主に香港競馬の話題、たまに競馬じゃない香港の話題などなど。
タイトルについて:
 広東料理と満漢全席はあまり関連がないのは重々承知の輔です。
 「満貫全席」と検索された方、「満漢全席」で検索し直してくださいね。

<<注意>>(11年5月以前)繁体字の表記について。
表示できなかった繁体字については、パズル的に再現してます。
 例:nei:ニンベンに尓→イ尓 員→[口/貝] 韻→[音員]
 
image_champion_awards.jpg
   

2006年01月11日

ワールドランキング

 2005年のワールドホースランキングが発表。

 精英大師(Silent Witness)はアルカセット、モティベイター、ドバウィーらと並ぶ10位タイ、スプリントに限ると1位。爪皇凌雨も(Vengeance of Rain)ランクインし、ロックハードテン、エイス、ハーツクライらと並ぶ16位タイで、Iカテゴリでは3位タイ。
 ハーツクライよりは強いんじゃ?と思うのですが、どちらも自国のみの出走。なんとも言えません。

 グローバルスプリントチャレンジ王者の好望角(Cape of Good Hope)は50位以内にランクインせず。後半の不振が足を引っ張ったか。
 でもここまで評価されないってのもなんだかなぁ。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

まだまだやりますケープオヴグッドホープ

 ちょっと斜陽感の出てきた好望角(Cape of Good Hope)ですが、今年もグローバルスプリントチャレンジに緒戦から参戦です。

 1/16に香港を出発、2/4にフレミントンで行われるライトニングステークスと2/18にムーニーバレーで行われるオーストラリアステークスに出走する予定。今年も外弁慶振りを発揮できるのでしょうか。

 日本からも、行けるといいんですけど、やっぱ輸送がネックか。

 精英大師(Silent Witness)は予定通りの回避。香港から他の馬も出走はなし。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

董事盃

 トリプルクラウンシリーズの第1弾、董事盃(Steward's Cup GI 1/22 1600m)のエントリーと優先馬が発表。

 自由行(BEST GIFT) 約翰摩亞(J Moore) 120
 牛精福星(BULLISH LUCK) 告東尼(A S Cruz) 125
 天仲之寶(DAVE'S BEST) 葉楚航(C H Yip) 120
 富盈(FOKINE) 告東尼(A S Cruz) 112
 緑色駿馬(GREEN TREASURE) 告達理(D Cruz) 118
 高智慧(HIGH INTELLIGENT) 蔡約翰(J Size) 118
 開心精采(PERFECT PARTNER) 告東尼(A S Cruz) 117
 金碧明珠(RUSSIAN PEARL) 告東尼(A S Cruz) 125
 土星(SATURN) 方嘉柏(C Fownes) 114
 風雲小子(SUPER KID) 約翰摩亞(J Moore) 123
 星運爵士(THE DUKE) 方嘉柏(C Fownes) 123
 勁闖(TIBER) 約翰摩亞(J Moore) 123
 爪皇凌雨(VENGEANCE OF RAIN) 霍利時(D E Ferraris) 130
 豐富(WEALTHY) 葉楚航(C H Yip) 112
  
回避待ち
 喜蓮戰略(1. HELENE PILLAGING) 告東尼(A S Cruz) 113
 印度之星(2. GEM OF INDIA) 蔡約翰(J Size) 113
 駿河(3. RIVER DANCER) 蔡約翰(J Size) 115

 爪皇凌雨は間隔を開けたくないという意図なんだと思うんですけれども…。告東尼は今年は4頭出し。絨毯爆撃の様相だけど、今回登録の実績馬はいずれもちょっと斜陽気味。

 ソウルではインチョンでは白タクとの日韓戦を制し、その余勢を駆って、ゴールデンゲートカジノでそこそこ勝ち。頃合を見て、カジノのあるハイアットに部屋を取ってもらおうかと思っていたのに、気がつけば朝でした。
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

早晨澳門

 何故かマカオで朝を迎える。
 前日、マカオフェリーターミナルで香港内の宿を探していたところ、フェリー代+ホテル代合わせても、香港の★★程度の出費なのに、泊まれるホテルはそこそこ悪くないという事実に辿りつき、マカオに泊まったことがない、ということも作用してのマカオ泊。
 泊まったのは総統酒店。
 びっくりするほどいいホテルって訳ではないけれども、ゲストハウス住まいに慣れてしまってるので、このくらいで相当満足してしまう。しかもリスボアまで歩いて3,4分。
続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

スミヨン祭り

 午前便で香港へ。

 この日は沙田の土曜昼開催。空港から馬場に直行しようかとも思ったのだけれども、宿の手配がまだな上に、日中に済ませておきたい用もあり、また、沙田まで行くかったるさも手伝い、初の場外投注処での観戦。
 旅行代理店が集まる、港澳碼頭(マカオフェリーターミナル)の向かいの場外投注処へ。噂には聞いていたが、競馬当日の場外投注処の人の入りはものすごい。
 香港競馬は真夏がオフシーズンなのだが、馬のため、というより、真夏にこの状況では人間の方が先に参っちゃうから、という配慮説があるように、思えてくる。いや、まじであそこに真夏に詰め込まれたら死人でますよ。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

會員席

 沙田にも[足包]馬地にも會員席というエリアがあり、香港外からの旅行者は入場時にパスポートを提示して100ドル払うとそこに入ることができます。しかしながら、入場してからが非常に不案内なため、せっかく100ドル払って入ったのに、場内をたらい回し、なんてこともよくあります。実際に自分も散々迷いました。
 なので、今日は沙田の會員席の歩き方をご紹介。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

スタンレーホー ダービーを目指す

 マカオからの刺客、爆冷(VIVA PATACA)。
 「大穴」を意味するこの名前を持つこの馬は、別にマカオからの移籍というわけではなく、もっとメジャー国からの移籍なんですが、この馬のオーナーは、マカオのドン、スタンレー・ホー。
 元旦開催の9R、Class2のレース(HKJCサイト)に移籍後初登場。
 レース振りに注目していたら、激しく出遅れ。ああ、こりゃ完全に圏外だなと思っていたら、トンでもない末脚で突っ込んで3着。オーナーともども暴れん坊でございます。
 まともに走れば今後怖い存在だと思いますよ。

 ちなみにPatacaとはマカオの基準通貨のこと。マカオで香港ドルは普通に使えるけど、香港でマカオパタカは使えません。

 ところで、スタンレー・ホーって、日本の字だと不可能に近いっすね。無理やり書くなら、
    火
   火火
何鴻 木

になりますし。


今日の単語:澳門(おうむん) →マカオ
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

カード

 実はこの1月開催は、元旦から数えて8開催目まで、香港の現役名馬のトレカ(?)を配るサービスを実施している。もらうためには、一般紙(リンゴ日報とか東方日報とか)の競馬欄のロゴ部分と交換。

PC310054.JPG

 って、ロゴの裏にも記事があるんじゃないんですか!?なんてのを気にしないのが香港人。
 初日である元旦開催に配るのは、なんと精英大師。これはもらわないわけにはいきません。

続きを読む
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

華商會挑戰盃

 高配当な[子子]T(DOUBLE TRIO)の期待が高まる7Rは、この日のメインレース、華商會挑戰盃(Chinese Club Challenge Cup)。芝1400m ハンデ戦のローカルGIII競走。
 12月の香港マイルの負け組と、その前のマイルトライアルの負け組、そして国際競走日のClass1に出走した面子で構成。よーく見ると、10頭中、蔡約翰厩舎4頭、沈集成厩舎3頭、告東尼2頭、という非常に偏ったメンバー。
 1番人気はトップハンデも燦惑(Scintilation)、2番人気は高智慧(High Interigent)、3番人気は喜蓮戰略(Helene Pillaging)。狙い目は、ハワチェンを乗せた富盈(Fokine)。高雅志の乗らない告東尼厩舎の馬。今季絶好調の鞍上に軽いハンデが魅力。それと高智慧の2頭軸で、燦惑、喜蓮戰略、心中有理(My Choice)、そして1400なら理由はなくとも戴勝騎乗の芙蓉鎮(Town of Fion)。

 ・・・高智慧いらなかった。。。
 [子子]Tは5900倍。これは痛恨。

 それでも、トータルで結構な勝ち。沙田での収支はまだまだプラスです。

200601Scintira01.JPG

 燦惑は、前年の同じレースでヘグった印象の強さと、近走のだらしなさがあって中心にできなかったが、本来この程度のメンバーなら相手じゃないはず。今後、マイル戦に行くのか、スプリント路線を歩むのかが微妙だけれども、一時の不振は脱した感じ。
 そして高雅志を乗せない告東尼厩舎、ここでも連対。
 一方、4頭出しの蔡約翰厩舎は危険大師(San Lorenzo)の4着が最高。もっとも、出枯らし感のある駿河(River Dancer)なんかは数に入れちゃいけないのか。

今日の単語:賽馬(ちょゅぃまぁ) →競馬
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

元旦の続き

 元旦は恒例の山飲茶のあと、沙田馬場へ。
 この山飲茶のあるエリアから、沙田馬場に行くためには、MTRとKCRを乗り継いで行くのはちょっとめんどくさい。何かいい手はないかなぁ、と山から降りるときに周囲を見ていると、火炭(フォタン)行きのミニバスを発見。
 馬場駅を経由しない場合KCRは、馬場とちょうど並行する位置にある、この火炭という駅に停車します。言い換えれば、馬場駅の次に馬場に近い駅なわけで、徒歩でも火炭から10分程度。府中駅から東京競馬場まで歩くと思えばどってことない距離ですから、ダイレクトに火炭まで行くこのミニバスを利用しない手はありません。
 ところが、ミニバスの乗り場を探していると、ちょうど目の前に沙田馬場行きの臨時路線バスがやってまいりました。こいつぁビックリ!そりゃ、飛び乗るってもんです。
 ちなみに、料金は29ドル。空港線のバス並みの料金ですがな。でも、この路線を知ったのは大収穫。

 1R前に到着し、いつものゴール前スタンド5Fへ。常連のおっちゃんや、ティモシー・ウォンらと挨拶を交わしながら馬券に興じる。
 この日から高雅志が騎乗停止。こと今シーズンは特に、告東尼厩舎の不振は高雅志にあると睨んでいたので、この日は告東尼厩舎を押さえる狙いで。すると、2Rで柏寶に乗り替わった馬が1着。しかし、ヒモ抜け。
 狙いは間違っていないことを確信しつつも、気分転換に下のフロアへ。すると、3RでTRIO:116倍をドンピシャ。
 軸にしたのが9歳馬のだったために、守りに入ってTIERCEで行けなかったのが悔やまれる。

 4R終了後、後ろから声をかけられたので振り返ると、A社のプロデューサーT氏の姿。前日まで珠海で過ごし、今日香港に入ったとのこと。そのうち、現地のリンゴ日報や星島日報の顔なじみの記者と合流し、期せずしてアジア太っちょ競馬記者カンファレンスの再現。須田さんがいないのが悔やまれる。
 調子の上がらないT氏を尻目に、6Rで再びドカン。今度はTIERCEで429倍。
しかもDOUBLE TRIOの権利もゲット。このレースだけのTRIOでも101倍だから異様に期待は高まる。

 以下続く。


今日の単語:小巴(しぅばー) →ミニバス
posted by つちやまさみつ at 00:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・マカオ競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

あけましてよろしくお願いします。

 日本で唯一人、香港競馬ジャーナリストを名乗る自分。昨年は従来のショボショボとした活動から、ラジオNIKKEIの香港競馬パラダイスへの出演などなど、少しずつ活動の場を広げることができました。これを機に、更に少しでもアピールする要素を増やすために、blogをはじめることにしました。
 よろしくお願いします。

 さて、香港は元旦から競馬が開催されます。
 基本的には春節(旧暦の元旦)が香港人のタマシイのお正月なのですが、イベント大好きな彼らにとっては、新暦の元旦もやっぱりおめでたい。そして同時に博打大好きな彼ら、やはり元旦は運試しということで、競馬にこぞってやってくる。
 ちなみに前日の場外投注処は、年内最後の六合彩と元旦競馬の前売り発売とで、そりゃもう大騒ぎ。銅鑼湾、時代広場の近所の投注処では、入場規制までされとりました。こりゃびっくり。


今日の単語:六合彩(ろっkはっpちょい) →マークシックス(日本のロト6)
posted by つちやまさみつ at 23:00| 香港 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする