主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年01月02日

元旦の続き

 元旦は恒例の山飲茶のあと、沙田馬場へ。
 この山飲茶のあるエリアから、沙田馬場に行くためには、MTRとKCRを乗り継いで行くのはちょっとめんどくさい。何かいい手はないかなぁ、と山から降りるときに周囲を見ていると、火炭(フォタン)行きのミニバスを発見。
 馬場駅を経由しない場合KCRは、馬場とちょうど並行する位置にある、この火炭という駅に停車します。言い換えれば、馬場駅の次に馬場に近い駅なわけで、徒歩でも火炭から10分程度。府中駅から東京競馬場まで歩くと思えばどってことない距離ですから、ダイレクトに火炭まで行くこのミニバスを利用しない手はありません。
 ところが、ミニバスの乗り場を探していると、ちょうど目の前に沙田馬場行きの臨時路線バスがやってまいりました。こいつぁビックリ!そりゃ、飛び乗るってもんです。
 ちなみに、料金は29ドル。空港線のバス並みの料金ですがな。でも、この路線を知ったのは大収穫。

 1R前に到着し、いつものゴール前スタンド5Fへ。常連のおっちゃんや、ティモシー・ウォンらと挨拶を交わしながら馬券に興じる。
 この日から高雅志が騎乗停止。こと今シーズンは特に、告東尼厩舎の不振は高雅志にあると睨んでいたので、この日は告東尼厩舎を押さえる狙いで。すると、2Rで柏寶に乗り替わった馬が1着。しかし、ヒモ抜け。
 狙いは間違っていないことを確信しつつも、気分転換に下のフロアへ。すると、3RでTRIO:116倍をドンピシャ。
 軸にしたのが9歳馬のだったために、守りに入ってTIERCEで行けなかったのが悔やまれる。

 4R終了後、後ろから声をかけられたので振り返ると、A社のプロデューサーT氏の姿。前日まで珠海で過ごし、今日香港に入ったとのこと。そのうち、現地のリンゴ日報や星島日報の顔なじみの記者と合流し、期せずしてアジア太っちょ競馬記者カンファレンスの再現。須田さんがいないのが悔やまれる。
 調子の上がらないT氏を尻目に、6Rで再びドカン。今度はTIERCEで429倍。
しかもDOUBLE TRIOの権利もゲット。このレースだけのTRIOでも101倍だから異様に期待は高まる。

 以下続く。


今日の単語:小巴(しぅばー) →ミニバス
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。