 南ア

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

コスモバルク QEU回避

Bulk05.JPG

コスモバルク(大宇宙)が女皇盃(QEII)を使わずに、シンガポール国際Cに向かうようですね。
素人考え的には、いきなり北海道からシンガポールって環境激変でかなり馬に負担が多そうに思えるので、いっそのこと香港→シンガポールと転戦して欲しかったのですけれども、残念。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

ロイヤルデライト続報

 東方日報によると、4/1の沙田日賽で香港デビュー戦を快勝した喜皇寶(Royal Delight)は、この後女皇銀禧紀念盃(Queen's Silver Jubilee Cup)に参戦。精英大師(Silent Witness)に引導を渡し、短距離界の頂点に立とうというプランらしい。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

4/1 沙田日賽

 評判馬が噂にたがわぬパフォーマンスを見せてくれた。
 第6Rの2班、芝1200mに出走した、これが香港デビュー戦となった喜皇寶(Royal Delight)。スタートから中団に待機し、直線の残り300mを切ってから一気の脚で抜け出して、長驅(Kindacross)が猛然と追い込むも、これに3馬身の差をつけて快勝。勝ちタイムは、かつて[青見]蝦王(Fairy King Prawn)が記録した、2班の1200mのレコードを破る、1.08.8。
 移籍前のオーストラリアでは重賞勝ちこそないものの、3戦3勝。
メトロポリタントラックであるランドウィックでのリステッドレースを制して移籍してきた。

今後が非常に楽しみ。

 続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。